平成29年度ZEHビルダー実績報告

 

弊社では平成28年~31年度まで受注した住宅の30%、

平成32年度には50%をZEHとする目標を定め

ZEHの普及に努めています。

 

平成29年度に於きましては、目標の数値(30%)を上回り

50%をZEHで受注させて頂きました。

 

今年度はさらにお客様へのZEHの普及に努め

目標を達成できるよう努力してまいります。

 

[ZEHビルダー登録時の普及目標]

平成30年度 **** 全受注数の30%

平成31年度 **** 全受注数の30%

平成32年度 **** 全受注数の50%

 

 

ZEHの周知・普及に向けた具体策

 

ホームページを利用し自社のZEH普及に対する

取り組みを掲載していきます。

ZEHを建てることで得られるエネルギー削減効果、

健康効果、イニシャルコストに対する

ランニングコストのお得さを実感していただくために、

自社既築のゼロエネルギー住宅の
エネルギー使用量等をわかりやすくまとめて

お伝えしていきます。
また実際にゼロエネルギー住宅を体感し、

その良さを実感して頂くのがZEH普及の近道であると考え

既築の物件を訪問、ご案内させて頂きたいと考えております。

 

ZEHコストダウンに向けた具体策

 

基本計画段階でシンプルかつ

コンパクトな設計を心掛けます。

敷地条件、方位などから建物の適正な配置を行うことで

太陽光や風の力をうまく取り入れ利用し

過不足無い設備、開口部の仕様を検討することが出来ます。

 

また、基本的な寸法で間取りや柱位置等検討し既製品、

規格品を使用することでコストダウンを図ります。

 

 

その他取り組みなど

 

既存の取り組みに満足することなく、

積極的に研修や勉強会に参加し
ZEHに対する意識を高めより良い住宅を

ご提供できるよう努めて参ります。

 

 

自宅の電気料金をまとめてみました。

竣工してからの10ヶ月分ですが

 

太陽光発電は5.18kw載せていて

屋根は南東向き。

南向きが発電効率100%とすると

南東・南西は95%程と言われています。

 

表の買わずに済んだ電気、というのは

発電した電気を家庭で消費した分のこと

 

春から発電量がぐっと増えたおかげで

この6月で売電量が買電量を上回りました。

ほんのすこーしですがニヤリ

でもこれで光熱費ゼロ達成ですOK

 

売電単価も下がり続けていることもあり

(2016年は33円でした)

少し前までは売電収入も

大きなメリットでしたが

今からは電気を自給自足することが

太陽光導入の目的なのだと

数字を見て実感しました。

 

以前このブログでも書きましたが

アパートに住んでいるときは

電気・ガス・灯油などで

年間25万円もかかっていたのに

今や光熱費ゼロになったことを思うと

ほんとうにすごい。

家族もよろこんでいます拍手

一汁一菜

テーマ:

毎日夕方5時頃になると

「夕飯何にしよ・・・」と

そわそわし始めます。

 やはり平日の夕飯づくりは少々憂鬱。

時間がある日はなるべく一汁三菜に。

最近は内容さえよければ

一汁一菜でもいいのでは・・と

思い始めています。

 

おかず1品なんてテーブルの上が

寂しいような気もしますよね

 

ところが現代の飽食の状態が、

肥満や生活習慣病など

日本人の健康を害しているという事からも

一汁一菜はむしろ良い意味で捉えられていて

「健康に良い食事」として着目されているそう。

 

 

平日は一品だけ

がんばって作るようにしています。

(あとは炒めるか茹でて和えるか・・・)

先日はこれ。しいたけの肉詰め。

 

 

もう、なんにもしたくない日は

丼でごまかそうとしてます

私は卵が乗っていればなんでも

おいしく見えちゃう病。

 

ひどいときは焼きそばにご飯の炭水化物祭り。

食べ盛りの息子は喜ぶのですが・・・

 

家族の健康を預かっているので

バランスよくおいしい食事作りが目標です。

現場検査

テーマ:

今日は小松市の物件で

瑕疵担保責任保険の現場検査がありました。

瑕疵担保責任保険では現場検査が2回あり、

1回目は基礎配筋(鉄筋)の検査

2回目は柱や梁の接合部に設置された金物や

バルコニーの防水、屋根やサッシ廻りの雨仕舞など

完成後に見えなくなってしまう部分の検査を受けます

今回の検査も、問題なくスムーズに終わりました!

 

 

 

石川県では

「いしかわ住まいの省エネパスポート制度」

という省エネ性能に優れた住宅の整備を促進し、地球温暖化対策に貢献することを目的とした制度があります。

 

弊社では、「エコ住宅アドバイザー」の

認定を受けた2名が当該住宅を評価・確認し鉛筆

省エネパスポートの発行業務を行います。

 

省エネパスポートは、

住宅の省エネ性能を5段階で表示し、

星の数が多いほど省エネ性能が

高い住宅となりますきらきら

 

 

省エネパスポートで

最高評価である5つ星評価を受けた住宅は

石川県の「エコ住宅整備促進補助金」として

10万円の補助を受けることが出来ます。

 

補助金の申請は事前申込で

建築確認済証の発行が

平成29年4月1日~12月31日の場合は

発行日から30日以内に補助金の

申し込みが必要です。

 

平成29年度よ上記補助金の見直しがあり

平成29年3月31日までに建築確認済証の

発行を受けている工事は

平成29年6月30日まで事前申し込みができ、

すでに竣工済みの物件でも事前申し込みを

省略して実績報告として申し込みをすることが

出来るようになっています。

 

県のホームページに載っていますので

ご興味のる方、

ぜひご活用いただければと思います。

 

いしかわ住まいの省エネパスポート

https://www.pref.ishikawa.lg.jp/ontai/pp/shouene_passport/index.html

エコ住宅整備促進補助金

https://www.pref.ishikawa.lg.jp/ontai/pp/ecojyuutaku_seibi.html