歯の一部分が白い | 香坂歯科医院

香坂歯科医院

山口県岩国市南岩国の歯科医院 香坂歯科医院のブログです。

おくちの健康に関することから、当院の日常まで、幅広く発信していきたいと考えております。


テーマ:

みなさんこんにちはウインク歯科衛生士の重永です。

 

先日、検診に来てくれた小学生からこんな質問をいただきました。

「周りより白くなっている歯があるけど、何ですか?」

 

実際に診てみると、写真の様に一部分ですが白く濁ったような状態でした。

 

(写真:歯の硬組織・歯髄疾患 保存修復・歯内療法/医歯薬出版 より抜粋 実際の患者さんの写真ではありません)

 

一般的に“虫歯”と言われると黒くなって穴があくというようなイメージが強いと思いますが、この白く濁った部分、実は白濁といって脱灰=酸によって歯のカルシウムやリンなどが溶かされ、虫歯の始まりの状態なのです。

 

この時点ですぐに治療は必要ないことが多いですが、放置してしまえば治療しないといけないので、ホームケアにフッ素を取り入れるなど再石灰化を促すことはもちろん、虫歯を作りやすくしてしまっていないか生活習慣を見直すことも大切です。

 

白濁は知らなければなかなか気が付けないことも多いので、ぜひ定期的に検診でのチェックをさせて下さいね!

香坂歯科医院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス