子育て支援基地アリエル~こどもは社会で育てよう~

愛知県西尾市のボランティア団体「子育て支援基地アリエル」の活動ブログです。
不定期での親子向けイベントを企画したり、ワカ隊長の感じたことをつらつらと綴ります


テーマ:
7/16(土)に、「防災教室」をやってみました。

セミナー形式とか講座とか、そんな堅苦しい感じではなく、

和室で。

お子さんたち(ベビちゃん含む)がきても出来るように。


初開催&西尾のおまつりとダダかぶりだったので

参加人数は多くなかったけれど、

その分友達感覚なおしゃべり会で、グダグダと。


でも一応何を聞かれてもいいように資料や備品を

いっぱい持ち込んで・・・・・。

やってみたんですよ。


内容は「自助・共助・公助」について。


私が防災に興味をもったきっかけ⇒ハザードマップ。

ニュースでチラっと映った津波のハザードマップに地元西尾市が沈むエリアとして

真っ赤っ赤だったのを見て。他人事には思えなくなった。

防災・減災カレッジに通い始めたのは2014年。

東日本大震災のずいぶん後なんです。


阪神大震災、中越地震、東日本大震災。

何度か地震を経験したけれど、どこか他人事でした。


雲仙普賢岳や三宅島の噴火、ニュースで見てきたけれど。

遠い地域の話でした。

でも・・・御嶽山が噴火した。


各地の水害、河川の氾濫。

愛知県も東海豪雨という水害に見舞われたけれど、その時私は横浜在住で

よく知らずに過ぎてしまった。

(家族が心配で実家に帰ろうとしたら新幹線が止まって、大変な目にはあったけど)

去年、筑波サーキットに程近いエリアが鬼怒川の堤防決壊で被災してしまい

他人事とは思えず、常総市にボランティアにいきました。


そして熊本で震度7の地震・・・。


東日本大震災の後、被災地も何度か行きました。

義援金も送ってみたし、ボランティアや避難所も行ってみたけど。


一人で出来ることを考えると、だんだん私の中では【防災・減災】に対して

ちゃんと向き合うことも大事だけれど、個人レベルでなく、

同じような意識をもっとたくさんの人と共有することなんじゃないか?と

思うようになったのです。


だから自分が勉強するだけでなく、自分が勉強したことをシェア。

そして、願わくば地域の子どもたちと共有していきたい。

中学生・高校生が中心となって、被災した地域を元気にしていく。

救命講習や講座に来ている年齢層が高すぎるんです。

自主防災会を主宰している人たちも熱心にボランティア活動をしている人たちも

リタイヤ組の65歳オーバーがめちゃめちゃ多い。

そりゃ子育て世帯だったり、働きざかりの人たちはボランティアをしているヒマは

ないだろうけれど。

考えておくことは大事だと思うのです。

被災したら、地域のつながりがぜったい必要になってくるから。


自分たちの地域の避難所の受け入れ人数が何人か知っているのか?

自分の住むエリアの自主防災会は、誰がリーダーか?本当に被災した時機能するか?

備蓄も、家具の転倒防止も必要なことだけれど、それ以前に地震に耐えうる建物に

住んでいるのか?

自宅が全壊したら自分たちはどう生きるのか?


いろんなことを「想像」出来る自分たちでいなければならないと思うようになりました。


そして今回の防災教室vol.1に、秋に「防災講演会」をお願いしようと思っている


フォトグラファーで防災士の三浦寛行さん が駆けつけてくださいました。


500名オーバーの人たちや全国各地で防災講演をしている側の三浦さんが来て下さるなんて、

本当にありがたいことです。


「【防災】っていう言葉に敏感なんですよ」と言いながらも、今までに一度も来たことが

なかった西尾市に足を運んで下さり、私より何百倍も経験も知識も豊富なのに、

いまだに「学ぶ姿勢」を持ち続けている三浦さん(※被災地にも行き続けています)には

頭が下がります。


そして、第2部はちょうどタイムリーに大分県の消防設備・保守点検などを手掛ける

株式会社イグジットのヨッシーさんのブログ で「非常食を食べてみる話」があがっていたので

私たちも最近の非常食はどんなもんか?ということでみんなで食べてみました。

お水しかなかったので60分待ちましてね。


案外美味しく食べられました。


ワカ隊長の知っ「得」防災教室は今後も不定期開催ながら

やっていこうと思っていますので、興味ある方はお気軽にご参加くださいね。


開催日はブログやHPでまた発信します!


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

ワカ隊長さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。