コアココアの相続・遺言・戸籍ブログ

コアココアの相続・遺言・戸籍ブログ

コアココアのページです。相続と遺言と戸籍についてわかりやすいページにしています。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

謄本とは、一般的にそこに記載されているすべての事項を載せたもののことです。

抄本とは、必要な人や箇所のみを抜粋して載せたもののことです。


戸籍にしても、登記簿にしても、とりあえず現在の情報のみを知りたい時には、抄本を取ることで足りるでしょう。しかし、どこかに提出しなければならない時や、証明的なものが欲しい時には、謄本を取っておくことで対応できます。逆に、謄本でなければならないといった所がほとんどでしょう。


ただ、手数料的には、若干謄本の値段の方が高めです。抄本は安いけども、第三者への証明力には欠けるといった所でしょうか。


例えば、現在の情報だけでなく、過去の情報もすべて取得したい時には、謄本にはそれが出来た時から現在までの情報が載っています。



テーマ:

相続手続きには一般的に、死亡者の連続した戸籍謄本を集めなければなりません。この連続した戸籍謄本には、改正原戸籍と除籍謄本も含まれます。改製原戸籍は、大正生まれの人であれば、3つか4つは取りy添えが必要となります。除籍謄本については、人それぞれ異なり、転籍が多い人だと、除籍謄本だけでもいくつも取り寄せしなければならないでしょう。それらの連続した戸籍謄本から、法定相続人の調査ト確定を第三者から見てもできるようになるのです。



NSFレンタルサーバー

テーマ:

今回は戸籍謄本について話したいと思います。

戸籍謄本は、人の一生の経歴みたいなものです。

生まれた日、生まれたことが届けられた場所と日、結婚した事実、子供がいた事実、死亡はどこでいつなのかなどなど記載さてたものが、戸籍謄本なのです。


でも、戸籍謄本とひとくくりにしてますが、実は戸籍と呼ばれるものには、原戸籍、除籍謄本、戸籍謄本といくつかあったのです。中身は、戸籍謄本と同じで、もともと戸籍謄本だったのが、時の流れとともに、古い戸籍から新しい戸籍に作成しなおされ、その古い方の戸籍が、原戸籍や除籍謄本として今なお保存されているのです。


ただついこの前まで、この原戸籍や除籍謄本の保存期間が80年となっていましたので、いくつかの戸籍が破棄されてしまったことには大変残念です。しかし、現在では、保存期間は150年と伸びていますが、本来永久に保存すべきだと思います。


戸籍謄本は記帳な人々の生きた記録だからです。現在はデータ管理もできるのでなおさら保存期限などは不要のように思われます。


<a href="http://nsf.jp/ " target="_blank">NSFレンタルサーバー</a>


<a href="http://www.atozsearch.jp/ ">
<img src="http://www.a2z.to/gif/atoz8831s.gif " border=0 alt="相互リンク検索エンジン~AtoZ♪Search~"></a>


テーマ:

土地や家の相続名義変更書類は、その不動産を管轄する法務居への提出となっています。

まず、戸籍謄本と除籍謄本の提出部数についてですが、同じ法務局の管轄物件であれば、その法務局への1部提出となります。ただし、その戸籍を還付してもらうには、相続関係説明図というものを作成して、同時に提出しておかなければ、還付してもらえないです。


相続関係説明図とは、あまり聞いた事ないでしょうか、よくある家系図のようなもので、被相続人と法定相続人との関係を系譜のような図で表したものです。法務局はこの相続関係説明図がないと戸籍を還付してもらえないことに注意してください。


例えば、法務局での相続手続きの後で、銀行の相続手続きがある場合は、かならず戸籍を還付してもらえるようにしておかないと、再度戸籍を取り寄せなければならなくなります。

相続における戸籍のサイト見つけましたので、見てみてください。戸籍謄本取り寄せ、除籍謄本、原戸籍、相続人の調査、遺産相続手続き


テーマ:

相続に必要なもので、共通しているものは、戸籍謄本、除籍謄本だということは前回話ました。また、具体的には、死亡した人の出生時から死亡までの連続した戸籍謄本・改製原戸籍・除籍謄本と、相続人の戸籍謄本ということも話しましたが、では、それぞれの戸籍については、原本は一体いくつあればよいのでしょうか?

いざ手続きにぶちあたると、必ず疑問に思うはずですね。

基本的には、銀行では、原本を返してほしいと言えば、返してもらえるようです。

したがって、原本の提出は提出だけど、その場かあとで、返してもらえる可能性が高いとなります。

でも、きちんと戸籍謄本,除籍謄本の原本をすべて返してほしいと言わないと取られますよ。
銀行以外については次回です。

一応、戸籍謄本,除籍謄本についての参考記事を載せておきます。

戸籍謄本の取り寄せ、除籍謄本、改製原戸籍(改正原戸籍)謄本についてのサイト

戸籍や除籍、原戸籍(改正原戸籍)、相続人の調査、遺産分割協議書、遺産相続手続きの総合サイト


テーマ:

来ました。


相続するのに必要なものには、何があるでしょうか?いろいろあるようですね。

ただ、ほぼすべてに共通しているものは、戸籍謄本、除籍謄本のようです。

具体的には、死亡した人の出生時から死亡までの連続した戸籍謄本・改製原戸籍・除籍謄本のようです。

また、相続人の戸籍謄本も必要のようです。


その理由としては、死亡した人の一連の戸籍によって、法定相続人が決定されるからです。

ということは、一番初めに戸籍の収集をしておくべきとも言えますね。


あとは、できれば遺産分割協議書を作って、それに相続人全員の合意を示すための署名と実印と印鑑証明書を用意することも良いようです。普通は、相続人数分の遺産分割協議書を作って、各自がそれぞれ原本を保管するというのが一般的のようです。それぞれが、相続するのに遺産分割協議書の原本を使えると便利だからという理由も有るようです。


テーマ:

来ました。


相続についてです。 難しいです。


遺産相続って言葉きいたことありますが?


甥姪が、遠くはなれた伯父さんの遺産の相続人になることもたまーにあります。


遺産相続ってことは、その人の遺産、つまり、お金や土地、株式などすべてを、もちろん相続人同士で分けるのが通例ですが、受け取ることなのです。 もちろんそのためには、いくつかの段階を経た上で、最終的に相続手続きを行って、その手続きが完了してはじめて受け取ることができるということなのです。


テーマ:

コアココアです。 ココア大好きです。

難しい内容のブログにしたいです。

まずは、しょっぱなから相続関係について進めていきます。内容は難しいです。内容は、思い付きです。じっくりよまないでください。

では、また次回。

Ameba人気のブログ