一生懸命やるほど結果が出ない理由 | 越谷ゴルフリンクスのブログ
2008年07月25日

一生懸命やるほど結果が出ない理由

テーマ:ゴルフ結果論

越谷ゴルフです。


ゴルフが上達し、結果を出せるようになるには、

目標をたて、それを実現するために一生懸命にやること、

これは目標実現のためにものすごく重要なことです。


でも、陥りやすい罠として、

一生懸命やり続けているうちに、

目標が当初掲げたものから「一生懸命にやること」に

スリかわってしまう癖がある人がいます。


繰り返しますが、

一生懸命になることは悪いことではありません。

しかし、当初、なにかしら結果を出すことを目標としていながら、

その目標がいつのまにか、

「結果を出すこと」から「一生懸命にやること」

に代わってしまうこと、

これは本意ではない、と言っているのです。


波の表面をバシャバシャと荒立てるのではなく、

ゆっくり静かでもいいので、深い部分で大きな流れを

つくりあげることが、結果として目標を実現するということ。


・・・


深く潜む見えない部分を動かすには、

心を鎮めてじーーーーっと心を落ち着かせる必要があります。


一生懸命になったとしても心が慌しく波立つだけでは、

深く潜む見えない部分を動かすことはできません。


深く潜む見えない部分とは、

原因と結果の法則における原因の部分であり、

表面とは、

原因と結果の法則における結果の部分になります。


つまり、結果を出すということは、

表面に出ている結果を一生懸命こねくりまわすことではなく、

原因となる深く潜む見えない部分に心を集中させること。


・・・


心を鎮めて結果を出すために思考を集中させること

このことに一生懸命になることが原因となり、

結果を生み出されるものではないでしょうか。


●●●●●●●●●●
越谷ゴルフリンクス
越谷市大間野町1-155
http://www.koshigayagolf.com


<<お勧めHP>> ●クラブフィッティング診断
メーカーのマミヤOPで直接あなたのクラブをフィッティングします


「このブログは面白い!」と思ったら
ココをクリック!→→ にほんブログ村 ゴルフブログへ ゴルフブログランキングへ


koshigayagolfさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス