深海もライブハウスも大体地下にある。<Dee Lee> | †Pandæmonium†劇団TremendousCircus公式ブログ

†Pandæmonium†劇団TremendousCircus公式ブログ

私達は、ゴスロリ衣装を着て、暗黒童話・怪奇幻想などを題材に、耽美派で頽廃的・中性的で熱い芝居を創る、東京の劇団です。

おう、寒くなったな!

栄養摂ってるか?メシ食ってるか?楽しく生きてるか?!

諸君らの兄貴、Dee Leeがブログに帰ってきたぜ!

 

さて、知っての通り俺たちは今、2/16 池袋手刀での人魚姫の公演に向けて追い込み始めてるよ。

しかし、まさかの池袋手刀ですよ…。

トレメンドス的には初めての会場ですが、俺にとっては馴染み深いライブハウスです。

もう何十回あのステージに上がったことか。何度あそこでギターを鳴らしたことか。

手刀は俺にとっては他のライブハウスとはまた違って凄く特別な場所だから、

あの場所をトレメンドスの世界にするって、どういう状態なのかな?

ってのを思い浮かべては作業してます。

 

で、今回の人魚姫ね。

劇団公式の予告には、こう書いている。

 

水商売の海の底。
トランスジェンダーの踊り子「人魚姫」は、一般男性に恋をした。
「愛されなければ、お前は海の泡になる」
魔女(ママ)の助言に従い、性転換手術をし、野太い声を捨てたのは、ただ彼に愛される為__。

 

水商売の世界なんですよ。

いわゆる絵本的な世界とは全然違ってきます。

もっとギラギラしてる世界なんだと思います。享楽的なんだけど退廃的。

そういう世界なんだと思います。

…となると、そこに存在する音楽も、これまで俺がトレメンドスで手掛けてきた作品とは全然違ってくるわけですよ。

例えばフランケンシュタインやサロメ2019の時は、かなり荘厳なオーケストラを入れてみたわけですが、

あれはあの世界だから、壮大なクラシックがマッチするんです。

 

きっと人魚姫はもっと雑多で退廃的な音になっていくべきなんじゃないのかなぁ…と思いながら、

楽器を弾いたり録音したりしてます。

なんか、人魚姫の世界の住人たちは、他の演目の住人たち以上に主張が強い気がします。

人魚姫の登場人物が俺のスタジオに押しかけてきて

「あんた!ここはこういう音じゃないと!この場面はもっとこう!」

とか声高に要求してくるんですよw

 

打ち合わせ当初は

「30分の公演ですから、歌ものは○曲。

全体では△曲あれば足りそうですねぇ。」

なんて言ってたんですが、ぶっちぎりで曲数が増えてます。

俺も、最終的に何曲になるかわかりません!

ぶっちゃけ、2時間の本公演と作曲に使うエネルギーが変わらないです。

 

さて、ここまで読んでくれた君!

そんなに兄貴のことが好きでいてくれるか!そうかそうか!

そんじゃ、ちょっとだけサントラの一部を聴いてくれ!

それでは、池袋手刀で待ってるぜ!

あ、ちなみに今回の2/16だけどな?人魚姫やったものの数十分後に、

俺が率いるバンド2Bulletのライブもやるから、そのまま見ていってくれ!

 

…あと、この日のイベントは、実は俺の誕生日記念イベだったりする…。

プレゼントをくれとは言わん。俺に会いに来て音楽を聴いてくれ!

 

image