ねぇ、ごはん~!って言って出てきたらいいな~(笑) | 看護師が教える新米ママのための子ども看護学~子どもの治る力をぐんぐん伸ばす~

看護師が教える新米ママのための子ども看護学~子どもの治る力をぐんぐん伸ばす~

赤ちゃんや子どものケガや病気の「どうしたらいいの?」に応える子育ての技をパパ・ママ・専門職むけに、小児看護学・子どもの体と心の発達発育、コーチング、心理スキルを土台にアレンジし、分かりやすく使いやすいようにしたホームケアとしてお届けしています。


テーマ:

●ねぇ、ごはん~!って言って出てきたらいいな~(笑)

 

えーん


こんにちは。新谷まさこです。

「お腹空いた~。ねぇ~ごはん~」

って、いってご飯が出てきたらいいな~って思う毎日を思っていました。

 
長男のごはん、次男の離乳食つくって冷凍保存もして、保育所用に冷凍母乳も用意して、パパのごはんとビール買ってくる。
 
毎日毎日、台所から離れられない時間を過ごしていました。

先日のブログ記事では、思いがけずいろんな反響をいただきました。
 
「いいなー」
とか
「えー!ありえない」
とか
「どうしたら、そう育てられるのですか?」
とか。
 
私ねぇ、夢を語ってきたんです。
 
夢って言うと、すごく大きなことで叶わないように思われがちですが、小さく小さく身近なバージョンにしてね。
 
こんなの⇓

「ママの夢はね、帰ってきたらご飯ができていて

ママ!ごはんできてるよ(^^)

って、子ども達が迎えてくれること♪

もし、そうなったら、きっとおいしーって言いながらたべちゃうわハート


って、語ってきました。

あー楽しみ♪(ちょっと遠い目しながらね:笑)

そうしたら、本当になるんだもの。
 
すごいねぇ、言葉の力って。

 

昔は、すごく自分がキライで、上手に子育てできない自分がいやで、いつもいつも消えたいと思っていたのにね。

 

未来は自分で変えられるし、性格も変わるんだね。

 

幸せになる事をあきらめなくてよかった、ってやっと思えるような実感をいろいろ味わっている今日この頃です^^

 

 

「よくある子どもの病気ケガまずの対応」著者:新谷まさこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ