古流松藤会のブログ

古流松藤会のブログ

古流松藤会会員の皆様へのお知らせです

正教授【現代華】

 さんきらい 適量

 スイートピー 3本

 レザーファン 2枚

 

 さんきらいにメリハリをつけて、レザーファンで奥行きも

 つけられるでしょう。3本のスイートピーの位置も工夫を

 してください。

 

 

1部・2部【現代華】

 うんりゅう柳 適量

 赤ドラセナ 1本

 ガーベラ(黄) 2本

 1部・2部…共通

 

 うんりゅう柳のかためる部分を作る場合、きれいにまとめて

 かたまりの中にも空間ができるように。また、根元の方の

 太い枝線の使い方にも気を配りましょう。

 

 

3部・4部【現代華】

 さんきらい 適量

 ドラセナサンデリアナ 1本

 デンファレ 2本

 3部・4部…共通

 

 3種の花材の調和を考えて、色の美しさを出しましょう。

 剣山生けの場合、デンファレが倒れやすいので、根元に

 添え木をする等して倒れないように上手に止めてください。

 

 

5部・6部【現代華】

 ユーカリ 適量

 かすみ草 適量

 ガーベラ 2本

 5部・6部…共通

 

 ユーカリをあまり大きくすると、他とのバランスが取れなく

 なります。かすみ草と共に強弱を作って全体の調和を考えて

 ください。ユーカリは一部分の茎の葉を取って線として

 見せることもできます。

 

 

7部・8部【生花】

 アイリス 5本

 《真型》

 7部・8部…共通

 

 あまり撓められませんが1本1本をよく見て、どこに使うかを

 決めてください。生け終わってから葉の整理をして、適度に

 カットしましょう。葉の1枚を全部取ってしまって寂しいと

 思う時は自然に近い形に途中でカットしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

副総司上席【現代華】

 うんりゅう柳 適量

 他1種自由配材(各自持参)

 

 うんりゅう柳は細い枝があばれていると思いますので、

 十分に手を加えて強弱や持参花材との繋がりを

 よく考えてください。

 

 

副総司【生花】

 さんごみずき 11本

 《真型》

 

 ゆったりとした伸びのある撓めを心掛けて。

 時間が経つと撓めが戻りますので、皮をほんの少し切って

 おいても良いでしょう。流し・受の撓めは一ヶ所で折れた

 ようにならないよう気を付けましょう。

 

 

副総司次席【現代華】

 さんきらい 適量

 スプレー菊 1本

 レザーファン 2枚

 生け込み時間…1時間15分

 

 三種の花材が調和が取れているように考えながら、空間の

 働きを作ってください。スプレー菊は分けて使うことが

 できるかもしれませんので、小さな蕾も上手に利用して

 ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月2日(金)4日(日)

10時~18時(最終日は15時まで)

入場無料

 

文京シビックセンター1階

「ギャラリーシビック」、「アートサロン」にて

 

文京区秋の文化祭 第71回華道展が開催されます。

 

古流松藤会からは家元・会長含め

7名ほどが出品しております。

 

皆様、是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正教授【現代華】

 のばら 適量

 スターチス 2本

 スプレー菊(黄) 1本

 

 のばらは実の付き方等が、それぞれで異なりますので、

 メリハリをつけて空間を作ってください。

 スプレー菊は1本を分けて使うことができるでしょうから、

 スターチスとの色の調和を考えましょう。

 

 

1部・2部【生花】

 はらん 9枚生け

 《真型》

 (10枚渡し)

 1部・2部…共通

 

 右葉、左葉の決まりがありますから、先ず間違えないように

 しっかりと確かめてください。茎のところで多少は撓め

 られますが、1枚1枚の葉の振りを見て、スッキリとした

 生花の形にしてください。

 

 

3部・4部【現代華】

 はらん 4枚

 デンファレ 2本

 かすみ草 適量

 3部・4部…共通

 

 はらんで上手に空間を作り、かすみ草もメリハリを

 つけましょう。剣山を使用する花器の場合、デンファレは

 倒れやすいので足元をしっかりとさせてください。

 

 

5部・6部【生花】

 菊 7本

 《真型》

 生け込み時間…1時間

 5部・6部…共通

 

 撓める時に葉の付け根を握ると葉が折れてしまいますので、

 気を付けましょう。花は7本の定位置にきちんと見える

 ように。葉が重なって重い時は整理をしてください。

 

 

7部・8部【現代華】

 のばら 適量

 スターチス 2本

 ガーベラ(黄) 2本

 7部・8部…共通

 

 のばらを伸ばすところ、まとめるところを作って。

 ただ、あまり大きく伸ばすとスターチスやガーベラとの

 調和が取れなくなりそうですから、全体のバランスをよく

 見て大きさを決めてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

副総司上席【生花】

 さんごみずき 11本

 《真型》

 

 撓められる花材ですから、きちんとした生花の形を

 心掛けてください。小さな横枝の整理にも気を付けて、

 全体のバランスを見てスッキリとさせましょう。

 

 

副総司【現代華】

 のばら 適量

 旭はらん 3枚

 ガーベラ(黄) 2本

 

 旭はらんは面を強くしたり、線で空間を作ったりできますが、

 あまりわざとらしい曲がりをつけないように。

 のばらと共にメリハリをつけるよう考えましょう。

 

 

副総司次席【生花】

 オクロレウカ 5株

 他1種自由配材(各自持参)

 小品生花(40×40×高さ60cm以内)

 生け込み時間…1時間15分

 

 形に決まりはないので、オクロレウカを真にしても、

 持参花材を真にしても良いのですが、大きさに気を付けて。

 小品らしい作品にしてください。