【新ワークショップ】クラッカー

「守る」「見守る」ワークショップ 学習編

ひらめき電球初開催ひらめき電球しました。

 

 

寒くて雨の降る週末でしたが

シェアし、笑い、考え、宣言し

盛り上がりました。

 

 

 

このワークショップ、正式には、

子どもを守るから見守るへシフトする時期は?

~このポイントが学習につながる~

といいます。

(長いですね・・・)

 

 

と、聴くと、こんな疑問が生まれませんか?

 

見守ることが、学習につながる・・・?

どういうこと?

 

 

コレ、なかなかピンとこないかもしれません。

 

 

でも、参加したみなさまは、かなり納得してくだり

大いに盛り上がりました。

 

 

 

 

みなさん、実はなんとなくわかっていたこと、あったと思います。

 

でも見て見ぬふりしてたこと、見逃していたことを

各自、棚卸をしながら、

 

おお、なるほど学習にもつながる

そうだ、さらに「見守る」を加速しよう

 

と決意する

ワークショップになれたようです。

 

 

いっぱい感想をいただきました。

 

◆参加者さまの感想◆(公開OKいただいたものです)

 

 

子どもの育て方に役立つことを得たいし、「守る」と「見守る」の違いタイトルそのものにもひかれて申し込みました。

 

自分には何か子どもとの関わりで問題があると思うけど、それが何か気づきたかった。

 

今まで何度か講座に参加していて、こどもの「やりたい」に対応できるようにはなってきたけど、生活上必要なタスク(身辺の自立など)は、なかなか「やりたい!」とならず、強制的関わりをしていたこ

とに気づきました。

 

口うるさい自覚はあったけど、子どもに「やる」の選択肢しか与えられてないことも問題だと思った。

 

子どものしつけに手だし口出しする親、親が子どものやることをやってしまう人におすすめしたい。

 

子どもの自立を妨げるような親や

年少~小学校低学年ぐらいの親に勧めたい。

 

参加者のみなさんと色々お話できたのがよかった。

 

 

このワークショップ、年内はモニター価格にしています。

 

どうぞ早めにご参加くださいね。

 

 

======================================================

「守る」「見守る」ワークショップ

生活編と学習編があります。

連続講座ではありません。興味のある回にご参加ください

 

【生活編】 

第2回 10/20(金)10~11時半

危険を察知する力は「体験」でしか育たない    

 

第3回 12/1(金)10~11時半 

親だから育てられる「体験判断力」と「行動力」      

*********

【学習編】

第2回 11/22(水)10~11時半    

手離すタイミングをうまく使える人・使えない人  

 

開催場所はすべて 

子育てkitchen白山スタジオ(都営三田線白山駅徒歩1分)

 

詳細・お申込み子育てkitchenホームページからどうぞ

 

 

お待ちしています!

 

 

AD