◆スマートセンサーの脱力データ◆ | ありえない上達法~脱力テニスインストラクターのブログ~

◆スマートセンサーの脱力データ◆


ソニーのSmart Tennis Sensorを
ゲットました!



これは、グリップエンドの所にセットし、
スイングスピードや打球の速さが分かる
とても優れた機械です。


こんな感じになります。




スマホで打つところを撮影すると、
そのショットに合わせてデータが
スマホ画面に表示されます。




こんな感じで、スイング速度124キロ
ボール速度137キロ、ボール回転+6
と、インパクトエリアが出ます。


力いっぱい打つと、スイング速度も
ボール速度も低い数値が出ます。


逆に脱力して楽に打つと、スイング速度も
ボール速度も10キロ以上速い数値が出ます。


これは、サービスでも同じ結果が出ました。


因みに、僕のサービスは最速でも
脱力して183キロでした(^_^;)


力んで速いサービスを打とうとしたら、
頑張って(無駄に体力を消耗して)も、
170キロ代でした。


その時は、肩や肘がとても痛くなりました。


データは正直ですね!


やはり脱力して打つと、身体には優しくて、
ショットはパワフルになるんです。


こちらに無料動画を入れたので、
是非、参考に練習してください。

http://tennis-biz.com/sds2/