春に想う、暑い熱い運命の夏。【harry】 | †Pandæmonium†劇団TremendousCircus公式ブログ

†Pandæmonium†劇団TremendousCircus公式ブログ

私達は、ゴスロリ衣装を着て、暗黒童話・怪奇幻想などを題材に、耽美派で頽廃的・中性的で熱い芝居を創る、東京の劇団です。


テーマ:

 

皆様、はじめまして!

「Cinderella」ブログリレー三人目!

三人目の「はじめまして」です。

 

今回、「Cinderella」に客演として参戦させていただきます、

harryと申します!

はりー、と読みます。ぜんぶ小文字で書きます。

 

 

ブログリレーというものが初めてなので、

ここまで書くのに一時間かかりました…筆不精か…

 

はじめてなので、まずは自己紹介をば!

 

(稽古初日が雨だったので雨の日のお写真。)

 

12月27日生まれ、山羊座のA型、身長168cm。

ダンサー・役者・衣装製作者として活動中の、

愛をこじらせがちなネガティブ属性のおたく。

主に好きなものは名前の由来でもあるハリー・ポッターシリーズ、

衣装着る作る、妄想、観劇、歌、ディズニー、和物、文章書くこと。

 

年齢はあんまり信じてもらえないため自ずと非公開になっていったのですが笑、

深夜の残業帰りに補導されかけたとだけ言っておきます。。

警官「こんな遅くまで何してたの」

はり「仕事です」

警官「!?」

 

思考回路や感想を文字化するのが好きです。

なのでTwitterに張りつきがち。ツイ廃。TL監視マン。

https://twitter.com/harry_vo

覗いてみてね。

 

本でも舞台でもファンタジーの世界が好きで、

それは観るだけじゃなくて自分もその世界に飛び込んで生きていたいんだとようやく自信をもって自覚して、でもその華やかさだけではいられなくて…

そんなときに出会った劇団が、TremendousCircusさんでした。

こういうときの自分の嗅覚は鋭いと信じています。

 

 

+++

 

 

オーディションの際にも言われていたのである程度覚悟はしていたのですが、

毎回の稽古の翌日から襲来する筋肉痛に苦しむ日々です。

 

 

前回の稽古は、遂にこの日が来てしまった「ランニング」からスタート。

稽古場から徒歩15分の距離を2往復走りました。

こんなに長時間走るの体育の授業ぶり。未だに筋肉痛です。

 

しっかりダウンをしたあとは、発声練習と滑舌。からの、座学。

俳優という仕事や演ずる上でのシステム、演劇の構成要素など。

 

基礎練と座学が多い稽古場です。

時間を要するし苦しいことも多いけど、今わたし絶賛苦しんでるけど、

それは心身共にすべてを高めていくために必要なもので、

一人じゃなくてみんな居るから、踏ん張れるんだと思います。

 

そして、本読み!

台本を使いつつ、基礎を実践へと繋げていきます。

 

自覚してこなかった弱みと自覚のあった弱みが重なったり、

自覚自体が間違ってて「意外と出来た」の「意外」は「本来」だったり、

書きたい思考回路は山程あるのですが笑、

理想の妄想を現実に具現化すべく、今週の稽古も戦っていきます。

だからね、わたしにとっては客演として「参加」というより「参戦」なんです。

 

年度末、年度初め、GW、、5月まではあっという間に過ぎていきます。

新しい年度のはじまりを、「Cinderella」と共に。

是非ぜひ、御期待ください…!!!

 

 

+++

 

 

書き始めてからすでに二時間が経過しています!なんという!

 

前回のブログ担当・原田星良ちゃんからいただいたお題は

「自分の人生を(良い意味で)狂わせたものは?」

でした。

 

回答は

「ディズニー夏祭り"爽涼鼓舞"」

です。

 

ディズニー好きな人が座組に多めなのですが、

パークが好き、映画が好き、キャラが好き、など様々な中で、

わたしはパークのショーが大好きなDヲタです。

 

色々好きなショーはあるのですが、中でも

2012年~2013年に行われたディズニーランドの夏季イベント、

「ディズニー夏祭り"爽涼鼓舞"」が、もう、めちゃめちゃ、好き。愛。

 

当時年間パスポートも持っていなければ通ってもいなく、

そもそも夏とか暑いし混むしでパークに行ってなかったんです。

でも、ある日、駅の広告を見かけた瞬間のズバァァン!!感…!(語彙力)

「ダンスコンテストが名目の、和を基調としたショー」

これは、行かなければならない、と運命を感じたのを覚えています。

 

弾ける水しぶき、燃え上がる炎、一音目から震える太鼓の音…

ショー自体とてつもなくかっこよくて好きな上に、

キャラ・ダンサー・ショーを進行するMCのお兄さんを目の当たりにし、

さらにハマり、最終的には週5日通う暑い熱い夏を過ごしました。

 

爽涼鼓舞を観た最初の日、ショーの良さ以外で最初に思ったことは

「またステージで踊りたい」

でした。

当時ダンスも辞めていて、仕事に病んでいた時期だったのですが、

あの夏の日をきっかけに色んな出会いがあり、

ダンスに復帰し舞台に立つようになり、

本格的に衣装製作に力を入れるようになり、

やがてダンスを武器に演劇の世界に飛び込むようになり、

今のわたしが居ます。

 

あの日観に行かなかったら、あの回のショーで撃ち抜かれなかったら、

決して今のわたしは居ません。

ショーにも、キャラにも、出演者にも、足を向けて寝られない。

良い意味で人生を狂わせた、運命のショーです。

 

そしてね、その爽涼鼓舞は、

シンデレラ城の前にあったステージで行われていたんです。

お城の前で泣きながらショーを観ていた過去のわたしと、

「Cinderella」に関わることができた現在のわたし。

運命は廻って、過去と現在が噛み合う未来が今です。

 

妄想は未来の記憶で、現実は妄想の具現化だと思うから、

過去に感謝して、また新しい未来を繋げられるように。

そのためには今を、稽古を、がんばります。がんばろう。

 

それでは次回のブログ担当の方へのお題を!

「自分の名前(芸名でも可)の由来は?」

です。

 

ではではまたお会いしましょう。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

harryでしたお月様

劇団TremendousCircusさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ