講師紹介 第3弾!

 

プロから学ぶ3回連続子育てセミナー

詳細はこちらをご覧ください

 

 

第3回 3月3日(土)

午前セミナーも午後セミナーも【食育】

 

 

●━●━●━●━●━●━

 

食育と子育て

 

セミナーでは、

・食への興味は、まず見せるが重要であること

 

・2歳でもしっかり考え、包丁も持てるし料理も楽しんでできること

 

・子どもが「やりたい!」と親のそばに寄ってくる期間は

 意外と短いことなど

 

子育てkitchenの現場のはなしをベースに、食を通しての子育ての環境作りを一緒に考えます。

 

●━●━●━●━●━●━

 

講師の田中由美子

当NPOの生みの親であり、現理事長です。

 

いままで、のべ1,000組以上の親子

親子料理教室を通じて、

子どもの自主性を尊重するやり方を

伝授、体得していただいています。

 

2歳でも包丁に好奇心があるから

2歳にも包丁を持たせて料理をさせてみる。

 

それを可能にするのは

親の心構えと、親の声かけ。

 

これは料理にとどまることなく、

子を育てるすべての基本になります。

 

4人の子どもすべてが

魚を上手にさばける家庭をどう築いたのかも、お聞き逃しなく!

 

過去の講座の様子1

 

過去の講座の様子2

 

親子料理教室の様子はFacebookでぜひご覧ください

子どもたちの真剣な顔が見られます。

 

講師*田中由美子

 (NPO法人子育てkitchenグループ理事長)

 

 

3男1女 25.23.21.18歳の母

 

社会福祉主事任用資格

食品衛生責任者

HCJ認定コーチングコーチ

 

3男1女の4人の子育ての中で見つけた「見守る子育て」と、「子どもの好奇心は期間限定」である事実を、わかりやすく伝えるために、2歳から通える親子料理教室「子育てkitchen」を創設。

現在のNPO法人につながる。現在までにのべ1,000組以上の親子に料理の楽しさと共に好奇心を伸ばす方法を伝えた。

 

 

 

 

時々「4人育てたらベテランですね!」と言われますが、

実は子育てで一番戸惑ったのは4番目。

上3人で培った子育てのノウハウは一切通用しませんでした。

 

親の提案は一切受け入れられず、改めて「子育てって何?」とかなり悩みました。

子どもの体験を大切にして「見守って」いたはずでした。ところが4番目の子育てを通して、もっと子どもが自ら考えて行動する「見守る」に気づかされました。

 

それらの経験から自信を持って言えることがあります。

 

・子どもが「やりたい!」と親のそばに寄ってくる期間は意外と短く、それを知らずに共有できる時間を逃しがちなこと

 

・子どもは小さな2歳でもしっかり考え、包丁も持てるし料理も楽しんでできること

 

子育ての環境作り、一緒に考えてみませんか?

 

 

 

 

お申込みはこちらから!