こんにちは。
鶴岡亜紀です。
 
この記事は
夏休み前の
期末テストの話です。
 
埋もれてたので
今日公開します。
 
こんな事もあったなぁ。。。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
勉強するって
夜中の3時に起きても
 
ちょっとやって
すぐ休憩ってYouTubeを見る娘
 
見始めると
毎回声をかけるまで
ずっと見てるんです。
 
YouTubeって
確かに面白い。
 
でね、
 
テスト最終日
そんな娘に
 
何やってるの?
毎回のように言われるまて
ずーっと
YouTubeみてるよっ!
 
なんのために
早起きしたの?
勉強するんじゃないの???
 
って
怒りながら
聞いてみると・・・
 
 
 
本当に?!
ねぇ!
毎回???
 
ちゃんとやろうと思ってるよ!
頑張ろうって思ってるよ!
これでも頑張ってるんだよ!!!
 
でも見ちゃうんだもん!
 
ママは出来てないところばっかり言う。。。
 
 
と言われました。
 
 
 ん?
・・・。
 
 
これでも頑張ってる・・・。
出来てないところばっかり・・・。
 
 
あー
確かに。
 
確かに工夫してやってた。
 
 
いつもより
3時間早くて起きて
やってた。
 
1時間早く
学校行ってた。
 
声をかけなくても
自分から出来ていたことも
たくさんあった。。。
 
 
私は出来てない所ばかりに
気を取られてました。
 
 
足りないところに
目が行ってしまうのは
人間の習性です。
 
 
やっちまったー!
そうだよね
ごめーん!と思いながら
 
 
出来ていた所
頑張っていた所を
言葉にしていたら
 
娘がポロポロ
泣き始めたんです。
 
 
もう、無理だと思う・・・
失敗する・・・
これじゃ点数取れない・・・
 
 
娘をみて
泣けて良かった。。。
 
そう思いました。
 
 
 
「いい結果を出したい。」
 
これは娘の問題。
彼女の課題。
 
 
そっか、そっか・・・。
 
点数取れなかったら嫌だよね。
失敗すると思うと悲しいよね・・・
 
 
そう言葉をかけながら
背中をさすりました。
 
 
私は娘が
自分の感情をちゃんと
感じることができたなら
 
自分の力で「今の自分」と
折り合いをつけ
成長できると信じています。
 
娘にとってこの経験は
良い点数を取ることより
貴重な経験だと思ってます。
 
きっと大丈夫。。。
 
 
勉強しなきゃ
と思いながら
 
ユーチューブばかり見て
出来ないのは
無意識に自分で言い訳
作ってたのかなぁ・・・
 
人って誰でも
 
自分の弱い所
 
自分が足りないと
感じてる自分に
向き合うの怖い。
 
怖いから
逃げたくなる
 
失敗や低い点数を取る自分を
見たくない。
 
無意識にそれを
見ないようにしてたのかな。
 
 
時として逃げる事も
必要だけど
 
でもね、
自分事として捉えずに
見ないふりを続けると
 
形を変え、姿を変え
手を変え、品を変え
 
繰り返し繰り返し
やってくる。
 
 
我が子だけど
 
泣きながら
自分の感情と
向き合う姿を見て
 
こんなに小さいのに
すごいなぁ。。。
 
と胸が熱くなりました。
 
 
人はこうして
湧き出る感情と向き合いながら 
 
成長していくんだな
強くなるんだなぁ
 
と思いました。
 
 
ちゃんと
泣けてよかった。
 
 
 
欠点ばかり見えてしまう
人間の性質に気づかされ
 
娘に
人としての強さを
感じる出来事でした。
 
 
どんな感情を
感じてもいいよ。
 
どんな
あなたも素晴らしい。
 
 
 
あー、
わかった。
 
私は娘に付き合って
早起きしたのに
 
youtubeばかり見てるのが
嫌だったんだな。
 
ママも早起きしたのに!
そう思ってたんだな。
 
だから何やってるの???
って思ったんだ(笑)
 
のに!ってなんだよ(笑)
 
これについても
書きたくなったけど
 
それについては
また今度。
 
 
今日も最後まで
お付き合いくださり
ありがとうございました。