私は、仕事を辞めた方がいいのかな? | 看護師が教える新米ママのための子ども看護学~子どもの治る力をぐんぐん伸ばす~

看護師が教える新米ママのための子ども看護学~子どもの治る力をぐんぐん伸ばす~

赤ちゃんや子どものケガや病気の「どうしたらいいの?」に応える子育ての技をパパ・ママ・専門職むけに、小児看護学・子どもの体と心の発達発育、コーチング、心理スキルを土台にアレンジし、分かりやすく使いやすいようにしたホームケアとしてお届けしています。

●私は仕事を辞めた方がいいのかな?



こんにちは。新谷まさこです。

結婚や出産、介護や入院…家族の事や自分のことなどで、仕事へのヤル気や転職を考える事ってありますよね。

それは、情熱と決意をもって仕事を選んだ人も、そうじゃない人でも起きる事です。

だから

「私は、仕事を辞めた方がいいのかな…?」

って、揺らぐ事があって当然ですよね。

特に、女性は脳のしくみとしても、感情的に物事を受け止めるのが得意なの。

だから、考え込んでしまう事はよくあることですもの。

でも、どこか心の中で、

「自分が犠牲になる」

と、感じる部分がある時は、辞めないほうがいいと思いますよ。

それは、自分のしたいと思う気持ちではなく、他人から受け付けられた価値観で動いていることが多いから。

例えばそれは、テレビや本、自分の親からの言葉、もしくは母親をみて、勝手に自分が感じていた経験が、勝手に変換されちゃったもの。

不安とか心の中は見えないから、自動で複雑化されてしまうわけです。。

クライアントさんや講座に来てくれたママやパパと話していると

「ん?それは、誰の価値観?言葉?」

と、感じることがありますもの。

先日のテレビで、剛力彩音さんへのインタビューが出てましたね。

去年前澤社長との付き合いをSNS上にアップしたことで炎上するとかいろいろ意見を言われてきた彼女。

「痛い目を見た中で感じたのは、自分のありのままを出すだけではなく、応援してくださる方が期待してくださっていること、待っていてくださっていることは何か考えたうえで、バランスよくやっていかなければなと思います」

と話していました。

仕事を続けることを悩んだ時って、きっといろんな要因があると思います。

どれを選んでも間違いはないけれど、

「私は、〇〇したい!」

と、言葉に出してみてね。

どこか、イラッ!と来たり、苦しい・悲しい気持ちを感じる時は

「本当は、ちょっと違うんだけどなぁー」

と、自分からのメッセージの部分があるはずですからね♪

「よくある子どもの病気ケガまずの対応」著者:新谷まさこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ