皆様へ

いつもありがとうございます。

ご協力に感謝致します。

 

21日にFMクマガヤさんのご協力でラジオから情報提供を呼び掛けました。

読売新聞、埼玉新聞が取り上げてくれました。

 

 

《埼玉新聞》

 

《埼玉新聞》記事全文

 埼玉県熊谷市で2009年9月、小学4年の小関孝徳君=当時(10)=が死亡した未解決のひき逃げ事件から30日で12年となるのを前に、孝徳君の母親は「秋の全国交通安全運動」の初日となった21日、市内のコミュニティーFM「FMクマガヤ」に熊谷署の警察官とともに生出演し、情報提供と交通安全を呼び掛けた。

 

 事故は09年9月30日午後6時50分ごろ、熊谷市本石の路上で発生。

 

 孝徳君は書道教室から自転車で帰宅している途中に事故に遭った。県警は時効目前となった19年9月、自動車運転過失致死罪から危険運転致死罪に罪名を変更し、捜査を継続することになり、時効は10年延長になった。  

 

 母親の出演前には、熊谷署交通課長と同課交通総務係が出演。2人は同署管内の死亡事故の現状を紹介後、歩行者保護などを訴えた。

 

 ひき逃げ事件のことにも触れ、「まだ犯人は捕まっていないので、どんなささいなことでも熊谷署交通課までお願いします」と情報提供を呼び掛けた。  

 

 母親は孝徳君の事故当時の服装をはじめ、現場付近の商業施設の営業状況や現場の道路事情などを説明。

 19年1月からブログも始め、約2年半で約280件の情報提供があったことを伝えた。

 

 最近は情報提供を契機に時効前に犯人が逮捕された事件もあり、「いつどこで犯人につながる情報が頂けるか分かりませんので、必ず犯人にたどり着くと信じている」と語った。

 

 また死亡ひき逃げ事件の時効撤廃を求めて実施している署名活動も紹介。署名活動ではオンライン署名と手書きの署名を合わせて6万人近くの署名を集めたという。

 

今の法律では、ひき逃げを犯しても逃げ切れば罪に問われないのが現状。法律を変えるのは簡単ではないが、法律を変えていきたい」と力を込めた。  

 

 今回の出演は母親自らの申し出によって実現。出演後に取材に応じた母親は「時効まであと残り8年なので、悔いのないように行動し、自分でできることは何でもやっていきたい」と話していた。  

 

母親は30日も午後6時から同FMに出演予定。

 

《読売新聞》

 

命日の時間帯に情報提供を呼び掛けます。

《2回目》

日   付:  令和3年9月30日(木)

時   間:  18:00~18:58

一人でも多くの方に孝徳の未解決事件を知ってくださり、ご聴取頂けましたら幸いです。宜しくお願い致します。

 

番組へお便りの宛先は

otayori@fmkumagaya.com

また、スマホアプリからも

送ることができます。

 

※スマホアプリからもご視聴できます。

FMクマガヤ↓

TwitterFMクマガヤ

Facebook FMクマガヤ

 

熊谷市小4男児死亡ひき逃げ

2009年9月30日(水)

18時50分頃 

埼玉県熊谷市本石1-134路上で

交通事故にあい

小学4年生(当時10歳)の

息子がひき逃げ事故で亡くなりました。

 

12年前

埼玉県でおきた未解決事件です。

 

2台の犯人を捜しています。

ひき逃げを犯したまま

逃げ続けている現実があります。

 

犯人は逃げ切れば

罪に問われないのが現状です。

 

当時は事故発生現場付近の場所か埼玉県内にいたかもしれません。

 

12年の月日が流れ

2台の犯人は遠く離れた他県で生活しているかもしれません。

 

また、犯人を知っている方が他県にいるかもしれません。

 

犯人はひき逃げを犯してから

一度も移住することなく、当時の場所にいるかもしれません。

 

皆様のお近くで何年も車両を放置している車両等がありましたら情報提供をお願い致します。

 

犯人逮捕に繋がる手がかりを求めています。宜しくお願い致します。

 

情報提供先

※孝徳の母(直通)

お名前の方は匿名でも構いません。

ささいな情報でも構いません。

皆様からの情報提供をお待ちしております。宜しくお願い致します。

※メールの方からの情報提供先

小関代里子

k.takanori0930●gmail.com

(●を@アットマークに変えてください)

または〒360-8799 

熊谷市本町2-7熊谷郵便局留 

小関代里子宛までご連絡をお待ちしております。宜しくお願い致します。

 

※SNSからも情報提供の呼びかけをしております。

《Facebook》

未解決! 熊谷市小4男児死亡ひき逃げ事故!《時効まであとわずか》

《インスタ》

https://www.instagram.com/yoriko.888/?hl=ja

 

皆様へ

孝徳の為に

携わってくださる

全ての皆様に感謝致します。

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございます。


どんな人なのかわからない犯人を探しています。 

【次のような情報をお寄せください】
  • 事故が発生してから、犯人は遠く離れた他県で生活しているかもしれません
  • 突然ハッキリした事情もなくいきなり引っ越しをした家を知っている方
  • 運転していた車を突然、廃車した人を知っている方
  • 車を突然買い替えた方
  • 何年も車両を放置している車を知っている方
  • 事故当日、目撃された方。
  • 「事故を見たことがある」という話を聞いた方
  • 事故について、以前警察に話をしたことがある方再度お聞かせ下さい。
  • 行政機関でお話した方で同じ話でも構いません
  • 事故について伝えたいことがあるけど警察に連絡するのは難しい方
  • 再度ご存知の情報をお寄せください。

犯人は秘密を抱えて生きていくのは難しいと思います。きっとどこかで誰かに話をしていると思います。

 

どんなささいな情報でも構いません。ご連絡して頂いた方のプライバシーは守りますのでどうぞ、よろしくお願い致します。


※時効撤廃の署名活動サイト

「死亡ひき逃げ事故の時効撤廃を切実に求めます!!逃げ得が許されない社会になってほしい!!」

手書きの署名サイトです。

 


事故当時の状況や情報提供について

事故日時 平成21年9月30日(水)18:50頃
場所 埼玉県熊谷市本石1-134の路上
(熊谷市婦人児童館、松岩寺の近く)
※住所をクリックすると
グーグルマップで表示されます。
事故当時の様子・服装 当時、水色の自転車に乗り、前かごにリュック
黒のTシャツと、黒っぽいジーパンを履いていました。

事故現場の道路について

現場は幅7.6メートルの片側一車線生活道路です。

制限速度は時速30キロ

☆事故があった道は生活道路としても便利なこともあり、小学校の通学路にも指定されていてその近くに児童館もありました。

 

息子も小学2.3年生まで児童館で過ごしていました。近くには、八木橋デパート、サティ(現在イオン)もあります。生活道路として、便利な抜け道なのです。

 

☆事故のあった道路を知らない人の場合

道(土地勘)に詳しくない人はこの道を知らないと思われます。341号線(妻沼県道)、国道17号、北大通りという道を利用されると思われます。当時、事故現場の道はナビも指示しない道でもありました。

 

*地理に詳しくない方でも

一度この道を知れば、駅に向かうのにも便利ですし、様々な目的でも使われると思います。

《英語》

《ポルトガル語》