子育て絵本アドバイザー 前田ちひろのブログ

子どもと一緒に過ごす時間は短くても、
「絵本」があれば、密度の濃い時間を過ごせます。
「絵本」のある子育て、してみませんか?

おにたは、きのいい おにでした。

 

・・・まめまきの おとを ききながら、
おにたは おもいました。


(にんげんって おかしいな。
おには わるいって、きめているんだから。

 

おににも、いろいろ あるのにな。

にんげんも、いろいろ いるみたいに。)


今日ご紹介する絵本は、こちら本
 

 


発行は、1969年。
いわさきちひろさんが絵を書いています。

 

節分の夜のことです。

 

 「ふくはー うち。 おにはー そと。」

 

どの家からも、豆をまく声がして、
鬼の子のおにたは、行くところがありません。

 

ツノを隠すため、麦わら帽子をかぶり、町を歩いていくと・・・という話です。

 

年少・年中さんくらいのお子さんでしたら、
読み聞かせできるかと思います。
 

 
節分の日の夜、

鬼の子どもと少女とのやり取りを通して、

 

優しさや切なさ、寂しさ、人を思いやる気持ち 等、
様々な気付き・感情を体験できるかもしれません。


私は毎年、この時期になると、
この絵本を読みます。

 

何回読んでも、何十回読んでも・・・、
その時々で、受ける印象や感じ方が異なります。


節分の時期に、こういった絵本を通して、
豆まきを楽しんだり、節分や鬼について話してみてもいいかもしれません。

 

親子で一緒に、オススメです☆

子育て絵本アドバイザー 前田ちひろさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります