私の子育て間違っているんじゃないかしら… | 看護師が教える新米ママのための子ども看護学~子どもの治る力をぐんぐん伸ばす~

看護師が教える新米ママのための子ども看護学~子どもの治る力をぐんぐん伸ばす~

赤ちゃんや子どものケガや病気の「どうしたらいいの?」に応える子育ての技をパパ・ママ・専門職むけに、小児看護学・子どもの体と心の発達発育、コーチング、心理スキルを土台にアレンジし、分かりやすく使いやすいようにしたホームケアとしてお届けしています。


テーマ:
● 私の子育て間違っているんじゃないかしら…



「私の子育てや、やり方…これでいいのかな…」

なんかいつもそんな気持ちになっているみたいで、不安とか焦りでいつもつらいなぁ…。

仲良くなったママ友達が、私と違う事をしていた

実家の母や義母が

「今どきって、それが正解なの?」

と言ってきた

旦那が私のことを疑いながら見ている時

「私の子育てややり方…これでいいのかな…」

周りのちょっとした言動に、ついつい反応して、すぐ不安になるの。

気になって雑誌やネットで調べる。

なんとなく、それっぽいことが書いてあって

「多分間違ってない。これでいいと思う。でも…」

ピッタリ私の気がかりに当てはまった回答でもないから、スッキリはしない。

掲示板に似た悩み投稿があって、

「あ、これ私もそう思ている!」

と、自分と重ねて回答をみるんだけど、なんか素人目線っていうか…ただの自分体験だし…

いや、まぁ、ちょっともっともらしい理論とか根拠とかそういうのも書いてあるけど、知識自慢っていうか…

教科書コピペみたいな借り物知識っぽくて、どうも信用しきれない。

いや、まぁ、正しいのだろうから頭で納得はできないこともないけれど…

なんかなぁー
なんかなぁー

頭が重いって言うか、ため息「はぁ」ってでるっていうか…

よくお医者さんに説明されて質問もできなくて

「はぁ…はい…」

って、自分を無理やり納得させているっていうか…

そんな感じかなぁ。

(*’ω’*)

うん。

頭で理解はできないこともないけれど、なんだか腑に落ちないよね。

そう不安が浮かぶ時ってあるよね。

こんにちは、新谷まさこです。

間違っているとか、そういう反対意見を言いたいんじゃないもんね。

あのね、そういうのは、「知恵の未完了」の状態なのです。

よく「知識が足りない」っていうよね。

知識は、情報の蓄積。

知恵は、その蓄積された情報を活かして、役に立つ方法を導き出すこと。自分の能力になっている状態なんだよね。

だから、こういうもやもやしている状態の時は、ただ、自分が納得出来てないだけなの。

思考力のある人や、段取りができる人、心配性な人ほど陥りやすい子育てのワナともいえるね。

こういう時は、広く浅く不安になりがち。

不安が過去の不安を呼んでまた広がって収集がつかなかったりするのね。

だから、「そのことの、特に何が気になるのか」詳しく限定することからね。

だから、「What(なに)」と「Why(なぜ)」の問いがおすすめだよ。

そこから出てくる自分の気がかりは、いくつもあってOKだよ。

例え)
母乳育児これで会ってるのか不安。

(母乳育児の、特に何が気になってる?)

今の自分の母乳で足りてるかどうか

(足りてるかどうか、なぜ気になり始めた?)

健診の時に、体重が少なめって言われたから

(体重が少なめって言われたことで、何といわれている気持ちになったから?)

自分が母乳育児できないおっぱいをしているんじゃないかと思ったから。母乳育児できないと母親として欠点があるんじゃないかと思ったから。母乳は素晴らしいから。

とかね。

細かくて面倒くさいっけどね(笑)

でも、それも脳が今の不安な状態のままいさせようとしているからなの。

そんな状態から変わりたいには、こうやって見つけるしかないの。

何度も、ちょっと角度を変えて、

「What(なに)」と「Why(なぜ)」

もちろん、他の質問を繰り返すと、自分のきっかけがでてくるからね。

そこに焦点をあてて、保健師や助産師、子育て支援者に相談したらいいの。

こうやって、ただ単に思考のくせ、物事の受け止め方のクセで、そう考えてしまうだけ。

別に、自分が子育て間違ってるとか、ママとしてダメだとか、関係ない。

でも、苦しいよね。哀しいよね。

自信なくなっていくのも、当然だと思うよ。

子育ては、毎日がハプニングの連続。

だけど、私たちは、このストレスに負けないでちゃんと付き合える力もあるからね。

それは本当。

自分の子育てにいっぱいマルをつけてこ。

大丈夫。
落ち着いて。
ゆっくりでいいから。



京都の夏越祓のお菓子「水無月」♪


「よくある子どもの病気ケガまずの対応」著者:新谷まさこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス