私の旦那さんは
ごくごく普通のサラリーマン。


数年前にちょっとだけ昇格した。


その時からだろうか、
彼の仕事スタイルはどんどんと変化していく。


連日の残業、
増えた夜中過ぎるほどの接待飲み会、
他県への泊まりの出張. . .



でも、彼は自分の今までの
仕事ぶりが評価されたのだと
なんとなく嬉しそうで

より頑張り
真面目過ぎるほどに働くように
なっていた. . . と思う


そんな忙しくなった彼も
休みの日には
しっかり子供たちと楽しむ時間も
大切にしてくれる
ほんとに良いパパだった


そして夫婦仲も
自分でいうのも恥ずかしいが
かなり良好だったように思う


二人時間が出来るとランチへ出掛けたり
お互いの記念日にはプレゼントを
送りあったり

家事も率先して
手伝ってくれてたし

私のしたいことにも
実に協力的で
私が楽しめるよう
嫌な顔ひとつせず

いつも穏やかで
ほんとに頼りになり、
一緒に居て
誰よりも癒される人だった。



結婚して10年以上経ち
付き合っていた時期を合わせると
20年近く経っているにも
関わらず

私たちは
毎晩、お互いを抱き枕にして
寝るほどの仲良し夫婦だった。

そんな私たち夫婦を
子供たちは
いつも嬉しそうに見つめ

ラブラブ~❤️
と、言ってるような
家族だった。




それが、
ある晩、
いつものように
旦那が遅くに帰宅後
お風呂に入ってる時に
旦那の会社の携帯のバイブが
鳴った。
午前1時。


いつもなら
あぁ、会社の人かな?と
何とも思わない私だったが

何故だか
その時は
妙な胸騒ぎがして

携帯の着信画面をみる

ヤグチ

ただカタカナ表記の名字のみの名前。

私は



???真顔



誰?
こんな人、会社に居たかな?
と思い


この変な感覚は
何だろうと思いながらも


その場をさり
あえて旦那にも
何も聞かず
いつも通り
二人で仲良く寝た。


まさか、これが
これから始まる地獄の始まりの
合図だったと
気付くことになろうとは

あのときの私は
思ってもいなかった...