きょうは防災ということを考える一日。

 

「忘れない」の思い

だから、その教訓を活かしたい

 

 

 

それなのに

なのに、手がつけられてない

 

 

 

そんな少しの負い目があるのが

実は防災なんですよね。

 

 

すっごく大切なのは知っている~

必ずやらなくちゃ~

やるやる~~

 

誰もが思っているし

まして、子どもの命を守りたくないわけがないのです。

 

 

いつか…

   ちゃんと…

       やろう………

 

そう思っているうちにアッと言う間に

何年もたっていたりするわけです。

あなたの場合はどうですか?

 

 

2017年の親子防災の講座の時の様子

 

 

 

ママはどうしても最終的に

「子どもさえ助かれば」と

いう気持ちになりがちだれど

 

ママ本人も助からないと、大災害の後

その大切な子どもが大変なことになります。

 

 

 

だから、一番は子どももママも助かること!

 

その方法をひとつでも知っておいて欲しい。

 

 

 

赤ちゃんがいたり

子どもがいたりする防災は

備えが一般の場合とは異なりますよね。

 

 

何を準備していたらいいのか

どんなことが「盲点」なのか

いっしょにプロから聞いてみませんか?

 

 

 

プロから学ぶ3回連続

子育てセミナー

詳しくはこちら