口腔内の健康から 全身の健康へ | 香坂歯科医院

香坂歯科医院

山口県岩国市南岩国の歯科医院 香坂歯科医院のブログです。

おくちの健康に関することから、当院の日常まで、幅広く発信していきたいと考えております。


テーマ:

皆さまこんにちは、院長の香坂です。

 

おひさま香坂歯科の今年一年さて今年の医院のスローガンは

 

「口腔内の健康から 全身の健康へ」です。

 

簡単に解説すると、歯周病(歯周病原菌による歯ぐきや歯を支える骨の炎症)神経を取った後の歯の根の感染などお口の中は慢性炎症の温床となりやすい場合があります。

 

口腔内の細菌や炎症の結果出てくる悪玉たんぱく質が心疾患・糖尿病・菌血症 ・アルツハイマー・脳内血管症障害を引き起こします。

したがって口腔内の環境を整えることが、健康寿命を延ばすことに直結するのです。

 

また加齢等によるお口の機能低下(噛めない・飲み込めない・誤嚥するなど)で肺炎や栄養不良からの全身的虚弱にも直結します。

 

このことをしっかりと皆様にお伝えして、予防・治療を実践していかなくてはなりません。

私どもが言うことはこの数年変わっていないのですが、今年は実践と啓発を確固たるものにする一年にしたいと思います。

 

 超高齢化社会においてこのような目的を達成するには、様々な職種の方との連携が必要なことが多くおあります。

医師・看護師・薬剤師・言語聴覚士・介護士・ケアマネージャー多くの方との情報のやり取りをすることも少なくありません。

歯科業種の中では歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士の方と毎日情報の共有をしています。

 

皆さまが診療室で接するのは歯科医師や歯科衛生士が主だと思いますが、極めて大きな役割を果たしてくれているのが歯科技工士という職種の方です。

歯科技工士は金属やセラミックの詰め物や入れ歯を作る専門職です。

失った歯の質、咬み合わせを構築するは詰め物や入れ歯、ブリッジという人工物でそれを作成してくれる歯科医技工士さんがいなければ上記の理念を遂行することはもちろんできません。 

 

 来月2月15日から、歯科技工士(高杉真宙さん)が主役で、歯科医療現場を舞台にした青春映画「笑顔の向こうに」が全国イオン系シネマでロードショウされます。

医療ドラマ・映画は酢酸作られ多くのヒットを生んでいますが、今まで歯科業界を舞台にした映画はなかったと思います。

 

それだけに歯科技工士さんの仕事、歯科医療現場がクローズアップされること大変うれしく思っております。その映画は昨年モナコ国際映画祭で最優秀作品賞を受賞したそうで公開を大変楽しみにしております。

 

 

本年も歯科チームと医科のチームと連携を取りながら皆様の健康を守るお手伝いをさせていただきたく思います。 何卒よろしくお願いいたします。

香坂歯科医院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス