古流松藤会のブログ

古流松藤会のブログ

古流松藤会会員の皆様へのお知らせです


テーマ:

正教授【生花】

 水仙 5本

 《真型》

 伝承技法

 

 葉のねじれはしっかりと取ってください。

 また、花も全部をつけたままにせずに全体のバランスを見て

 整理してください。葉先までしゃくれたような撓めにしない

 よう、スッキリとさせましょう。

 

 

1部・2部【現代華】

 さんきらい 適量

 レザーファン 2枚

 スイートピー 3本

 1部・2部…共通

 

 各花材の色が働き合って特徴が出せるよう、アイディアに

 富んだものにしてください。レザーファンの大きさにも

 よりますが、本数が少なめですからあまり大きく作り過ぎ

 ない方が良いかもしれません。

 

 

3部・4部【生花】

 水仙 3本

 《真型》

 伝承技法

 3部・4部…共通

 

 3本の間の取り方は5本より難しいと思いますが、

 窮屈にならないように。でも、足元は締めてください。

 葉先の撓めに気を付けて伸びやかなものにしましょう。

 

 

5部・6部【現代華】

 さんきらい 適量

 ドラセナサンデリアナ 1本

 デンファレ 2本

 5部・6部…共通

 

 さんきらい、デンファレは剣山に挿す場合、倒れやすいので

 足元に気を付けてしっかりと支えてください。

 ドラセナは分けて使うこともできるでしょう。

 それぞれの素材の繋がりを考えてください。

 

 

7部・8部【生花】

 アイリス 5本

 《真型》

 7部・8部…共通

 

 1本1本それぞれの花の向きも見て、また適宜な葉の

 整理も必要でしょう。あまり撓めてしまうとスッキリさが

 出ませんが、5本の間をゆったりとさせて伸びやかに

 入れてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

副総司上席【生花】

 水仙 5本

 《真型》

 伝承技法

 

 葉のねじれをしっかりと取り、花の高さや5本の

 バランスも見て。糊や針金を使う場合でも、

 わざとらしい撓めにならないよう気を付けましょう。

 

 

副総司【現代華】

 さんきらい 適量

 水仙 2本

 小品(40cm立方以内)

 生け込み時間…1時間15分

 

 大きさに注意してください。

 ただ小さいというだけではなく、小品の中でも

 メリハリや空間を作り美しさを出しましょう。

 

 

副総司次席【生花】

 水仙 5本

 《真型》

 伝承技法

 

 水仙らしい伸びのある形で、ハカマの長さも揃えて、

 足元をすっきりさせましょう。

 深めの花器を使ってハカマが隠れてしまう事がないよう、

 花器にも注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

「いけばな×百段階段2018」

9月21日(金)~11月21日(水)

※木曜日休館

10時~17時(最終入館16時30分)

 

ホテル雅叙園東京にて

 

入場料、アクセスなど詳しくはこちら↓

いけばな×百段階段2018

 

東京都指定有形文化財「百段階段」を舞台に

日本いけばな芸術協会所属流派が、

いけばなを展示しております。

古流松藤会の出品10月19日(金)~24日(水)です。

 

また、10月18日(木)は休館日ですが、

14時頃より正面玄関にて家元による公開制作がございます。

 

期間中、正面玄関には上記作品を展示。

「百段階段入口エレベーターホール」「十畝の間」にも

作品展示がございます。

 

皆様、是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

10月16日(火) 11時03分現在

 

11月30日(金) 午前の部(10時30分~)は

満席となりました。

 

受講をご希望の方は、

11月30日(金) 午後の部

12月 1日(土) 午前の部・午後の部

12月 2日(日) 午後の部を

お申込みください。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

11月30日(金) ①10時30分 ②14時

12月 1日(土) ③10時30分 ④14時

12月 2日(日) ⑤10時30分 全5回

 

古流アカデミーにて

 【第13回 古流生花講座】開催いたします。

 

受講料:5,700円(税込)

出席点:60点

 

1)家元講義    「小品生花の魅力」

          スライドによる展示作品解説

2)制作実演    新春の生花

3)実技解説と実習 水仙の一本生け「抜出」

 

(受講者は筆記用具および実習での花鋏等ご用意ください)

 

地下1階にて参考作品の展示もございます。

 

①~⑤まで、各回とも同じ内容です。

希望の日時を選択し(必ず第2希望まで記入)、

「現金書留」か「郵便振替」でお申込みください。

※電話によるお申込みはできません。

 

各回定員が決まっているため、事前申込制になっております。

申込日以外の日時には出席できません。

※日時の変更はできませんので、ご了承ください。

 

既に受付を開始しております。

日時によっては、すぐに満席となる回もございますので、

お早めの申込をお願いいたします。

 

 

 

 
 
 
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス