◆強い相手と当たった時の戦い方◆ | ありえない上達法~脱力テニスインストラクターのブログ~
2017年12月08日(金) 17時51分52秒

◆強い相手と当たった時の戦い方◆

テーマ:ブログ
◆強い相手と当たった時の戦い方◆


こんばんは!タローです!


JOP大会の千葉オープンに参戦しました!


初戦の相手は、20代半ばのガタイの良い
ビッグサーバーでビッグフォアハンダーです。


序盤、完全にサービスとフォアハンドに
押されて1-4に。(8ゲームマッチです)


==ここからは、私の独り言です(笑)==


どうしようかなぁ??  1-4かぁ・・・。
焦らずに冷静に分析しょう。


ラリーは、スピンボールで時間を与えると
回り込んで叩かれるので、
フラット系に変えてやってみよう。


それと、セカンドサーブになると叩かれるので、
ちょっとスピードを落としても、ファーストを
コース良く入れていこう。


ペースの違ったファーストサーブで、
相手のリズムを壊してみよう。


バックのスライスを打つ時は、
多少短くてもいいから、
低い位置で打たせるようにしよう。


とにかく自分のことを信じて、
やれることを全力でやろう。


==ここまで==


案の定、相手のリターンミスが少し増えてきた。


相手のビッグサービスについては、
下がっていたけど上手く返らないので、
前に出て、ブロックリターンをしてみようと思い、


実行し始めたら、相手のファーストサーブの
確率が落ちてきました。


よしよし、どんどんネットへ詰めて
プレッシャーを掛けようと思い、
リターン&ネットも混ぜて行きました。


結局それからは スコアは
8-4で何とか勝つことができました。


最近は、前半流れが悪くても、
相手のプレーをよく見て冷静に
分析し、改善することで、
逆転勝利することが増えて来ました。


2回戦は、バリバリの現役大学生で
長身でミスの少ないラリー中に、フォアハンドで
エースを取ってくる相手でした。


流れは行ったり来たりしながら、
8-8のタイブレークに突入!


先にミニブレークされ、また追いつき、
5-4リードでフォアのストレートで勝負!


「アウト!」


と相手のコール。


正面から見てた私には確かに
オンラインに見えたので、


私「今のは入ってなかった?」


相手「アウトです。」


私「本当に?」


相手「本当です。」


ということで、そのポイントは
相手のポイントに。


その後、相手のストロークミスが
2回続きゲームセット!


何とかベスト8に入ることができました。


準々決勝は、第2シードの選手に
3-8で敗退でした。


オヤジの挑戦はまだまだ続きます(笑)



脱力テニスインストラクター榊原太郎さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス