ゆみまる道場☆アーティスト (千葉・佐倉)

ゆみまる道場☆アーティスト (千葉・佐倉)

訪問ありがとうございます
個性筆・パステルア-ト「てくてく工房」佐藤由美です
(千葉・佐倉)

個性筆とパステルを融合させたオ-ダ-メイド作品の制作
ワ-クショップを開催しています

ゆみまる道場裏メニュー
活動応援かきおろし

オーダーくださるかたは
ふしぎな方ばかり

魔法学校校長杏樹さんは

数年前の
たった1枚がつなげてくださった
ひとのご縁のつながりから

腹から素直でぶっとんでる杏樹さんのご依頼は

どこにもないもの
ぶっとんでかいて。



たくさんのビッグマザーにたすけられ

ついに通販販売も開始になりました

古代ホオポノポノでいうところの
トーキングサークル

ひとりひとりじぶんのつくる場で
どうぞ使ってみてください。


誕生日プレゼントや
お見舞いにもぜひ。



たいちの学年にも
目からうろこだったけど


もんたんたち個性的な自由な学年には
ほんとにはっとしてばかり


ルールって

なかにいるひとが声あげたら
変わっていくものなんだよな~


しかも
おかあの頭のなかで
「声をあげる」って
組合のデモやストライキだったり
((((*゜▽゜*))))

(三十年前…ほんとに夜勤回数減らせ~!とか、通常業務をストライキして集会とかしてたよ、、、たしかにひとり夜勤で50人みる、とか労働環境劣悪だったり、患者さんも行け行け~みたいな、ファンキーな時代だったな~笑)


そんな昭和なおかあには

ことごとくもんたんたちのせかいが斬新。



前提からして
このせかいはじぶんの味方、、、(-.-)


快不快に正直で
ダイレクトだから

力こめて声あげるんじゃなくて


え~、やだ~
先生こっちやろうよ~

軽い

カルイ


「そうね~、いいよ~」


え? カルイ、、笑

前年度とおなじ、とか
前例って
ナンセンスなルールも多いから


変えたって たいしたことないとこは
臨機応変に
采配してくれるんだな~

信頼関係あってこそだろうけど

あきらめない
本音のつみかさね
こどもたちから学ぶな~




集団生活=軍隊 みたいな
母世代の概念を
知らず知らずうえつけられてたな~


森は木から

個性ばらばらな
ひとりひとりのこどもたちがいて
学校になってる

田舎のちいさな学校だからかもしれないけど
ありがたいな



最終日は
色とりどりの着物を着付けしてもらい
足袋や草履もかりて
街を半日散策

外人さんが
キュート!って
行く先行く先かこまれて

アイドルのきもちになった~❤らしい。。


夜は枕投げじゃなくてMステごっこ


デジカメで撮影した動画
個性爆裂で
じ~ん。。。


サクサクと動画編集して
YouTuberか?ってくらい
きりとりかた斬新~((((*゜▽゜*))))


た、たのしそう、、、


昭和のおもいでも
たからものだけど

色眼鏡は ほんともったいない(@_@)


時代はかわってる(☆。☆)






泥がすき 

土がすき

なんにも生産性ないけど
うちこめるじかんがたまらない




わたしのたんぼは
それはそれはおいしいおこめがなるのに

畑は
気がついたら地面におちて鶏のえさだったり
なかなか実にはありつけないふしぎな畑
(´-`).。oO

スティックブロッコリーちっちゃ!

ねぎぼうず!



でも
ねぎぼうず
うつくしい

うすいヴェールみたいな膜

色っぽいなー(☆。☆)

あれあれ
はじけたよ


わ❤❤

綺麗!




あ❤

冬のあいだ
寒くないように
雑草マルチしてても
枯れたり再生したり

でも

🍓が!!



甘くて

す~っとして

ちょっとうるっときちゃったよ。






母の日
実家帰ってないな~

雑草ブーケあげようかな






だいすきな泥


空がうつるんだよ


開墾すると。



おもしろい は、人を動かす。


だいすき、は、つながっていく


泥くさいなかに
いちごのクリアな甘さがしみる~



裏お蔵で
なんだか、ぴか~ん🌠って光ってた
すすっちともみさん

たたずまいって
くらしそのものが
あらわれちゃう


たんぼなかまと
ともみさんにつめより、、、


ともみさん自作の藍染めつぎはぎもんぺに
くぎづけ


トージバさんたちが
着古してるそれも
ともみさんのだ



おしえてください!

と、でラブコール

さっちんのサロンで
夢のコラボ❤

日本の労働着研究隊員のつどい






ともみさんは
農園を営みつつ
子育てしつつ


何年も
労働着研究
つくっては試し
改良し、、

ひとりで
でっかい志もちながら
目の前ちくちく!


この労働着辞典

概論
各論も
時代ごとの
パターン図すごかった





それを
現代のわたしたちにあわせて

おろす

なんと
ワークショップは今日がはじめてらしい




じぶんのだいすきをまっすぐに
じぶんのだいすきをつくって野良着に
してほしい

いらんもんはつくらない
あるものを再利用して
だいすきにかこまれたい


ともみさんのおもいは
はしはしにデザインされてる


パターンは
浴衣や手ぬぐいでつくれる長細い設計図





しっくりいくまで試着して

すきな布をえらんで

浴衣をほどいて下処理してきたともだちのも
しびれたな~


いざパターン図面つくり

じぶんのからだと向き合い
じぶんサイズをつくる


ちくちく直線縫いしながら

たった一枚の布が
立体になるプロセスのなか


線にも
点にも
曲がりにも
交わりにも
意味があったんだな~と感激!

フリーで縫ってるのに
クロス部分でピタリとはまると鳥肌!

数字って未来のグリッド!!

算数、すばらしい❤


みんなの個性にふれながら
となりに気配をかんじながら
じぶんのゾーンに入っちゃうちくちくてしごと
たのしい。。。



野良着って
道理があう

たんぼ作業の
動作のどれもの
理にかなう


さっちんたちのは
長靴にはいる部分ストレートの
腰紐袴タイプ






野良
のら
のら
野良着

藍だて
杉やひのきではない木のあく
木をまもる
土につたわる
海がかわる

じぶんが惹かれるもの
たったひとつの選択が

じかんをかけて
海にまでつながってる


ただただ
楽しかった~

次回は神崎開催!


わたしは
二択のジャッジが多かった


ジャッジって
悪者にとりあげられるけど


生きるか死ぬかの
アンテナでもあり


いのちをまもるには
だいじな装備



でも
いまは
戦国時代じゃないし



納得できないうちに
なんとなくながれる風潮が
苦手だけど



風潮うんぬんのまえに



じぶんにイエスを


ながされたいときも
口をつぐんじゃうときも
そうしたいからしてるのはじぶん


だれに遠慮なく
その瞬間
じぶんがえらんだことなだけ


すっごいくだらない発狂も

すっごいずるい逃げも


ちっちぇーなー((((*゜▽゜*))))ってことも

はずかしいイタサも


あるならまずはイエスなんだな


ひとの顔色より
じぶんの腹色感じきろう。