唾液検査の結果の体験報告 | 香坂歯科医院

香坂歯科医院

山口県岩国市南岩国の歯科医院 香坂歯科医院のブログです。

おくちの健康に関することから、当院の日常まで、幅広く発信していきたいと考えております。


テーマ:

こんにちは、受付の秋友です。

ようやく、唾液検査の結果の体験報告ができます。

恥ずかしながら、私はあまり自分の歯に自信がありません。

ですが、唾液検査と結果とその対策をきくことで前向きになることができました。

今回はその体験についてお伝えしていこうと思います。

 

遡ること、2年前の年末に唾液検査を行いました。

そこから、担当の先生と衛生士さんが、私のために対策を練ってくれました。

 

 

たくさんメモがしてあります。これは患者さんにはお見せすることのないメモだと思います。

お願いして見せてもらいました。

何が原因でむし歯になるのかということを考えながら、患者さんそれぞれに合った伝え方の準備がここにつまっています。

 

いよいよ結果を担当の衛生士さんからききます。

カリオグラムというソフトに唾液検査の結果を入れていきます。

 

 

このソフトを使うことで、結果が円グラフとなって目に見える形になります。

そして、円グラフを見ながら説明をしてくれました。

 

衛「秋友さんの場合は現状のままでは、10年間のうち9年間はむし歯で悩む可能性があります。」

私「それは、困ります。」

衛「食事の回数や唾液の量はすぐには変えにくいですよね。」

私「そうですね、食べることが好きです。」

衛「それではフッ素の適正な使い方と、フロスを頑張ることでこんなにも変わります」

私「す、すごい!」

衛「さらに、フッ素洗口液を使うと…」

 

 

私「67%まで!?これはすごい!!」

衛「頑張れそうですか?」

私「やってみます!」

衛「一緒に頑張りましょうね!」

 

この結果を受けてやるかやらないかは患者さん自身に委ねるしかないですが、

「一緒に頑張りましょう」という言葉をかけてもらえて「一人じゃないんだ!頑張ってみよう!」と勇気づけられました。

この結果はプリントアウトして患者さんにお渡ししてますので、私もおうちの見えるところに貼って、モチベーションを維持してます。

ただ、私が飽き性なのでフッ素洗口がおろそかになってしまっておりますが、フロスは継続しています!

担当の衛生士さんに応援してもらおうと思います。

 

分かりにくい体験レポートですが、気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。

香坂歯科医院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ