あなたの学習回路を起動、加速させる

学習コンサルタントの宇都出です。

 

書籍の執筆が一段落し、

公認会計士試験の勉強を再開しました。

 

予備校(クレアール)から送られてきていた

管理会計論、監査論の短答式答練をやってみました。

 

どちらの科目も3か月ぶりだったので、

ブランクによる忘却が心配でしたが、

思ったよりも忘れておらず、どちらも9割程度できました。

 

特に管理会計論の計算問題は、

8月の本番のときよりも調子よかったです……。

 

これから来年5月の短答式試験めざして、というより、

8月の論文式試験に向けて、

回転対象、本番当日に目指す状態を明確にし、

4月半ばまでは論文式試験をにらんだ勉強をしていきます。

 

さて、今日は「計算科目」のKTK(高速大量回転)を

加速するためのポイントについてです。

 

それは、

 

問題に取り組む際は

電卓を叩いて計算せずに、

解答プロセスを語る

 

すでにこのブログで何度か書いてきましたが、

 → 【公認会計士試験】短答式試験まであと2週間切りましたが…簿記・原価計算基準で苦戦中…

 → 【公認会計士試験】「簿記」でも、「簿記」だからこそ目次・見出しの回転

 → 【Q&A】『ゼロ秒勉強術』を計算科目に適合させるには?(日商簿記1級受験生の方からのご質問)

 

やはり、これが大事です。

 

でも、ついつい電卓を叩いて、計算してしまうんですよね……。

 

「ゆっくり・じっくり読む」のと同じように、電卓を叩くのは

「勉強している!」という実感を感じやすいので

 

また、ちゃんと解答プロセスを語れないことと

向き合わなくても済むので……

 

ただ、これをやるか・やらないかは

計算科目の回転数、そして勉強の質を大きく左右するので

ぜひ覚えておいてください。

 

問題に取り組む際は

電卓を叩いて計算せずに、

解答プロセスを語る

 

なお、こちらは、東京CPA会計学院の国見健介さん

公認会計士試験の勉強法を解説している動画ですが、

34分45秒から39分20秒あたりで、これと近いことを話されて

いるので参考にしてみてください。

 

 


ご質問、ご意見、ご感想などはお気軽にコメント欄まで!

 

 

宇都出

 

日刊メルマガでは読書や試験勉強、仕事、人生の参考になる「今日の言葉」など、

あなたに役立つ情報を配信しています!ご興味のある方はメルマガ登録してみてください。

  ⇒ 記憶力が最強のライフ・ビジネススキルである メルマガ 登録フォー

 

30年以上、10種類以上の速読術の実践・研究から生み出された

「本当に使える速読術」がいつでもどこでも学べます!
「本当に使える速読術講座」オンライン動画プログラム
 
あなたの試験勉強に確かな軸をもたらします!
4回分のセミナーに加え、実践合格者2名の体験談を収録
→ 『なるほど!合格勉強術』解説講座動画プログラム

目次イメージ記憶法を
その場で実践してもらっている講座です!
→ 目次イメージ記憶法実践講座DVD(2枚組