◆中高年こそ内転を効かせたサービス◆ | ありえない上達法~脱力テニスインストラクターのブログ~
2018年08月28日(火) 06時45分29秒

◆中高年こそ内転を効かせたサービス◆

テーマ:サービス


◆中高年こそ内転を効かせたサービス◆


おはようございます!タローです(^^)


プロの選手は全員、サービスでは
内転を効かせてボールにパワーと
コントロールを与えています。


次の写真をご覧ください。


1  打つ方の面は右向きです


2  打つ方の面はネット方向です


3  打つ方の面は左向きです
◆ラリー戦に強くなる練習方法◆


4  打つ方の面は右向きです


若者は、この時点では地面から
3〜40センチ空中に浮いていますが、


私くらいになると、
その必要はありません(^_-)


ウソです(笑)バネがありません(^_^;)


身体の横向きから左右の肩甲骨の
入れ替えを通じて、脱力した腕が


自然に動かされて、自然に肘の
切り返しが起こって、


自然に生まれるのが内転です。


決して意図的に、手首や筋力を使って
内転させてはダメです!


打点に顔を残すことも大事な
大事なポイントです。


顔が前を向いてしまうと、
肋骨も回ってしまい、


左右の肩甲骨の入れ替えが
スムーズにできなくなります。


軸を保って、滑らかに打つためにも
顔を打点に残してインパクトしましょう。


バレました(>人<;)


この写真の私は、ちょっと早めに
前を向いてしまっています(笑)


そのせいで多少、身体が前傾して
サービスの威力とパワーをロスしています(照)


伸びしろガール(ボーイ?)
まだまだ伸びしろがある‼️


横向きで、肘を90度に保って、
全身脱力して、打点に顔を残して、


サービス練習してくださいね。


あくまでも、内転は自然に任せて
使ってみてください。


あと、前ではなく、やや右方向へと
スイングしてくださいね。



🎾テニスビズクラブ🎾
こちらの動画コンテンツもご覧くださいね!




脱力テニスインストラクター榊原太郎さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス