看護師が教える新米ママのための子ども看護学~子どもの治る力をぐんぐん伸ばす~

赤ちゃんや子どものケガや病気の「どうしたらいいの?」に応える子育ての技をパパ・ママ・専門職むけに、小児看護学・子どもの体と心の発達発育、コーチング、心理スキルを土台にアレンジし、分かりやすく使いやすいようにしたホームケアとしてお届けしています。


テーマ:
● 自閉症の子を理解したい時のきっかけにわかりやすい本

こんにちは、新谷まさこです。

「発達障がい」も、ずいぶん身近な言葉になってきました。

この前、学童保育で働くSさんとお話をしました。

「まさこさん、発達障がいの子どもと関わるには、どうしたらいいんでしょうか?」

何かあったのですか?と、お聞きしましたら、

「勤務に入った時に、この子は発達障がいがあるから目を離さないでね、といわれました。傍にいて付き添うとかはできます。

でも、この子の診断であるその発達障がいがどういうものか、本で見ていてもよくわからないんです」

目の前の子にとって、できることをしてあげたい気持ちが行動につながらない気持ちは、とてももどかしいですよね。

いまは、たくさん分かりやすい本が出ています。

でも、ノウハウだけじゃなく、こういう時に大切にして挙げてほしいのは

どんな言葉や行動が、親子を傷つけるのか
どういう言葉や行動が、安心していくのか

そんな空気感を出せるようになってほしいと思うんですね。

だから、その場面がわかりやすいのには、マンガがおすすめです^^

このマンガからはじめるのはどうかしら?

光とともに・・・‾自閉症児を抱えて‾ 文庫版 全10巻完結セット (秋田文庫 )/秋田書店


主人公の光くんの幼児期の頃、診断名が付くまでの流れや地域との葛藤などのいろんな場面がでてきます。

そして、それが乳児期から中学生へと成長していく過程が描かれているので、いろんな参考になると思います。

こういう方法が子ども伝わりやすいんだな、という具体的な支援方法もいっぱいでてきますから、これもとても参考になります^^

とても、幅広い専門機関に取材をされているなぁ、と感じるところがたくさんです。

理論より、まず感じるところから、始めたい人にはおすすめですよ^^





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

「よくある子どもの病気ケガまずの対応」著者:新谷まさこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。