日本人の進路

左翼全体主義(共産主義)国家化が進む日本。保守と思っていた安倍晋三は反日左翼である。安倍晋三を保守と思い込んだ愚かな自称保守が、安倍晋三とともに、日本を亡国へと導いていく。

朝鮮人に情報を支配された国家・日本

 

 

 

   日本が好きな方はクリックをお願いします 
人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

************************
 

 

http://ameblo.jp/kororin5556/entry-12279535680.html

朝鮮人に情報を支配された国家・日本

 

 

 

 

 

 









 「朝鮮人の属国」に堕してしまった日本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






北朝鮮工作員(北朝鮮人)



日下公人


日下公人001




日下公人004









本多勝一

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



筑紫哲也

 

 

 




田原総一郎

 

 

 

 

 

 

 




福田和也


原武史



井筒和幸




宮崎哲也



香山リカ



福島瑞穂




辻元清美

 

 

 

 

 

 




太田光   漫才芸人(「爆笑問題」)

 

 

 

 

 

 

 

 




姜尚中

 

 

 

 




古田博司




宮台真司




堂本暁子





大澤真理









+++++++++++++++++++++++++






中共工作員


  石平


石平001




石平002
















****************************




mixiコミュニティ

http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=3205302&id=38358202



51 「北朝鮮工作員」日下公人や「中共工作員」石平の暗躍を傍観視する中西輝政の狙い


2008年12月29日 09:00







日本国籍を、日本居住の朝鮮人のみに例外的に大バーゲン・セールよろしく与えてきた戦後六十年以上の、“対朝鮮人土下座” 政策のツケはとてつもなく大きい。  なぜなら今日の日本は、朝鮮人に情報を支配された国家となったからである。朝鮮人に跪いて“お説を拝聴”する日本人の日常は、日本国が「朝鮮人の属国」に堕してしまったことを意味しよう。 

主権国家とは、情報における独立が絶対要件であるから、今日の日本とは主権喪失情況にあるとするが、現実認識において正確だろう。しかし、日本人は脳天気で、日本の実情の深刻さにいささかの憂いどころか、関心すらもない。情報を外国人」に占有されてなお、危機意識ゼロの日本とは、精神において亡国寸前の末期情況にあり、ローマ帝国の滅亡直前よりはるかに事態は深刻である。  









一,朝鮮人が流すテレビ情報に、膝を屈して拝聴する「朝鮮の属領民」日本人


 日本のテレビや新聞あるいは雑誌は、(国籍ではなく血統で言えば)ほとんど朝鮮人に占有された。 この件に具体的に踏み込む前に、北朝鮮人や韓国人を父親や両親に持つマスコミ人を、少しおさらいしておこう。

 ジャーナリストでは、本多勝一(朝日新聞、『中国の旅』)、筑紫哲也(『朝日ジャーナル』→TBSキャスター)、田原総一郎・・・は北朝鮮出身の両親をもつ。文芸春秋社に巣食う文芸評論家の福田和也(慶大教授、アナーキスト)原武史(明治学院大学教授、共産党員)も血統正しく北朝鮮人である。福田和也は思想的にいえば、南京虐殺の嘘を中国共産党と共謀して「歴史事実」に捏造するに貢献した本多勝一の生まれ変りであり、「第二の本多勝一」と称するのが正しい。
 


TVに話を戻すと、時事問題のコメンテーターとして出演する井筒和幸、宮崎哲也、香山リカなどはむろん、社民党党首福島瑞穂辻元清美(日本赤軍メンバー)らもみな北朝鮮人である日本のTV局で、石をどんな方向に投げても朝鮮人に当たるが、日本人に当ることは今では稀になった。それほど、朝鮮人が跋扈するのが、日本のマスメディア界である。漫才芸人(「爆笑問題」)太田光は、ターゲットを日本の小学生・中学生に絞っており、その悪影響は十年後に爆発的にでてこよう。TBSは会社ぐるみで北朝鮮人の巣窟になっている。

大学でもこの傾向は同じで、朝鮮人の急増はとどまるところを知らない。(韓国籍で偽装する)東京大学の姜尚中は、北朝鮮人であることをもって、NHKの北朝鮮細胞が英雄視して、(学問業績ゼロのタレント大学人でしかないのに)日本の代表的な知性かのごとく持ち上げ、頻繁に出演させ対日工作の前線で活躍させている。筑波大学の古田博司も八年間、北朝鮮の工作員(このときの表向きの職業は日本語教師であった)として韓国に潜入していた。このような例は、挙げると一冊の本では足りないのが実情である。
 


朝鮮人がこぞってマスメディアに就職し、また大学院に進学するのは、日本の企業で働くのがいやだからである。日本の企業の利益追求など真っ平御免というわけである。これが、北朝鮮国籍朝鮮人・韓国国籍朝鮮人・帰化朝鮮人は総計でも200~300万人で、一億強の日本では5%にのぼらないが、TV・新聞・出版界では、(テレビの出演者が共産党と朝鮮人でほとんどが決定されているように)、日本人と対等もしくはそれ以上の勢力をもつに至ったのである。









二、「日本国つぶしはいまや簡単、赤旗も暴力革命も全く必要ない」

 日本を国家ごと破壊する、確実な情報宣伝戦には三つある。

第一は、?日本の社会が国内から自壊するに至る家族解体の決定打である「夫婦別姓」の民法改悪や、?社会そのものを機能せしめている“土台の中の土台”で伝統的秩序の産物(=制度)である男女関係を根こそぎ野蛮的に破壊する(vandalize)ために効果抜群の男女共同社会基本法の制定(1999年)などである。あるいは?日本の子供たちのから倫理・道徳を奪い“動物化させる”「援助交際」大応援も、次代の日本の社会から健全な機能を自壊させる。社会の溶解である。さらに?日本の子供たちの人格崩壊と精神異常化に直結するジェンダー・フリー教育を学校・教室という密室で教師の強権の下に実行する性差破壊という蛮行も、(次代の日本人がキチガイになって国家社会を運営する能力が剥奪されるから)日本の社会を崩壊させる劇薬である。  
 


 そして、?も?も?もすべて、「日本国籍の北朝鮮人たち」に推進された事実は記憶に新しい。?は「北朝鮮人」福島瑞穂に、?は「北朝鮮人」宮台真司であった。宮台は中核派に所属するマルキストでその革命理論はルーマンらの過激革命社会学である。?の嚆矢は1995年、東京都北区十条台小学校長の「北朝鮮人」で共産党員渡部淳子であった。

?のみ堂本暁子参議院議員(実父は支那人、母親は部落、革マル派の暴力革命家、現・千葉県知事)や大澤真理(革マル派、部落)が絡んでおり、「共産党+朝鮮人+部落」の連合といえるから、必ずしも北朝鮮人が主導とは言えない。だが、男女共同参画社会基本法ほど、日本解体の共産革命制度の創設は、戦後日本の五十五年史の中で類を見ない。  


第二は、日本が主権国家として対外行動を阻礙して、日本国を国家たらしめず日本人の対外的な矜持をも剥奪し、同時に日本の外交を迷走させ、日本の国防力を弱体化させ、平時にも国際場裏で上手くやってはいけない国家におとしめ、有事においては国家の生存を確保できない国家にする、偽情報洗脳戦である。これはいまや新聞ではなく、テレビが主体であり、テレビのニュース・キャスターを誰が握るかで決定的な効果がある。  

 「北朝鮮人」筑紫哲也は、日本人の洗脳と煽動にかけては天才的で、日本は国家に再生できる幾多の好機を逸してしまったことに、テレビから流される筑紫哲也のアジと宣伝が無関係であろうか。彼のお別れ会に2600名もの弔問客が訪れたが(2008年12月)、それは「日本が北朝鮮に思想占領されている」ことを示す何ものでもなかった。日本は主権国家ではない。
筑紫哲也の次にくる「北朝鮮人テレビマン」といえば、“金正日将軍様の応援団長”田原総一郎であろう。田原の私的な交友関係における在日朝鮮人の数の多さは尋常ではない。また。漫才芸人の太田光は、政治を中心に時事問題を扱うことにおいて、その影響力は筑紫哲也を凌いでいるのは明らかだろう。

筑紫、田原、太田と、これほど「外国人」からの偽情報宣伝と洗脳教育を放置するのは、日本の子供たちが狂気にさらされるのを看過することだから、日本はもはや国家ではないし、国家であることは不可能である。
 



第三は、国家は絶えず定期健診をして病気を早期発見し、ちゃんとした治療をし続ける必要がある。この意味で、国家は人体に似ており、病気とは無縁でないのだから、医者と病院とはいずれも欠かせない。しかも、老いと死を免れない人体と異なり、国家は悠久の永遠に生きなければならず、病の放置は許されない。


 日本を滅亡させる最も怖ろしい方法は、ここから考案された。出生率の大低下によるマンパワー喪失による経済の大衰退と国防力・治安力の大劣化が不可避であるように、日本には「国家の永続」を阻害する重い病気があるにもかかわらず、「心配要らない」「大丈夫だ」と、安心させ/油断させ/慢心させて、日本自身が決断する賢明な治癒のタイミングを逸しさせる、偽情報宣伝の策謀である。重病人を「とても健康ですよ」と嘘をついて治療をせずに死なせようとする合法殺人の医者のやり方と同じである。

この「第三」については、日下公人と古田博司という、二人の純血の北朝鮮人(両親は北朝鮮からの帰化人)で、今も北朝鮮を祖国だとして日本国籍に裏切りひたすら金日成を祀る狂信的な主体思想の信奉者を少しばかり解剖して、「褒め殺し対日洗脳宣伝」の方法のさわりだけでも紹介したい。
 









三、“褒め殺しによる日本破壊”が任務の「北朝鮮工作員」日下公人/古田博司

 金日成の写真をご真影として自宅の書斎に掲げて毎朝起きてはすぐ拝んでいる「北朝鮮人」古田博司の、歯の浮くような日本礼讃の著『新しい神の国』は、ゴマすりもここまで来ると笑止であるが、正しく読むと、そこには反日憎悪感情がマグマのように剥き出しに溢れていて、ホラー小説など比ではない、怖い本の典型であるし、悪魔の思想の本といってよい。この意味で、本書は、前述した偽情報工作の「第三タイプ」の好例だろう。

 『新しい神の国』のタイトルが、ラフカディオ・ハーンの『神国日本』から猿真似したのはむろんだが、このようなタイトルは日本人には発想しないことからも、古田博司が外国人なのはすぐわかる。また、真に日本を愛したハーンのは、日本人における不可思議な信仰や習俗を妖精を信じるアイルランド人特有の感性で考察した真摯な名著だが、北朝鮮国籍の妻と結婚し日本を呪詛する授業やゼミしかしていない古田博司のには他意と悪意ばかりが露わである。


 だが、日本には無教養と無見識のいわばバカ・アホ・間抜けの民族系の読者がたくさんいて、日本を褒められるとすぐ有頂天になるから、中身空疎な『新しい神の国』が放つ、毒饅頭より猛毒で致死性を見抜けない。現に、朝三暮四の猿の脳しかない民族系日本人は、この本一つで古田博司の大ファンになってしまった。民族系の知的水準は、よくて、振り込め詐欺に引っかかる認知症すれすれの老婆レベルであるのは否定しようがない。日本の滅亡の跫(あしおと)が聞こえてくる。古田の手口は、一端を示せば、次の通り。


  「そのような現実感覚を身につけ、努力を怠らない、多くの賢明な民衆に支  えられた日本国を、私は<新しい神の国>と呼びたい」(214頁)。
 



 つまり、日本の民衆は神のような賢明さを持っているからと持ち上げて、何もしなくてよいのだとスポイルして封殺して、アジア主義に毒された外務省/防衛省/国会議員の大半の動きを暴走させようとしている。これを、一般には“褒め殺しの情報心理戦”という。頭の悪い子供をもっと馬鹿にするには、「君は秀才だから、勉強などしなくてよいのだ」と錯覚を吹き込むが、これと同じである。

 ハーメルンの甘いメロディの笛の音色で、あるいは媚薬を飲ませて、日本という国家が溶解して亡国していくのを、日本人がただ朦朧と傍観するように、国民の責務を忘失させるに、褒め殺しほど効果的な心理戦はない。実際にも『新しい神の国』を読めば、日本の外交・国防が迷走と堕落の中で崩壊しつつある危機を、日本人は知力喪失の無能力者と化して認識できなくなる。
 



  「日本の民衆は怨恨共同体の宣伝的言辞を絶えずティーゼイトして(茶化して)漂白し…アジア主義者たちの企図を挫き、…(韓国/北朝鮮/中国の)<異時代国家群>からの攻撃に現実的に対処しつつ、…美しい日本の伝統を写実して後世へ遺産として伝えるとともに、<和は己をもって貴しと為す>という日本精神でニッポン文明圏を守り抜く」(213頁)。


 だが、現実は、日本のすべての学校・大学でアジア主義は絶対真理として教育されていてアアジア主義以外の思考をする若い世代など、日本のどこにももういない。外務省の外交の基軸もアジア主義であって、その暴走をようやく止めているのは日米同盟や米国の圧力だけである。日本のどこにも「アジア主義者たちの企図を挫いた」事例など存在しない。


 家族が解体状態で、また単身家族の急増によって、さらにはジェンダー・フリー教育によって人格の正常性を奪われて、「美しい日本」を認識できる日本人は急減している。これに「多民族共生」や「環境」の洗脳教育によって、“日本国の国民”という意識すら、今の子供たちには稀薄である。現在、日本の子供たちが日本を認識させている教育は、やっと国際スポーツ試合における「日の丸」の旗と応援の「ニッポン」コールだけである。

 世界最大の過剰な社会保障制度の財政負担ですでに日本は破産状態であり、800兆円を超える借金のツケを払わされる子孫は、遠からず一気に十倍以上のインフレ政策でしか解決できないから、それを強行するしかないが、このとき日本の伝統も慣習も粉塵となって雲散霧消する。それ以前に、プーチンのロシア帝国の復活と中共の軍事力の強大化によって、日本はロシアと中共の二ヵ国に挟撃的に侵略されて滅んでいるだろう。
 


日本人の学力低下による知的劣化と出生率の大低下による経済の崩落で、日本の国防力など粗大ゴミになっているから、日本が必ずやロシアと中共に無血降伏するのは間違いない。日本人は世界を彷徨う祖国喪失者の道を自ら選択する。それとも、古田博司の言うがごとく、「和は己をもって貴しと為す」と呪文を唱えれば、ロシアの北海道侵攻や中共の沖縄・九州侵攻が防げるとでも言うのだろうか。

古田博司と同じ“褒め殺し”の洗脳にあって日本は、かつて亡国を経験している。スターリンが唆した大東亜戦争である。このとき、明治38年制式の三八銃に数十発のわずかの弾しか与えられないお粗末な陸軍力で大東亜を制覇できるわけはないが、それを「皇軍だから勝利する」「日本人には大和魂があるから勝利する」との、古田博司流の褒め殺しの洪水に洗脳されて、日本人は国を喪った。「大東亜共栄圏」など砂漠の蜃気楼以上に空無だが、“褒め殺しの麻薬”を吸った日本人は、その明け透けの騙しすら見抜けず国民あげての自殺行に驀進した。「北朝鮮の工作員」古田博司の言説は、これと同じで、実に怖ろしい。
 


この古田博司流の対日洗脳工作の大先輩が「北朝鮮人」の日下公人であり、このことは日下の著『人口減少で日本は繁栄する』『21世紀、世界は日本化する』の二冊を読むだけでも明らかではないか。ここまでの嘘八百は、よほど日本憎しの対日憎悪感情がなければ書けるものではない。人口が減れば経済における生産力と消費のマーケットが縮小するから経済の衰退を免れない。また、人口衰退は競争を不要とするから日本人全体の質的劣化を促進する。

日下公人の朝鮮人特有な日本憎悪を端的に示す著作の例を、仮に一冊だけ挙げるとすれば『人事破壊』(PHP、1994年)であろうか。日本社会の安定と出生率維持に欠かせない終身雇用制度を破壊せんとの悪意がいっぱいの『人事破壊』に従えば、日本の勤労者は絶えず失業の不安と低所得化の坩堝に叩き落される雇用環境を作る。現に、1990年代から、非・日本的な派遣社員制度が燎原の火のごとく広がり、日本の伝統であった終身雇用は崩壊し、戦後初めて雇用不安問題が2008年の金融危機を機にどっと噴出した。日下の「人事破壊」の狙いは成功したのである。だが、人がよいばかりで脳天気な日本人は、「朝鮮人」の言説の怖ろしさに、未だ気付いていない。
 








四、「中共工作員」石平――日下公人のお友達――の偽情報宣伝手法とは?

あらん限りに出鱈目と妄想を逞しくした、『WILL』2008年9月号で北京の指示通りに“中 国批判のガス抜き対談”をしたように、日下公人と石平の異常な仲のよさは、馬が合うというのではなく、何らかの秘めた企図を共有する同志の故からだろう。また、日下公人は日本共産党の正式党員でロシアSVR工作員の吹浦忠正とも昵懇以上の関係にある。 吹浦忠正(「ロシア人」)―日下公人(「北朝鮮人」)―石平(「赤い支那人」)」三者の熱い同志関係もまた、日下公人の正体を明かす情況証拠になっている。  

中国嫌いの日本の民族系の対中批難をガス抜きして中共にとって無害化する任務を命ぜられて日本に潜入した、石平の中共批判の手口は、批判しているかのようなうわべだけの演技に徹して、決して中共の急所を攻撃しないことは、少し真面目に読めば、誰にでも見抜けるはずである。すなわち、石平は、一部の日本人にある中国批判や中国嫌悪の感情のベクトルを中共にとって痛くもかゆくもない方向に変えて、犬の遠吠えにしてしまう情報戦を展開している。

だが、この石平の対日洗脳心理戦については、別の稿でじっくりと論じるとしよう。ただ、日下公人や古田博司と同種の、石平流の偽装と対日情報宣伝戦の一例として、「日本美との遭遇――日本帰依への私の心の軌跡」(『新日本学』2008年春号)を読んでいて欲しい。
 







********************************





日本が中共、ロシアなどに侵略されぬよう、日本という国をしっかり守っていきたいと思われる方はクリックをお願いします 
人気ブログランキングへ悪事千里を走る
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

小泉純一郎、安倍晋三が日本破壊(反日)をする理由ーー小泉純一郎、安倍晋三の正体












    はじめにクリックをお願いします 
人気ブログランキングへ



















 

 

 

 

 



*******************************






(1)小泉純一郎

中川八洋掲示板より
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2014/05/17/120245
グロテスク細川&小泉の<脱原発>老害コンビ ──極左化する小泉純一郎に蘇った“祖先の血” 2014.05.17 




小泉純一郎は、純血の朝鮮人



小泉純一郎の、仁川の朝鮮少年だった曾祖父は、十六歳で幕末日本に密航

 小泉純一郎は、六回も靖国神社に参拝したり、知覧にある特攻隊員の遺品館で涙を流すなど、立派な日本人の心を持っているのも事実である。ひとかけらも日本国民の意識のない細川護熙とはえらい違いがある。が、女系天皇制度を導入して天皇制度廃止を狙ったり、「脱原発」で日本経済を破壊したいとするように、小泉は半分は“反日の非国民”である。

 この“半・日本人”である理由は、明白。小泉純一郎は、純血の朝鮮人。日本人の血は母系・父系ともに、一滴も入っていない。曽祖父は、仁川に立ち寄った江戸幕府の軍艦に密航した十六歳の朝鮮人の少年。下船した横須賀でそのまま沖仲仕をして小泉組の大親分に成り上がった。その日本名が小泉由兵衛。その息子が小泉又次郎。その養子が鹿児島産の(豊臣秀吉が朝鮮戦役で半島から連れてきた朝鮮人の末裔である)小泉純也。

 この血において、小泉純一郎は、隣国の反日大統領・朴槿恵とは同民族である。小泉の異常な「脱原発」活動は、これ以外では説明不能だろう。
 














(2)小泉純一郎

http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/458.html



小泉元首相の真実 その1  ー父親は朝鮮人ー

http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/458.html
投稿者 直人 日時 2010 年 7 月 28 日 01:09:05: CaGwYxWaGaQzs





小泉元首相の真実 

その1  ー父親は朝鮮人ー
http://voicevoice.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-2bbd.html



小泉元首相の父 小泉純也は、朝鮮人です 

2007年度、出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 



『小泉純也』 (小泉純一郎の父)

鹿児島県川辺郡東加世田村小湊字小松原(現・南さつま市)出身。
実父は在日朝鮮人。
家が貧しかったため、小学校を出ると鹿児島市内に出て、山形屋百貨店の丁稚となり、夜は鹿児島実業に通った。代議士岩切茂雄の書生となって、日本大学法学部政治学科の夜学に通わせてもらい、1930年に卒業。岩切の紹介で立憲民政党の職員となり、当時民政党の幹事長を務めていた小泉又次郎のもとに出入りし、それが縁となり小泉家の家族と接するようになった。やがて小泉家に出入りするうちに又次郎の長女・芳江と恋仲になる。二人の恋愛に又次郎は反対だったが、純也と芳江は又次郎の反対を押し切り駆け落ち同然に家を出て、東京・青山の同潤会アパートで同棲。結局、又次郎のほうが折れて純也が代議士になれたら一緒になることを許すとして認めることになった。 
 



 娘、芳江が朝鮮人の純也とかけ落ちしたときの話

又次郎(小泉の母方祖父)は『帰って来い』と、新聞の尋ね人欄に広告までだしている(梅田功 『変革者 小泉家の3人の男たち』87頁)。
純也と芳江の結婚について、又次郎の養女だった近藤壽子は 

「本当に大変だったんです。 なにしろ駆け落ち同然の結婚でしたからね。 芳江さんはハンサム好みで、ハンサムな男性を見るとイチコロなんです。 又次郎さんはもっと立派なところから婿を欲しいと思っていたんでしょう、すごく反対して怒ってました。」

と述べている(佐野眞一著『小泉純一郎-血脈の王朝』148頁)。
 




小泉純也をよく知る人の本

歳川さんは、小泉首相の父親である純也氏が、1930年代に朝鮮総督府で事務官として働いたこともあったと述べた。純也氏は、総督府に勤務していた当時、小泉又次郎郵政長官と知り合いになり、その後小泉逓信(郵政)大臣の娘婿になって選挙区まで受け継いだ。

日本の小泉純一郎首相の父親で自民党所属の国会議員だった小泉純也氏(1969年死去)が1950年代末、在日朝鮮人の北朝鮮送還事業に中心的な役割を果たしていたことがわかった

小泉首相の父親のこのような過去は、2002年の小泉首相の訪朝以後、日本の会員制雑誌である『インサイドライン』の発行人、歳川隆雄さん(58)の追跡取材によって明らかになった。
 


歳川さんは20日、本社の記者に会い「小泉首相の父親が、在日朝鮮人の北朝鮮送還の中心人物だったことは、小泉首相にとって最大のタブー」とし、「靖国神社参拜にこだわる小泉首相の姿勢と一見、矛盾するかのように見えるが、日朝国交正常化にこだわっている理由も父親の政治的背景と決して無縁ではない」と主張した。

 歳川さんによると、在日朝鮮人帰国協力会は、共産党と社会党の影響力が強かった「日朝協会」の主導によって結成され、日朝協会の山口熊一会長、自民党の小泉純也議員、岩本信行議員の3人が代表委員を務めた。

以上が、父親のことです
 


--------------------

以下は、母方(小泉)の祖父のことです

小泉元首相の祖父です(母方の父親、小泉家です)

トビ職人の次男で、貧しかった。全身に刺青をしていた
その理由は、当時、とび職人は、裸で仕事をしていて、みんな刺青を全身のほって、ふんどし一丁で、仕事をしていた
ので、彼もあとつぐために、全身に刺青をしていた
それが、大臣までなり、いれずみのxx大臣 と呼ばれていたそうです

祖父小泉又次郎は武蔵国久良岐郡六浦荘村大道(現在の神奈川県横浜市金沢区大道)に「とび職人」由兵衛の二男として生まれた。由兵衛はのちに横須賀に移って、海軍に労務者、砲弾や石炭、食糧などを送り込む請負師となった。
又次郎は明治41年(1908年)衆議院議員に当選、浜口雄幸内閣、第2次若槻禮次郎内閣で逓信大臣を務めた。
 


神一行著『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』236 - 237頁に

 「さてその小泉の閨閥であるが名門といわれるほどのものではない。むしろ小泉の性格は三代続く政治家家系の血筋とみてよい。」 とある。

-----------------------------

小泉元首相が実施した政策は朝鮮よりのものが多かったのはそのためのようです。

韓国人へのピザ免除した
 
国民間に表れた悲惨なまでの『所得格差』なんぞには、ナ ンの痛痒も感じなかった

北に多額の送金の末、偽装破綻?した朝鮮銀行に1兆4000億円もの血税使って助けた

朝鮮総連の総会で祝辞述べた 



金正日と面会

北朝鮮に食料など、多大の支援をした


写真
(民族研究の専門家より)
当然小泉さんが朝鮮系の人だというのは顔を見ればすぐ判ります。韓国にいるこちらの方も彼に遺伝子的にとても近いかも知れません。
 



 


* *******************************






(3)小泉純一郎と安倍晋三は朝鮮人


SPILLANE KISSより
http://blog.goo.ne.jp/bblue/e/41bea1e57fce68d41463c4d1d0d722b0





小泉純一郎と安倍晋三は朝鮮人
2008-09-08 06:36:11 | 


小泉純一郎 

戦前大臣を務めた祖父小泉又次郎は純粋な日本人とされる。だが、純一郎の帰化朝鮮人である父が鮫島姓を買い取り
 又次郎の娘をたぶらかして婿として小泉家に入る そこで小泉家は帰化朝鮮人である純一郎の父に乗っ取られた
 参照http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B3%89%E7%B4%94%E4%B9%9F
・父親の純也は、鹿児島東加世田の朝鮮部落の出身者といわれる 日大卒業名簿には、純也の日本名はなく、
 見知らぬ朝鮮名が書かれているという  
 純也は朝鮮人の帰国事業、地上の楽園計画の初代会長であった
・結婚後、子供をもうけ即離婚した宮本佳代子は在日企業エスエス製薬創業者の孫
・小泉の元秘書官の名前は飯島勲←注目 帰化朝鮮人
・派閥のドン森喜朗も生粋の朝鮮人 ←森も帰化人がよく使う通名
・小泉は、横須賀のヤクザ、稲川会と関係が深い
 







安倍晋三

岸家 毛利元就が陶晴賢と厳島沖で戦い大勝を収めた際、寝返って毛利方についた船の
 調達人が「ガン」と称する帰化人であったという 毛利はその功績によって「ガン」を
 田布施周辺の代官に召したてた このガンを岸家の先祖とする説がある
・祖父岸信介が文鮮明と共に 反共団体 国際勝共連合(統一教会)を設立
・官房長官時代統一教会「合同結婚式」に祝電を送り、話題に
・安倍のスポンサーは、下関の朝鮮人パチンコ業者である
・グリコ森永事件時、明らかになった帰化朝鮮人企業森永のご令嬢(注:現在の総理夫人安倍昭江)と結婚
・そのわが国のファーストレディーは電通(会長成田豊、半島生まれの帰化人)勤務という分かりやすい
 経歴の持ち主の朝鮮の血筋

 

 

安倍昭江・安倍晋三夫人は朝鮮系日本人

 

 

 

 

 

 


・韓国、中国の留学生に日本の企業に入ってもらうために住居費分、学費免除分、生活費など月計20万~30万円相当の支給
 日本人のワーキングプア層を全く省みない また帰化系在日系朝鮮人が日本の企業で技術を盗み、半島の現代などの企業に
 伝授していることが深刻な問題になっている 
・多くの朝鮮人が差別を主張し、警察、原発、自衛隊で職を得ている 





* *************************


(4)安倍晋三

安倍政権は在日優遇国家日本をさらに在日優遇の国にします。 


テーマ:安倍晋三は極左アナーキストである
http://ameblo.jp/kororin5556/entry-11813618198.html
安倍政権って一体何者!ー在日優遇国家(=朝鮮人に乗っ取られている国家)日本  2014-04-04






テーマ:保守主義、中川八洋掲示板
http://ameblo.jp/kororin5556/entry-11835025904.html
“ロシアの犬”安倍晋三(その1)1/2  2014-04-27




ロシアの侵略を支持する安倍晋三


 日本は、北方領土を奪還する権利を永久に喪失する危機にある。“スーパー親ロ主義”安倍晋三が総理大臣という悲劇に、今日の日本は見舞われているからだ。

 安倍晋三とは、政敵を絶えず殺害しまくる“怖ろしい凶悪な人間”プーチンの血塗られた手で頭をなぜられて、北方領土が戻ってくるとの勝手な幻想に耽る、正義感と倫理観とを喪失した幼児性が顕著な欠陥人間。当然、対ロ叩頭交渉を通じて日本の国益を破壊し尽くすこと確実な危険な政治家である。

 クリミア半島というウクライナの領土にロシア軍を派兵してあっという間に二月末には事実上占領してしまった(3月1日の上院の承認は演技で、実態は「事後承認」)、まさしく主権侵害どころではない露骨な軍事侵略に対して、安倍は非難しない。“ロシアの犬”に徹している。具体的に言えば、三月三日、安倍は「全当事者が自制と責任をもって慎重に行動するよう」と訴えて、ロシアの国名を消した。加害者のロシアを被害者のウクライナと同じ扱いにして、「自制と責任がない」と難詰したところで何になる。 

 侵略国の名前を挙げない非難は、非難ではない。それは、侵略を容認することと同じ。つまり、安倍晋三は、ロシアの北方領土侵略を容認したのである。北方領土の奪還の法的根拠を日本は失ったことになる。 
   






“スーパー親ロ”晋太郎のDNAを継いだ安倍晋三

 安倍晋三は、彼が尊敬する祖父・岸信介の悪い所のみ受け継いだ政治家。岸のいい所はまったく継がなかった。負の隔世遺伝である。


一九六〇年の安保騒動で社共が唾棄する“昭和の妖怪”岸信介は、「反共/反ソ/反・中共」という良質のイデオロギーと、それとは対極にある「反米/社会主義経済の信奉/福祉国家シンパ」という左翼体質の欠陥をあわせもつ政治家だった。だが、岸は東大法学部を首席卒業した秀才らしく、この両者がぶつかる場合は、前者を優先して後者を引っ込める、高所からの冷静な判断力を失うことはなかった。 

 一方、安倍晋三は、祖父・岸信介の「反共/反ソ/反・中共」をひとかけらも継承しなかった。むしろ、父親・晋太郎と同じ、「容共/親ロ/支那へのあいまい対応」で、岸とは対極的な外交感覚であった。ただ、二〇〇六~七年の第一次内閣時の失敗に懲りて“学習”し、第二次内閣では、共産党系の「親ロ」は堅持しつつ、日本人の多数派で人気確実な「親米」「反中」をうわべ演技することにした。
 


 が、(共和党政治家に多い寛容な紳士とは異なる、黒人マイノリティ出身の)オバマ大統領は、安倍の正体(強度な「反米」)を見透かして距離をおいている。晋三流「親米」演技の薄っぺらいメッキはとっくにはがれて透け透けである。「反米」「親ロ」「福祉国家(社会主義)シンパ」の安倍を蝕む左翼小児病は、世界各国で知らない国はない衆知の常識。  





安倍晋太郎は、“エチオピア農民百五十万人殺しの共犯者”

 安倍晋三は、父・安倍晋太郎の政治姿勢を、仲が良かったこともあり、そっくり相続した。

 安倍晋太郎とは、絵に描いたような極度な“外交音痴”。国際問題がさっぱりの“外国音痴”だった。岳父・岸信介の七光りがなければ、党内出世などおぼつかず陣笠代議士で人生を終わっていただろう。新聞記者あがりの農林族がやっとの六流政治家、それが安倍晋太郎の実力だった。
 













****************





 日本の不幸と悲劇は、「ロシア知らず」の政治家が日本の対外政策を牛耳ることによって発生している。戦前で言えば、“レーニン崇拝狂”後藤新平/近衛文麿であり、“「反米」を裏返した「親ロ」”松岡洋右である。戦後で言えば、“外交音痴のスーパー馬鹿”鳩山一郎であり、“何でも朝日新聞の指示通り”田中角栄であり、“隠れコミュニスト”安倍晋太郎/“親・中共の社会主義者”小沢一郎である。

 この原則は、裏を返せば、「ロシア通の<反ロ>」が日本の外交を担うとき、日本は世界に輝く国家となるということである。明治日本において外務大臣に陸奥宗光や小村寿太郎が登板した時、日本は“昇る朝日”となった。そして日露戦争に勝利したとき(一九〇五年)、トルコやフィンランドなどを挙げるまでもなく世界中に歓喜と称讃の嵐が起きた。
 
 





テーマ:保守主義、中川八洋掲示板
http://ameblo.jp/kororin5556/entry-11836020899.html
プーチンに叩頭する“ロシアの犬”安倍晋三の危険(その2)1/2  2014-04-28



 (安倍晋三はロシアに協力し、ロシアの日本侵略の足がかりを作ろうとしている。ロシアは北海道、東北を侵略占領しようとたくらんでいる。無知もうまいな安倍晋三にロシア外交をさせるな。日本が滅びるだけだ。) 

 ロシア対外政策のこの本音は、日本に対してぴったり適用されている。日本は、ロシアがちらつかせる“北方領土返還という毛鉤”に喰らいついた卑しいハゼのごとく、「田中角栄による東シベリア開発」、そして「安倍晋三による極東シベリア開発」をするが、その結果は北海道へのロシアの侵略の基盤づくりであり、ロシアの対日侵略に全面協力をしている。極東シベリアや樺太の開発は、それらの地におけるロシアの軍事力の増大を促進する軍事インフラ整備に他ならず、まさに日本が日本自身の首を絞める縄を編んでいる行為である。

 日本の国家安全にとって、バイカル湖より以東のシベリアは無人の荒野にするのがベスト。これ以外に日本が安全に生きる道はない。“国防音痴”安倍晋三の無学・無教養からの「親ロ主義」は、日本にとって危険を越えた、亡国への誘導である。いや、山縣有朋や伊藤博文など“親ロ馬鹿の巣窟”だった長州藩系の安倍晋三とは、ロシアに日本を売る“父親譲りの売国奴二代目”である。
 
  












テーマ:保守主義、中川八洋掲示板
http://ameblo.jp/kororin5556/entry-11835034681.html
“ロシアの犬”安倍晋三(その1)2/2  2014-04-27


中川八洋掲示板より
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2014/03/18/141041



プーチンに叩頭する“ロシアの犬”安倍晋三の危険(Ⅰ)──プーチンの露帝国は、ついにクリミアを侵略   

2014-03-17  



プーチンに騙されたこともわからない“外交白痴”安倍晋三

 安倍晋三が、北方領土奪還の道筋をつけるとばかり鳴り物入りの日本側報道の中で、欲得に国家を忘れた“非国民”財界人五十名を引き連れてモスクワに乗り込んだのは、二〇一三年四月末。しかも、狡猾で縁起担ぎのプーチンは、安倍との首脳会談を、反ロ主義を戦前・戦後ともに貫かれた昭和天皇のご誕生日二十九日にわざとセットした。しかし、安倍は、この日を快諾し、“反・昭和天皇”の姿勢をロシアに闡明した。

 無教養と無責任さが本性の安倍晋三は、国際協力銀行を使った対ロ投資の拡充や、インフラ整備や医療協力など、ロシアへの無原則な経済協力をプーチンと合意した。本人の言によれば、対ロ経済協力が北方領土奪還の呼び水になるという。馬鹿馬鹿しい。  

 ならば、同じことをした首相・田中角栄の一九七三年のあれほど大掛かりな対ロ経済協力が北方領土の返還にいっさい繋がらなかった“愚行の歴史体験”を、安倍晋三はどう検証したのか。どう解釈したのか。安倍晋三が“人気至上主義の滑舌芸人型政治家”であって、愛国心ゼロの政治家なのは、これだけでも明らかではないか。
 
 


 技術開発や学術研究であれ、スポーツであれ、金儲けであれ、成功を欲するならば、過去の失敗は知力をふりしぼって分析・考察する。だが、安倍は、ブレジネフに騙された田中角栄や、エリツインに騙された橋本龍太郎の、日本がこれまで連戦連敗した対ロ交渉の失敗の研究をまったくしない。

 そればかりか、安倍は、プーチン大統領がいかなる人物かも知らない。プーチン知らずでプーチンと交渉するとは、象を撫でる群盲のそれ。  

 国民弾圧機構のKGB第二総局(現FSB)出身者で、二〇〇〇年に大統領になって以来、プーチンはどれほどの自国民殺人を命令・指揮したか。しかし、安倍は、プーチンにかかわるこれらの事実に興味すらない。
 














*************************************






日本のサヨク共産主義者、アナーキスト ・特亜勢力(シナ共産党工作員、反日韓国朝鮮人、反日なりすまし日本人) は日本を破滅に導く売国奴であり、日本の弱体化、中共への植民地化を進める「日本滅亡推進勢力」であると思われる方はクリックをお願いします 
人気ブログランキングへ悪事千里を走る

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

日本の政治家、財界人たちー朝鮮人に支配される日本

 

 

 

 

 

 

 

   はじめにクリックをお願いします 
人気ブログランキングへ








 

 

 

 


 



**************************






自受法楽 自体顕照 より
http://d.hatena.ne.jp/ashuhokkekoshu/20131114/p1

 



2013-11-14

朝鮮人に支配される日本


ちょっと調べてみても驚くべきことが起きています。日本の政界、朝鮮人だらけです。有名なところの名前を挙げてみると、小泉純一郎、安倍晋三、竹下登、管直人、小澤一郎などです。
 元横浜市長の中田宏さんは、鄭宏という朝鮮人です。岸信介も朝鮮人です。なんと驚くべきことに、今の日本の政界はほとんど朝鮮人によって支配されているということがよく分かります。

 しかも、巧妙に朝鮮人だということを気が付かせないようにしています。安倍晋三の奥さんは森永製菓の令嬢です。その令嬢が務めていた会社が電通です。電通も朝鮮人企業です。安倍昭恵夫人は、韓国語を習ってペラペラらしいのですが、もともとしゃべれたのです。昭恵夫人は、韓国クラブに出入りしていますが、どこの国の首相夫人なのでしょうか。
日本の上層部は、ほとんど朝鮮人が集まっています。電通も朝鮮人に支配され、芸能人の80%は朝鮮人です。秋の園遊会で天皇陛下に手紙を渡して大騒ぎした衆議院議員の山本太郎は、「朝鮮人だ」と言われています。
 


 まあ、少し履歴を書いてみると、小泉純一郎氏は、鹿児島出身です。彼の父は鮫島姓を名乗っていました。今問題になっている朝鮮総連のビルを落札して買えなかった最福寺の池口恵観という人がいますが、はっきり自分で「俺は朝鮮人だ」と言っているのです。日本名は、池口恵観です。更に通名が鮫島というのです。本名(朝鮮名)は別にあるのです。池口恵観は、「小泉は従弟だ」と言っているのです。この坊主がそのように言っているのです。安倍晋三は、宗教上の池口恵観の弟子なのです。 

 それを見ても如何に影響力を持った男かということが分かるのです。その朝鮮人が政界の上に君臨しているのです。池口恵観は、政治家に「池口先生!」と言われて、拝んだり、運命を見てあげたり、くだらない事をやっているのです。

 その池口恵観の従弟の鮫島が、小泉純一郎のお母さんと駆け落ちしてしまったのです。それで、「わかった。認めるからお前達、夫婦になってくれ。その代り、俺の籍に入れ」ということで、小泉家はその朝鮮人を養子縁組したのです。それで、鮫島という姓から小泉という姓になったのです。それが小泉純也で、その子供が小泉純一郎です。よく顔を見てください。朝鮮に多い顔です。髪型でごまかしていますが、よく見ると朝鮮人丸出しです。

 従って当然、小泉純一郎は稲川会ともつながっています。稲川会も朝鮮人です。今のヤクザはみな朝鮮人です。山口組の6代目も朝鮮人、若頭も朝鮮人です。本当にヒドイものです。右翼もみな朝鮮人です。驚くべきことです。どこにも日本人がいないのです。
 


 実業界を見てください。孫正義は莫大な大金持ちですが朝鮮人です。孫正義は、東日本の地震の後、「被災地に100億円寄付する」と言いましたが、1銭も寄付していません。「ウソつき朝鮮人」と言われています。電通の成田社長も朝鮮人です。それから、森永製菓、エスエス製薬、ロッテも朝鮮人の企業です。

 最近の話では、ユニクロの柳井会長も朝鮮人だと言われています。これはまだ確認を取っていません。「朝鮮人だ」と言われているということです。

 ともかく、右を見ても左を見ても朝鮮人ばかりなのです。この国家は何なのでしょう。朝鮮人に乗っ取られているのです。政治家達は、韓国の方を向いているのです。在日朝鮮人は聞くところによると、年間600万円の収入があるのです。色々な特典を合わせると600万円もらうことになっているのです。生活保護は、1カ月15~16万円ですから年間180万円くらいで600万円にはなりません。その他、在日特権がついてくるのです。それを合わせると一人600万円くらいになるらしいのです。在日朝鮮人は、貴族です。
 


 そして、韓国の国籍と日本の国籍の両方を持っているのです。ところが、面白い話があり、韓国は厳しくなっているのです。今までは、在日朝鮮人は韓国の兵役は免除だったのですが、韓国は法律を変えて猶予になったのです。猶予ということは、「いつでも、兵隊にとるぞ」ということです。「猶予で今、お前達は兵隊にとらないよ」ということです。免除と猶予は違うのです。

 そして、「在日朝鮮人は、韓国籍は抜けないぞ」という事になったのです。韓国籍を抜かないと日本籍にはなれません。色々な難しい条件をたくさん付けて、簡単には韓国籍が抜けないようになったのです。在日朝鮮人に対して、「韓国籍は抜かさないぞ!」という事は、「お前ら、逃がさないぞ!」という事です。韓国政府のしめつけが厳しくなってどんどん在日朝鮮人はやりにくくなっているのです。そのように追い込んでいるのです。
韓国政府から言ったら、在日朝鮮人を兵隊で取りたいのです。兵隊を免除するならば「金を持って来い!」、「国籍を抜きたかったならば、金を持って来い!」ということです。全て金なのです。そのような縛りを入れて「もっと、金を持って来い!」ということです。

 それだけではなく、韓国は日本の一流企業に対して「韓国人400万人に対して戦時賠償金を払え!」と言ってきたのです。先日、韓国の裁判で日本企業が負けたばかりです。あれに味をしめて「金がとれる」と思ったのでしょう。「400万人、無理やりに働かされたのですから賠償しろ!」というのです。
 


 それで、日本の経団連の会長が「国交断絶だ!」と怒っているのです。そのような馬鹿な事を朝鮮人は言っているのです。何しろ日本から金を取ろうとしているのです。韓国は、経済もガタガタでもはやなりふり構わずです。

 朝鮮人を見たら、「今の朴槿恵(パク・クネ)大統領のお父さんは何をやっていた人ですか?

 お父さんは朴 正煕(パク・チョンヒ)というのです。この人は、韓国大統領だったのです。韓国大統領になる前は何をやっていたのですか? 韓国軍の将校だったのです。クーデターを起こして大統領になったのです。その前は何をやっていたのですか? この人は、大日本帝国陸軍中尉です。」このように言うと、韓国大使館の韓国人は黙ってしまうのです。ためしに、このような論調で韓国大使館に電話してみてください。

 「朴 正煕(パク・チョンヒ)は何をやっていた人ですか? 大日本帝国の陸軍中尉です。貴方、知っていましたか? 大日本帝国の陸軍中尉ということは、韓国は日本の植民地ではありませんね。」このように言うと、相手は「植民地だ」と言えなくなってしまいます。
「大日本帝国陸軍に朝鮮人の将校がいたのです。朝鮮人の将校がどれくらいいたのか教えてあげましょう。特攻隊で千人も死んでいます。一番偉い大日本帝国軍人は、洪 思翊(コウショク)中将です。
 


これも何故、韓国名なのでしょう。創始改名されたというならば、帝国軍人になった洪 思翊(コウショク)中将は、日本名にしなくてはいけません。朝鮮名のままで帝国陸軍の中将です。日本人の部下が大勢いたのです。こんな植民地がありますか? この二つを見ても植民地では無かったということが分かるでしょう。」というと、奴らは何も言えません。彼らは志願して大日本帝国軍人になったのです。そのような攻撃を韓国にどんどん仕掛けていかなくてはなりません。
 そして、今の日本が如何に韓国支配されているかということを分からせていかなければなりません。まだ、忘れていることがあります。戦後、GHQの命令でつくった支配体制は、3人の朝鮮人によって行われてきたのです。岸信介、児玉誉士夫、笹川良一です。この3人によって、戦後の朝鮮人支配体制ができてきたのです。

 この3人は死刑囚であったのに、何故死刑にならなかったのでしょう。この3人は朝鮮人だから死刑にならなかったのです。その代り、「GHQのために働きます」と一筆とられて娑婆にでてきたのです。それで悪さをなし、日本が悪い方向に向くようにこの3人組が仕掛けたのです。
 


 ですから、岸信介は神道に変わるものとして日本に統一教会を呼びこんだのです。統一教会くらい悪い宗教は無いのです。「日本を悪魔の国、韓国は神の国だ」と教えているのです。信者にみな韓国語を教えて「分かりましたか?」というと、「ネッ!」と答えさせています。
「俺は朝鮮人だぞ」というと、「はい、朝鮮人様でございますか!」と日本人の統一教会本部の人間が答えます。このような宗教があるのでしょうか? これは宮様だろうと、何だろうとこんな宗教は絶対に許されないのです。天皇陛下が文鮮明に土下座する儀式を毎年行っているのです。何がなんでもこの二つが絶対に許せないのです。皆も騙されないようにしましょう。

 日本の現在は朝鮮支配です。しかし、今や日本人は80%が嫌韓です。もうじきです。韓国人をたたき出せ! 海の外に送り出せ! そのような気持ちで負けないように頑張ってください。
 




■在日朝鮮人(帰化人も含む)国会議員


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1036647375

 


 

 

 

 


質問:朝鮮人国会議員と疑われている方は、小沢、鳩山(妻のほう)、管、山岡、北沢、福島、辻本、ETC、このほか、どんな方が朝鮮人であると疑われているのでしょうか?

答え:民主党国会議員のうち70人は朝鮮系であると言われている。(なりすましや在日で日本国籍をとった人がほとんどではないか。) 


千葉景子(民主)参 神奈川
福島瑞穂(民社)参
近藤昭一(民主)衆 愛知3区
岩国哲人(民主)衆 神奈川8区
山崎拓 (自民)衆 福岡2区
土肥隆一(民主)衆 近畿ブロック
金田誠一(民主)衆 北海道8区
岡崎トミ子(民主)参 宮城
簗瀬進(民主)参 栃木
山下八洲夫(民主)参
中川正春(民主)衆 三重2区
横道孝弘(民主)衆 北海道1区
神本美恵子(民主)参
 

河野太郎(自民)衆 神奈川15区
辻元清美(社民)衆 近畿ブロック
加藤紘一(自民)衆 山形3区
東 順治(公明)衆 九州ブロック
衛藤征士郎(自民)衆 大分2区
鉢呂吉雄(民主)衆 北海道4区
今野 東 (民主)参
松野信夫(民主)参 熊本
平岡秀夫(民主)衆 山口2区
赤松広隆(民主)衆 愛知5区 東海ブロック
小宮山洋子(民主)衆 東京6区 東京ブロック
鳩山由紀夫(民主)衆 北海道9区(夫人が朝鮮系)
横光克彦(民主)参 大分3区
 

松岡 徹(民主)参
水岡俊一(民主)参 兵庫
保坂展人(社民)衆 東京ブロック
群和子 (民主)衆 宮城1区
犬塚直史 (民主)参 長崎
佐藤泰介 (民主)参
谷博之 (民主)参 栃木
藤田幸久(民主)参 茨城
増子輝彦 (民主)参 福島
河村健夫 (自民)衆 山口3区
中川秀直 (自民)衆 広島2区
大村秀章 (自民)衆 愛知13区
 

野田毅 (自民)衆 熊本2区
照屋寛徳 (社民)衆 沖縄2区
高木義明 (民主)衆 長崎1区
小沢一郎 (民主)衆 岩手4区
中嶋良充 (民主)参
上田勇 (公明)衆 神奈川6区
江田五月(民主)参 岡山
円より子 (民主)参
大田誠一 (自民)衆 福岡3区
又市征治 (社民)参
中村哲治 (民主)参 奈良
藤谷光信 (民主)参
室井邦彦 (民主)参  

横峰良郎 (民主)参
白 眞勳 (民主)参
奥村展三(民主)参 近畿ブロック
小沢鋭仁(民主)参 山梨1区
川端達夫(民主)衆 滋賀1区 近畿ブロック
佐々木隆博(民主)衆 北海道6区
末松義則(民主)衆 東京19区 東京ブロック
西村智奈美(民主)衆 新潟1区
細川律夫(民主)衆 埼玉3区 北関東ブロック
家西 悟(民主)参
小川敏夫(民主)参 東京
津田弥太郎(民主)参
那谷屋正義(民主)参
 

二階俊博(自民)衆 和歌山3区
大野功統(自民)衆 香川3区
馳浩 (自民)衆 石川1区
内藤正光 (民主)参
福島哲郎 (民主)参 京都
日森文尋 (社民)衆 北関東ブロック
近藤正道 (社民)参 新潟
峰崎直樹 (民主)参
郡司彰(民主)参 茨城
小川勝也 (民主)参 北海道
亀岡偉民
中川秀直
中山正暉
鮫島純也 (鹿児島県、加世田の朝鮮人部落出身の生粋の朝鮮人-小泉元総理父)




(以上 自受法楽自体顕照 より)
 









***********************





日本のサヨク共産主義者、アナーキスト ・特亜勢力(シナ共産党工作員、反日韓国朝鮮人、反日なりすまし日本人) は日本を破滅に導く売国奴であり、日本の弱体化、中共への植民地化を進める「日本滅亡推進勢力」であると思われる方はクリックをお願いします 
人気ブログランキングへ悪事千里を走る
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。