応援しあう仲間ができて、人と自分の個性を仕事に変えちゃう教室の作り方

応援しあう仲間ができて、人と自分の個性を仕事に変えちゃう教室の作り方

【個性筆文字協会】
自分の持っている特技で教室をやっている方へ。
見本なし、競争なし、正解なしの今までにないまったく新しい教育方法で
生徒さんが自分で育ち師弟関係を超えた仲間を作る教室運営方法を伝えます。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
● 立ち止まったらゼロ。動きながらなら変化は起こります。

おかげさまで。個性筆文字協会の草刈正年です。

インストラクター講座を受ける方によくある悩みがこれです。

インストラクター講座でお話してくれた、名刺に色んな肩書きがある人は印象に残らない…ってこと、ずっと心に残っていて。

私はなにがいちばんやりたいのかな~と。

なのでこんな状態で個性筆教室やっても中途半端になりそうなので、はっきりさっぱりするまでは募集も開催もやめてみようかなと思ったりしてます。



残念ながら色々できると自分を紹介している人は印象に残りません。

それについては何でもマンにならないというこちらの記事が参考になると思います。

では。なんでもできる自分はよくないのか?

実はそれはちがいます。

むしろ色々できる方が可能性は広がります。ただ、その見せ方にポイントがあるんです。

これについては『色々仕事ができる人は表と裏の顔を持ちましょう』という記事に書きました。



実は僕ももともと教室をお願いされてはじめた人間です。なので自分が何を一番やりたいかわからない人間でした。

なので自分の「何のためにやるのか」なんて大分ありませんでした(笑)

だから僕も同じように悩むことがありました。


その中で僕は悩みながらも続ける選択をしました。すると。生徒さんが僕にやる理由を教えてくれたように思います。

味のある筆文字を書きたいだけじゃない。自分の個性を取り戻したい。自分をもっと表現したい。人に喜ばれる人間になりたい。

やった結果、自分の役割と理由をもらった気がします。


この答えを見つける方法は100万通りの方法があると思います。ただ僕の師匠テンツクマンに教わった方法はこうでした。


「動きながら考えろ!」


立ち止まっていたら変化は0(ゼロ)。

でも動いていたら変化は微力でも起こります。


動きながら考えていきましょうね!

テーマ:
● 活動目的は何をするかより何のためにするかです

おかげさまで。個性筆文字協会の草刈正年です。

現代の世の中は個性筆のように習い事が数えきれないほどあります。

そして、多くの人が複数の習い事をして、それを教える資格を複数持っている方がいると思います。


その中でよく見られるのが、WHAT(何を)で迷うケースがよく見られます。


今日はそんな方からこんなメールが届いたので紹介します。

私は最近自分の活動の目的がよく分からなくなってしまったので、色々停滞中です。

いつもぶれないまささんはすごいな~と思います。



チャンス!

自分の活動の軸を見つけるチャンスですね☆そういう時は自分で考えるのも大事ですが
友達やお客さんなど人に聞いてもらうといいです。



もしくは人の「何のために?」を聞いて回るといいです。


多くの人がWHAT(何を)というところに意識がいきがちです。

『自分は何をするべきなのか、何をしたらいいのか?』

それを選択するのに意識を置いて、選択してもまた迷ってしまいます。


なぜまた迷うのかというと?


WHY(なぜ)に答えられてないからです。

WHAT(何を)よりもWHY(なぜ)に答えられてないと一生この繰り返しになります。

WHATで自分のやることを選んでいると、新しいものを見ると「あれ?なんか今までやっていたパステルはちがうな~。筆文字かな?」とか。

「私の本当にやりたいことはなんだろう?パステルアート?筆文字?コーチング?ヒーリング?」

となってしまうんです。


こちらの図をご覧ください。

個性筆文字協会


今の話しでいくとこんな感じになってます。

しかし、大事なのはWHATではなくWHYです。『何のためにやるのか』の理念がないといつまでも様々なWHATを探し続ける人生になります。

WHATはあくまでWHYを叶えるツールです。

現代はいいのか悪いのか様々な情報が瞬時に手に入ります。そして選択する自由があります。

一昔前までは、「お前は自転車屋に生まれたから自転車やをやりなさい」と自分のやるべきことが決まっていました。

ある意味で、そちらの方が楽だったかもしれません。

『自分で選択して決める』という作業がなかった分、迷う暇もなかったのではないでしょうか。


以下のようにWHATから考えるのではなく。

個性筆文字協会


WHY『何のために』から考えていくと、ツールであるWHATを選べるようになると思います。

個性筆文字協会


WHYによってはWHATは複数あってもいいと思います。WHATを複数組み合わせることでWHYの実現が加速する場合もあります。

WHYが決まっていればそういうことも決められます。


個性筆インストラクター講座ではこのWHY『何のために?』を考えるカリキュラムも用意しています。

WHATは個性筆で決まっていて、HOWを教えるのですが、HOWより大事だと上記の図で思っているからです。


今に迷っている人はWHYに意識を向けてみましょう。

そしてそれは机で考えてもあまり答えは出ません。

人と出逢い、人のWHYを聞いてみてください。すると自分の中から自分のWHYが出てきます。


お互いのWHYを知って応援しあう仲間がほしい人はこちらに参加してみてくださいね。

テーマ:
● 市川海老蔵さんのブログの表示件数が1記事な理由

おかげさまで。個性筆文字協会の草刈正年です。

教室をやる上で、教室業は生徒さんがいないと成り立ちません。なので、生徒さんが来てくれるように発信をしなくてはなりません。

そんな中でその発信をブログを使ってやっている人は多いと思います。

個性筆文字協会でもインストラクターさんにブログを推奨しています。


そして、インストラクターさんがブログを作っているのを見て気づいたことがありました。


ブログ記事の表示数っていくつにしてますか?


例えば、アメブロランキング一位のこちらの方のブログを見てください。

そして次は僕の筆文字教室のブログを見てみてください。


ちがいわかりましたか?

ブログ記事の表示数が海老蔵さんのは1記事になってます。なので、興味を持って読んでいてもいちいち『次へ』を押さないと見れず、ストレスです。

で!ここからが重要です。

もしかしたら「ブログランク上位の人がやっているから同じようにしてみよう!」と思っているかもしれません。

その前に!


「なんでこうしていいるんだろう?」


この質問をしっかり自分に投げかけて仮説で考えてから自分の中に取り入れましょう。

うまくいっている人がやってるから。

なんか見栄えがいいから。

そんな理由では、もしかしたらあなたの大切な読者さんが去っていく原因になるかもしれません。


ちなみに、芸能人ブログは1ページ1記事がほとんどです。僕の仮説だとそれは、アクセス(PV)を増やすためだと思います。

だってせめて1ページに3記事くらいないと、読者さんのストレスですもんね^^;


あなたはPVよりも、読者さんに興味を持ってもらい、記事を読んでもらい、教室に来てもらうことが目的だと思います。

なので、それを考えたブログの作り方にしましょうね☆


ブログ記事の表示数はこちらで変更できます。

個性筆文字協会


『なぜこれをやっているのか?』を考えてやっていきましょうね!

テーマ:
● 初心者でもこの値段で教室先生デビューができます

おかげさまで。個性筆文字協会の草刈正年です。


続々と個性筆インストラクターさんが増えてきて、自分の教室という新たな挑戦をしている人があらわれました。

教室をやるのがはじめてというみほちゃんも、モニター教室をやって自信をつけて、先日ついに仕事として教室デビューをしました。

しかもこの教室はけして安くありません。8000円は普通の教室に比べたら高いくらいです。

でも人を集めて無事に教室をすることができました。

教室、めっちゃ楽しかったです!私(笑)

午後からはじめたのですが、予定時間オーバー。

とても充実した日になりました。

教室参加者が知り合いということもあり、緊張したのは最初だけ。

極意に入り出したら、とっても楽しい(≧∇≦)

参加してくれた人が、楽しかった!って帰ってほしいと思っていたのに、自分がこんなに楽しめるなんて驚きました(笑)


楽しく仕事をして、生徒さん先生も幸せになる時間って素敵ですよね!

今後のみほちゃんが楽しみです!


みほちゃんの教室情報はこちら。ぜひ遊びにいってみてくださいね。

テーマ:
● モニター教室をやる理由

おかげさまで。個性筆文字協会の草刈正年です。

はじめて自分の教室をするのはとっても勇気のいることだと思います。

そこで、オススメしていることがあります。それは…。



モニター教室



例えば静岡県は富士宮のこちらの方も、まったく教室業ははじめてでしたが、先日教室の先生としてデビューしました。

おめでとうございまーす!!

実はこの方もこのモニター教室方式で自信をつけてから教室業を正式にスタートしました。

そしてこのモニター教室でオススメしている2つのことがあります。

それは。


・アンケートを取ること

・写真をとること



アンケートは自分が教室をする際の自信になります。

そして、写真は何に使うかというと。。こちらを見たらわかります。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス