書籍は改訂版と前とで、大きく違ったりはしないですか? | 看護師が教える新米ママのための子ども看護学~子どもの治る力をぐんぐん伸ばす~

看護師が教える新米ママのための子ども看護学~子どもの治る力をぐんぐん伸ばす~

赤ちゃんや子どものケガや病気の「どうしたらいいの?」に応える子育ての技をパパ・ママ・専門職むけに、小児看護学・子どもの体と心の発達発育、コーチング、心理スキルを土台にアレンジし、分かりやすく使いやすいようにしたホームケアとしてお届けしています。


テーマ:
●その書籍は改訂版と前とで、大きく違ったりはしないですか?

こんにちは、新谷まさこです。

今日は、保育マニュアル作成サポート事業のお仕事で、山形県は東根市に来ています♪紅葉がいい見ごろですね^^

さて、先日出版された改訂版の書籍についてご質問をいただきました。

改訂版はどこが違いますか?

講義の時にいつも重宝させていただいてるので、改訂版もあった方が良いか迷ったもんで(^_^;)

(保育人材育成講習講師より)


2014年に出版された方から愛用いただき、本当に本当にありがとうございます!

そうですよねー、改訂版がでたので、どちらがいいのか迷いますよね。

結論は、元の本でも情報に誤りはないので、心配なくつかえます。

でも、これから買うのなら改訂版の方が見やすいしわかりやすいですよ。

私も、改訂版の話を出版社から頂いたときは、ドキドキしました。

「読者さんから、誤った情報公開をしていると指摘がはいったの!?」

って('Д';)

だから、慎重に書籍の監修をしてくださった医師の福井先生と共に、厚労省が出しているガイドラインと照らし合わせて、情報の誤りがないかももちろん確認しました。

で、結論そこは大丈夫。

ただ、誤解されるかもしれないイラスト表示や文章の表現はあるから、そこは修正をしようって話になったんですね。

例えば、こういう風にわかりやすくしました。


■イラスト


■p11の「熱中症」のページ

以前)涼しい午前に戸外遊びをするなど

改訂版)戸外遊びは涼しい午前にするなど

こういった、ちょっとした間違い探しみたいなものです。

でも、初期の赤い方はもう絶版になったので、これからはピンク本(表現がいやらしくなったなぁ:汗)の方でよろしくおねがいします^^






「よくある子どもの病気ケガまずの対応」著者:新谷まさこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス