よーく見てごらん。動物たちがかくれているよ^^ の絵本 | 子育て絵本アドバイザー 前田ちひろのブログ

子育て絵本アドバイザー 前田ちひろのブログ

子どもと一緒に過ごす時間は短くても、
「絵本」があれば、密度の濃い時間を過ごせます。
「絵本」のある子育て、してみませんか?

“ブッププピー”
 
「あれっ、なんの おとだろう?」

しげみの おくを のぞいてみると・・・。
 
今日、ご紹介する絵本は、こちら本

 

 

岩崎書店から、2018年07月31日に発行されました。

作者は、室井さと子さんです。

 

草笛を吹いているウサギと出会った、男の子。

 

「やまには いろんな おとが あるんだ。
ぼくが あんないしてあげる!」

 

と一緒に山道をのぼっていきました。

 

小川や森、山の頂上へと、登っていき、
様々な動物が隠れていることに、気が付きます。

 

ツキノワグマ、ヒミズ、タカブシギ・・・
ヤマドリ、ヤマネ、オオクワガタ・・・
タンチョウ、オオハクチョウ、トガリネズミ・・・等

 

子どもにもお馴染みの動物や、
ちょっと珍しい動物まで、ページの隅々に隠れています。

 

1ページあたりの文章は、短めですので、
年少、年中さんくらいのお子様でしたら、読み聞かせできるかと思います。

 

我が家の息子も、私と競争するかのように、

 

「タンチョウ、見つけたよ!」
「あっ、カケス、いた!」
「カヤネズミは、どこかな・・・」

 

等と言いながら、楽しんで読んでいました。

 

ページの端に、
隠れている動物たちの絵と説明が書かれていますので、
1つずつ確認しながら読むことができます。

 

裏書にあります、作者の室井さとこさんのコメントを一部、ご紹介します。

 

「山間の農村に育った私にとって、里山はあそび場でした。

・・・この絵本で山の自然やいきものたちを好きになってもらえたら、
とてもうれしいです」


岩崎書店さま、
素敵な絵本をご紹介頂き、ありがとうございます☆

子育て絵本アドバイザー 前田ちひろさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります