「無意識下の心のエラー」を消してあげれば、“気”精神エネルギーが向上する! | 知性の育成に力を入れている、世界に類のない気功院

知性の育成に力を入れている、世界に類のない気功院

愛しいわが子の成長を見守る、ママさんとパパさんへ。これからの時代を生き抜いて行くわが子達への「確かな未来への、心の贈り物」。
心の“気”エネルギーブロックを解体出来る唯一の気功療法院。


テーマ:

子供の可能性を広げる気功院 優気功院ホームページ
http://yu-kikou.com/kosodatekikou001.html







「無意識下の心のエラー」を消してあげれば、“気”精神エネルギーが向上し、知性の器が大きく広がる!





「無意識下の心のエラー」を解体してあげれば、“気”精神エネルギーを100%に引き上げることが出来ます。


ここで言うところの「無意識下の心のエラー」とは、「トラウマ」や「極度なこだわり」「理由の思い当たらない不安感」等といった、一種の思考のエネルギーと、捉えて頂くとイメージしやすいと思います。

いずれも、負の方向に働くエネルギーです。



この「無意識下の心のエラー」消去できれば、精神上の足枷がなくなるので、思考能力の器を、最大限に大きく引き伸ばせます

人間の最大の武器である思考能力を、本来の完全な状態で手に入れることが出来ます。





「気が強い」「気が弱い」「覇気がある」「覇気がない」等々・・・。

“気”の量を表す言葉は、実は昔から存在します。

“気”がなんであるかは理解されずとも、“気”の存在自体は、昔から何となく認識されていた事が伺えます。

むしろ、科学技術が発達していなかった昔の方が、その傾向はより顕著だったのかもしれません。



ところで、そもそも、人によって“気”の量に、違というものがあるのでしょうか?

はたして、生まれた時点で、その人が持ち合わす“気”の量は、決まっているのでしょうか?


その答えは、Yesです。



“気”は、誰にでもありますし、個性と同じく、持ち合わせている“気”の量も、様々です。

しかし、それを「100%使いこなせている人は?」というと、そうそうはいないのです。

全人類的にも、僅かだと思います。


それはなぜか?


実は、人は、潜在的に、健全な精神活動に反して負の働きを行う“無意識下の心のエラー”が存在するからです。


そして、そのエラーを抑え込む為に、“気”精神エネルギーを、不必要に消耗してしまうのが、本当の理由なのです。


しかも、生命活動の維持にとって、必要性の低い領域の“気”精神エネルギーからまっ先に、消耗されてゆきます。

つまり、最初に消耗されるのが、直接生命活動に影響の低い、まさに“知性”や“精神力”に振り分けられるべきエネルギーなのです。


それこそが、“気”の量と“知性”が、比例している理由なのです。


そうなのです、“知性”を存分に発揮するには、“気”の総量はもとより、如何にそれを効率よく使い切れているかが重要なのです。



では具体的に、“気”の量には、どのくらいの幅があるのでしょうか?


平均を100%とすると、殆どの方が、90%~110%の範囲内に収まります。

このレンジ内にいる人は、日常生活を送る上では、特に大きな問題を抱えることも無く、生涯を過ごす事が出来るでしょう。

ただし、高いレベルの人達と競争するには、ピンポイントでの能力特化が必要になります。



では、110%を超えてくるような、高い“気”を持つ人は、どうでしょうか?

このレンジにいる人は、何をするにおいても、さほど苦労を知ることなく、極自然に、人よりも秀でた存在になり得ます。

このレベルの人が、信念を持って本気で何かをやった場合、通常の“気”のレベルの人には、とても太刀打ちの出来るものではありません。



最後に、90%に満たないレンジに該当する人の場合ですが、この領域に属する場合、学業においては、かなり苦労する傾向です。

ついて行くのがやっとで、どんなに努力しても、人並みに追いつく事すら難しい領域です。




また、潜在意識下に生じたエラーを%で表した場合、ほとんどの人が、10%弱くらいに集中しています。

そして、エラー率が10%台後半にもなれば、知性及び、精神的な不安定さが目立ち始め、

20%にも達した場合は、日常的に何かしらの支障が生じる程、問題が表面化してゆく傾向が見られます。


優気功では、このエラーを0%に解体し、気の総量を最大限に引き上げることが出来ます



エラーを解体することで得られるものは、最大限に拡げられた“思考能力の器”です。

知性は、器の上に表面化します。

つまり、器がより大きければ大きほど、埋めた後に表面化する知性は、一層大きな輝きを放ちます



もちろん、施術を受けたからと言って、即座に実感はありません。

しかし、年単位で考えた時、現実的に大きな違いとなって表れるのです。

器が大きくなった分だけ、必ず違ってきます。





ここでもう1つ、この“無意識下の心のエラー”は、いつから生じたのでしょうか?


実は既に、胎児の時点から始まっているのです。

そして、3~4歳で、ほぼ全量が確立するのです。

「三つ子の魂、百まで」という言葉の、本質的な意味は、実はそこにあるのです。



成長著しい多感な幼少時代において、

全くエラーの存在しない100%の環境下での成長した場合と、

エラーを抱えたままでの、非効率な心身運営下で成長した場合とでは、

土台である「人間力」の形成においても、その上に積み上げる「知性」においても、歴然たる違いが生じるのです。








詳しくお知りになられたい方は、下記のホームページも御覧下さい。


子供の可能性を広げる気功院 優気功院ホームページ
http://yu-kikou.com/kosodatekikou001.html







精神領域の天才気功師さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ