小顔非対称骨気(コルギ)&開脚&子宮卵巣セラピー(カルサイネイザン)

ときめく小顔造りの骨技メソッド 優手骨氣®
究極のデトックスメソッド 女性機能回復デトックス(カルサイネイザン)&氣内臓(チネイザン)美構造開脚 おまたぢから®︎ 姫ごとマッサージ

東銀座から徒歩30秒。


テーマ:
いつもブログを覗いてくださりありがとうございます。



おまた、おまたと話しつづけてもう3年目?


今日は私のウンチ事情を知って頂きたく…


え?


そんなん、いらんて?


まぁ、そういわんと、お付き合いくださいな。


で、


我が家のトイレ、


こんな感じでございます。




ハイ!


{CC13832F-FFF9-4A8F-9E63-41023414FCC2}

本だらけ〜


って


そこちゃうし。


そ!


レンガを積んでおります。


こちらにおみあしを置いて、いたしまするのでございますます。


そうするとね。


腸の機能に基づいた正しい姿勢になり、

自然に用を足すことができる!



マジか!
Σ( ꒪□꒪)‼



ドイツ人の研究者だって、指摘している。




マジか!
 。・*・:=͟͟͞͞( ⌑⁑)






ドイツ人の腸学者エンダーズ博士によれば、洋式トイレで用を足すのは効率が悪いとな。


そもそも、腸の閉鎖機構は、座っている時や立っている時に「ハッチが完全に開く」ようにはできていないやと。


つまり、捻れたホースのようなものらしい。


排便に相応しい姿勢とはしゃがんだ姿勢がベスト!


{D105696A-07E7-4AE8-96A7-15584BCE9AD8}



そう、つまり和式スタイル!



これならはるかに自然で、お尻に圧力を掛けずに済む!



これで我が家は便秘知らずです。


お腹も硬くならないし、快適♡


世界にはしゃがんで排便する人が12億人いると言われてて、

こうした人たちを研究したところ、憩室症(大腸などに風船状の袋ができる症状)がほとんどなく、便秘も少ないことが判明した。


憩室から炎症を起こしてお腹を30センチ切り開くな〜んて、なんないようにね。
(誰のことか、分かるかしら…笑)



みなさま、是非やってみてね!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

骨気と子宮ケア∞Endo yuca∞オフィシャルblogさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント