◆あなたの中に既にある貴重な宝物◆ | ありえない上達法~脱力テニスインストラクターのブログ~

◆あなたの中に既にある貴重な宝物◆

◆あなたの中に既にある貴重な宝物◆



おはようございます!タローです(^^)



天才的なテニスをするフェデラー選手








「もう頑張ってもこれ以上上達しないの?」

「自分にはセンスが無いのかなぁ?」



と思って絶望していた時期があります。



私が20代後半の頃でした。



何の活躍もできないまま、

テニスを引退するのか?



と、まさにテニスしかしてこなかった

自分にとって、絶望感のみでした。



周りの選手たちが上手に打ち合って

試合をしているのを見て、



「何であんなことができるの?」



と、真剣に考えていました。



試合に負けて、

「また自分はダメだった。

練習しても意味無いじゃん。」



本当に八方塞がりの感覚でした。



それを打ち破ってくれたのが、

『脱力』でした。



身体の使い方を研究して行くと、

結局『脱力』が究極では無いか?



そう感じるようになりました。



自分のテニスに『脱力』を

取り入れるようになったら、



今まで出来なかったことが、

どんどん出来るようになりました。



おまけに身体がめちゃくちゃ楽‼️



上手い人は多かれ少なかれ、

『脱力』を使っているのかー‼️



と、気付くことが出来ました。



それからは、自分自身のテニスでも

生徒さんに教えるテニスでも、



『脱力』を中心にすればするほど、

プレーの質が上がるのが分かりました。



そして実感した生徒さんが言う言葉は、

決まって『すごく楽に打てます』でした。



こんな世界が有ったのか⁉️



まさに驚き以外の何者でも

ありませんでした。



『力を入れると強く打てる』と

信じていました。



筋トレが足りないからダメなんだと

一生懸命に筋トレもしていました。



でも違いました。

真逆でした。



私に足りないのは筋肉では無くて

脱力だったのです。



それが分かって以来、レッスンでは

目の前の生徒さんが、



誰であっても、あからさまに

良くなって行きました。



人によってはご自分では、

自分の上達がよく分からなくても、



他の参加者さん達から見ると明らかに、

その上達が分かるようでした。



もちろん私から見てもハッキリと

その方の上達が見て取れました。



あなたの中にもこの『脱力』という

宝物が隠れています。



少しづつでも磨いていけば、

必ず輝きを放ち出し始めます。



『脱力』を磨くのは、テニスコートの上

以外でもいくらでも出来るんです。



今すぐに、腕や肩、腹筋、背筋から

力を抜いてみてください。



これが『脱力』です。



シンプルです。



次に出来るだけ『脱力』したまま

動いてください。



どんな動きでも結構です。



これが修練になって、脱力感覚を

目覚めさせて行けるのです。



是非、あなたの中にあるダイヤの原石を

少しづつ磨いて行ってください。



既にあなたの中には

貴重な宝が隠れていますよー!

って、私は伝えたいのです!