ダンスやメイクはお手本を探してYoutubeを観ることもあります

 

 

世界選手権、お疲れ様でした。今はどんな気持ちですか?

「世界選手権のショートは、ちょっと悔しい演技だったんですけど、その分フリーでは、その悔しさは晴らせたかなと思います。ひとつの試合としては、終わりが良かったので、まずまずだったかなという感じです」

 

今回のメイクと衣装について教えてください。

「ショートはタンゴとはいえ、メイクはあまり濃くなりすぎないように、ナチュラルな感じを意識していたんですけど、振り付けの先生に、つけまつ毛、付けてみてって言われて。それからちょっとだけ目尻とかに付けるようにしました。さらに、タンゴ専門の先生にどんなメイクが良いかというのを聞いて、ホリが深く見える、強めのメイクを教えてもらったり、自分ではやり方がわからないので、youtubeで動画を見ながら、見よう見まねでやってみたりしました」

 

youtubeを観ることもあるんですね。今回はタンゴでしたが、このテーマでやろうと決める、きっかけはありますか?何からインスピレーションを受けるのですか?

「いつも最初に曲を決めるんです。街中でたまたま聴いた曲をいいなと思ったり、一番多いのは、他の選手がすべっている曲を聞いて、ああ、この曲いいなと思ったりします」

 

かぶったりしないですか?

「たまにかぶります(笑)」

 

いい曲は取り合いになりますね。

「私、コーチ、振り付けの先生と3人で曲を決めたら、今度は振り付けをしながら衣装も考えます。いろいろなイメージビジュアルを見ながら、アイデアをだしあって、その過程でメイクもいろいろと決めていきます」

 

今回の衣装で一番こだわった部分は何ですか?

「エキシビションの衣装ですが、今まで着てきたものとはタイプが違うというか、本当のシルク ド ソレイユっぽいリボンを巻きつけたようなデザインで、そこが一番気に入っています」

 

あの“はごろも”を持つのはご自身のアイデアですか?

「あれは振り付けの先生のアイデアです。衣装さんに作ってもらいました」

 

宮原選手の動きと呼応するようにゆらゆらと揺れて、とても幻想的で素敵でした。

 

 

 

食事制限はしていません。

パイナップル、ヨーグルト、チーズが好きです。

 

 

宮原さんはいつもスリムで美しいですが、普段の食生活で気にしてることはありますか?

「ちゃんと栄養を考えた料理を食べるようにはしていますが、あまりカロリー制限はしてないです。バナナと牛乳が嫌いなのですが、パイナップル、ヨーグルト、チーズが好きです。あと、試合が終わったら、食べたいだけ食べるという日を作っています」

 

そういうときは何を食べるんですか?

「だいたい試合の最後の日に選手が集まるパーティーがあるので、そこのバイキングでひたすら食べます(笑)」

 

お肌も透明感があってとても綺麗ですね。普段のスキンケアで気をつけていることはありますか?

「一応化粧水と乳液だけは、寝る前につけるようにしています」

 

コーセーの商品で好きなブランドとかアイテムはありますか?

「ジルスチュアートが可愛くて好きです。香りも好きです」

 

ありがとうございます。キラキラとした宮原選手の雰囲気にぴったりですね。

 

この度は、コーセーのアンバサダーになっていただき、ありがとうございます。

ファンの方に一言お願いします。

「これからまた新しいシーズンに向けて色々な練習や挑戦をしていくと思うんですけど、

また違った自分を見せられるように頑張っていくので、応援を宜しくお願いします」

 

聡明な雰囲気と、妖精のようなピュアな面と、様々な表情で魅せてくれる宮原選手。

キャリアに加えて、その多面的な魅力で、ますますファンを増やしていって欲しいですね。