フサキリゾートヴィレッジのプライベートビーチのあるエンジェルピアは、恋人達の聖地になっているみたいです。ピアの先端には鐘があり、恋人同士で鳴らしていました。ここから見える夕日は格別で、拙作、ドリームデスティネーションで歌ったサムイ島の夕日にも負けず劣らずです。

AD

八重山紀行(竹富島)

テーマ:

 

 

 

 

竹富島には、因縁というか強い憧れがありました。その昔、シンガーソングライターの安室光一さんに一緒に行って曲でも作りましょうと誘われたことがあるからです。また、東京、神楽坂のM’sで友人になった束ちゃんのおばあの出身地であると聞いていたからです。束ちゃんは、5月に東京に行ったときに会おうと約束していたのですが、不慮の病気で亡くなってしまいました…。

石垣港離島ターミナルから、ちゅらさん号に乗って15分で竹富島へ、レンタサイクルに乗って狭い島内を一周しました。星砂の浜、コンドイビーチ、安里屋クヤマ生誕の家、途中水牛車と遭遇したりして、ここもまた、タイのサムイ島と同じく夢の目的地だったんだなと実感しました。

束ちゃんに捧げる歌を作ってみたいと鋭意努力している次第でございます。

AD

八重山紀行(川平湾)

テーマ:

 

 

 

 

石垣旅行の定番といえば、川平湾です。見事なエメラルドグリーンの海にグラスボートが浮かんでる風景は、楽園そのものです。湾の奥へ進んでいくと、ほとんど人もおらずより海水は綺麗になります。

インドのビーチリゾートでもそうですが、私は熱帯に行くとフレッシュマンゴージュースを飲みます。川平湾で飲んだフレッシュマンゴージュースは、アジアへの旅を駆り立てるものでした。

AD