仮歯の役割 | 香坂歯科医院

香坂歯科医院

山口県岩国市南岩国の歯科医院 香坂歯科医院のブログです。

おくちの健康に関することから、当院の日常まで、幅広く発信していきたいと考えております。


テーマ:

こんにちは。

歯科助手の倉光です。

 

行楽にも食にもとてもよい、過ごしやすい季節になりました。

みなさん、秋を満喫されていますか?

 

今回は、仮歯についてお伝えします。

 

治療期間中、仮の歯をつけることがありますが、

「なぜ仮歯をつけるの?」

「仮歯の役割って何?」

と疑問に思ったこと、ありませんか?

 

仮歯とは、

歯を削ってから最終的に出来上がるクラウン(かぶせもの)などの補綴物が入るまでの間に装着する、仮の歯のことです

 

 

この仮歯は治療のたびに外すため、弱いセメントで付けてあります。

 

仮歯の役割は、

おおまかな見た目や機能を補います。

    

・周囲の歯が少しずつ移動したり、歯茎の位置が変化するのを防ぎます。

 

・前歯など、歯がないと見た目の印象が悪くなりますが、仮歯を入れることで見た目を保ちます。

 

・治療期間中でも、いつも通りに話をしたり、笑顔になることができます。

 

・硬いもの、粘着性のあるものを避ければ、治療前と同じように食事をすることもできます。

 

ですが、仮歯はあくまで治療中の処置です。

 

最終的な被せ物と違い強度がないため、仮歯をそのままにして治療を中断しないよう、頑張って治療を続けていきましょう。

香坂歯科医院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス