ロールケーキの日 | 古流望の創作風景

古流望の創作風景

作家 古流望のブログです

気になったニュースやネタになりそうな情報
創作の為の資料などを公開

『6月6日はロールケーキの日! 大人気ロールケーキ、そしてロールケーキゆかりの地とは?

https://tenki.jp/suppl/tomo_kouda/2015/06/05/4111.html

ふわふわのスポンジに、フルーツや生クリームなどがたっぷり詰まったロールケーキは、子どもからお年寄りまで幅広い世代に親しまれている人気のスイーツ。
ケーキ店だけでなく、最近ではコンビニでもハイクオリティなロールケーキを気軽に楽しめるだけあって、その人気は衰えることをしりません。
今回は、女性なら誰もが大好きな「ロールケーキの日(6月6日)」にちなみ、ロールケーキにまつわるお話をご紹介します。(後略)』

 

 

日本はお菓子大国です。

洒落や冗談を抜きに、データ的にそうなっているのです。

 

その中でも、洋菓子というのはヨーロッパの目ぼしい国と比較しても引けを取らないぐらい消費されている。

 

だからこそ、元々はヨーロッパ発祥だったスイーツが、日本で独自に発展した例は多々あります。

 

ロールケーキもその一つ。

 

諸説あるのですが、元々は19世紀のドイツ辺りで生まれたとされています。

スイス発祥とも言われますが、十九世紀ぐらいはスイスやイタリアの方が”お菓子先進国”でしたし、ドイツの南の方の人間がスイス風のケーキと言い張ったのではないかと推測してます。

ブッシュドノエルというものもあり、ケーキ生地でクリームを巻くというのは当時としては当たり前に生まれる発想だったのだろうと思います。

 

このロールケーキ、日本では本当に多様な進化をしてまして……

アンコを巻いたものなんて、最早和菓子か洋菓子か判断できないというね。

 

昨日、六月六日がロールケーキの日だったこともあり、記事を書いてみました。

 

最近ではコンビニスイーツも一つの文化として定着している模様。

ロールケーキも、更に多様化していくのだろうと思うと、ワクワクしませんか?

 

しますよね。

 

しなければおかしい。

 

ビバ、スイーツ!!

 

 

 

 

 

良ければクリックしてくださいね↓


人気ブログランキング