前回のブログで、

 

山下泰裕先生が理事長を務める

 

NPO法人柔道教育ソリダリティーについて触れました。

 

 

 

そこで、10月の中国訪問の際に訪れた、

 

南京市にある日中南京柔道友好館について、

 

少し詳しくご報告しておきたいと思います。

 

 

 

この日中南京柔道友好館は、

 

NPO法人柔道教育ソリダリティーが中心となり、

 

2010年に設立された施設です。

 

 

会館当初は、10人弱の会員でスタートしたそうですが、

 

会員は年々増加して、現在は約600人いるという事です。

 

すごいです!!

 

 

 

我々が訪れたたときにもたくさんの人たちが参加していて、

 

その多さにびっくり!

 

500人以上はいたと思います。

 

 

 

 

すごい人数…! もはや私も自分がどこにいるかわかりません…

Look at all the people!  I can't even find myself in this picture...

 

 

この土地で日本の文化である柔道が、

 

たくさんの人に親しまれていることを思うと、

 

とても嬉しく思いましたし、

 

柔道を通じた地道な活動の大切さを改めて実感しました。

 

 

 

南京では、南京櫻花(さくら)小学校にも訪れました。

 

 

 

この小学校では、柔道が授業で行われています。

 

いわば必修科目ということです。

 

これもまた、素晴らしい事だと思います。

 

 

 

櫻花小学校には

 

昨年のリオ五輪90kg級の中国代表、

 

Xunzhao Cheng選手も来てくれていていました。

 

彼は準決勝で日本代表のベイカー茉秋と対戦した選手です。

 

覚えている人もいるのではないでしょうか?

 

 

嘉納治五郎師範の言葉、「精力善用」「自他共栄」の文字が壁に!

The words of Kano Jiguro Shihan, "Seiryoku-Zenyo" and "Jita-Kyoei", written on the wall!

 

 

 

他のナショナルチームの選手たちも参加してくれましたし、

 

無邪気な笑顔がかわいい子たちばかりで、

 

ここでも楽しい時間となりました。

 

 

スポーツの原点は、楽しむことにあると思います。

 

子ども達や大人たちまで

 

たくさんの笑顔に触れることで本当に幸せな気持ちとなりました。

 

 

中国には、大会出場などで何度も訪れたことがありましたが、

 

このように、柔道教室を開いたのは初めてで、

 

競技の最前線とはまた別の部分での柔道の広がりを知ることができました。

 

 

これから私もこうした普及活動に携わっていきたいと思いますし、

 

私の立場で何ができるのか、考え、行動していきたいと思っています。

 

 

 

Super Popular in Nanjing!

 

In my previous blog,

 I touched on the NPO-Solidarity of International Judo Education,

which Yasuhiro Yamashita Sensei is the chief director of.

I want to let you all know about some more details of what happened 

in the The Japan-China Judo Friendship Center in Nanjing.

 

The NPO-Solidarity of International Judo Education played a central role in building 

The Japan-China Judo Friendship Center in Nanjing in 2010.

 

There were less than 10 members when the building was first opened, 

but the numbers gradually increased over the years and are currently up to 600 members!

 

That's so amazing!!

 

We were also really surprised by how many people participated in our lessons when we went there!

I think there were more than 500 people.

 

 

It made me so happy to think of all the people that became closer thanks to the Japanese culture 

that is judo in this place and I once again felt just how important being steady in activities through judo can be.

 

We visited The Nanjing Sakura Elementary School.

At this elementary school, judo is taught as a class.

So it's basically a required subject.

I think this is so awesome!

 

Mr.Xungzhao Cheng, who participated in the 90kg weight class 

competitions on the China team in last year's Rio Olympics, went to Nanjing Sakura Elementary School.

 

He was the athlete that competed against Mashu Baker from the Japan team in the semifinals.

Does anybody remember?

 

 

I really enjoyed my time because other athletes from the national team participated as well and I got to see the smiles on the innocent children's faces.

 

I think the true origin of sports lies in having fun.

 

It was a really happy feeling coming into contact with so many smiling children and adults.

 

I'd been to other competition grounds in China,

 but this was the first time holding judo lessons like this.

 I was able to learn of a completely different part of the popularization of judo than at the world-class level of competition that I'm used to.

 

I'd like to think about how I can do my part as well and take action to assist in the spread of judo's popularity.

 

 

AD