超宣伝!! 三日月ぶどう | 古流望の創作風景

古流望の創作風景

作家 古流望のブログです

気になったニュースやネタになりそうな情報
創作の為の資料などを公開

『70房が午前中で完売 三日月高原ぶどう収穫期 佐用

https://www.kobe-np.co.jp/news/seiban/201909/0012676694.shtml

 昼夜の寒暖差から生まれる強い甘みが自慢の「三日月高原ぶどう」が、兵庫県佐用町南広地区で収穫期を迎えている。生産者らは日が昇る前から収穫作業に汗を流し、出荷にいそしむ。

 40年以上前から栽培が続く同地区。標高は350~400メートルあり、日当たりと水はけのよい斜面はブドウの栽培に最適。毎年甘くて大粒の実がなり、町内外から人気を集めている。(後略)』

 

 

旧三日月町。町村合併で佐用町となったここは、結構前からぶどうを生産している農家の方が居られます。

 

そこで今年もぶどうが出来ました…というニュース。

 

記事にある70房のうち、ひと房はうちです。

美味かったですよ。本当に。甘味があって、皮もツルンと向けるし、食べやすい。

自分が食べたうえで、ホント美味しかったから宣伝しておきます。

なんていうか、ジューシー。果汁たっぷりで、お手拭きが必須ですよ。

 

旧佐用郡、現佐用町であるところの、古い町名は

三日月、上月、南光と、佐用。

佐用も昔は五月夜と表記してました。

並べてみると分かると思いますが、これ全部夜の情景なんですよ。

 

勿論、謂れもあります。ここで書くと長くなるし話がそれるので書きませんが、まあ古事記の時代からあった町(ってか村)だという話。

 

それに比べると、ぶどうってのは最近の特産物ですわ。

千年単位の昔と比べると、ン十年なんて最近ってだけなんですけどね。

 

皆さんも、折角の秋の味覚、堪能してみてはどうでしょうか。

 

良ければクリックしてくださいね↓


人気ブログランキング