「川越style」

webマガジン川越styleは、「小江戸川越」のお店や人、イベント、行事、風景、文化、川越の熱い動きを伝える川越で最も有名な情報サイトです。丁寧な取材に基づく記事、川越の一大叙事詩、川越を深く伝え尽くす。過去記事もぜひどうぞ。


テーマ:

川越で、28日と言えば、成田山川越別院の「蚤の市」。
成田不動尊境内に、100以上のブースがひしめき合う様子は圧巻。
カオスのようで実は整然とし、絶妙なバランスをとった雑多感は、

どうやって搬入・搬出しているのだろう、といつも不思議に思うほどの美しさ。

「川越不動蚤の市 」

毎月28日
川越市久保町9-2 成田山川越別院境内
電話 049-222-0173
時間 5:00~16:00 ※雨天決行

食器類、着物類をはじめ、様々な雑貨が並び、全てあると言っていいほど、

ありとあらゆるものが毎月集まってくる。

毎月通う常連に加え、この日に合わせて川越観光に来る人、外国人観光客の姿が目立つのも近年の動きで、骨董を扱う主人が英語で対応する様子がなんともいい。

着物姿で立ち寄る風景も蚤の市ならでは。蚤の市があるから着物姿で出かける場があり、着物姿が川越に増えたという側面がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、川越の骨董市としては、毎月8日蓮馨寺の呑龍デーもお馴染みの行事。

 

(毎月8日、蓮馨寺の呑龍デー)


蚤の市にしても呑龍デーにしても、毎月、同じ日に開催されている行事として、これだけの規模のものは川越でなかなか見当たらない。

蚤の市があるから、古い物を大切にするマインドが街に醸成されてきた部分はあると思うし、ここから発信される波が川越のいろんな箇所に影響を与えている事実がある。

28日といえば、もう一つ大事な日と同じことはご存知でしょう。

これまで18日だった川越きものの日は、現在は毎月8日、18日、28日の三日間に拡充され、つまり、蚤の市の日もきものの日ということになります。

「川越きものの日」

http://www.koedo.or.jp/%E5%B7%9D%E8%B6%8A%E3%81%8D%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%AE%E6%97%A5/

この日も着物姿の人が境内にちらほら見え、生地や骨董品を手に取って確かめていました。

蚤の市と着物と言えば、この日に合わせて着物散歩を開催しているのが、NPO法人川越きもの散歩の皆さん。

 

(蚤の市で購入したという着物。思わぬ掘り出し物と出会えるのもここならでは)

今の川越の着物復興に寄与した団体としては有名過ぎるくらいの存在。

「NPO法人川越きもの散歩」

https://kawagoe-kimono.jimdo.com/

この日もお不動様を集合地として、ここから着物散歩しながらランチへと赴いていったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

蚤の市は、成田山川越別院という場所だけのことではなく、

周囲への影響が大きいからこそ、街を巻き込んだ盛り上がりを見せている。

28日の蚤の市に合わせて、周辺のお店では特別サービスをしているところも多く、

その一つ、喜多院向かいにある「CAFE ANTI」さんは、

毎月蚤の市の日は、お得な価格でドーナツを提供するスペシャルデーとしています。

おからを使ったドーナツは、どこまでも優しく、気持ちまで丸くしてくれる。

普段から成田山、喜多院から立ち寄る人が多い場所ですが、28日となったらやっぱり特別な日、賑わいが違います。

 

(「CAFE ANTI」おからと豆乳の優しいドーナツ 外はサクッ中はモッチリ

http://ameblo.jp/korokoro0105/entry-11530278414.html

 

そして、今年に入ってから蚤の市に合わせた特別出店が仲間入りしました。

蚤の市らしい、川越らしい、そしてこれからの展開が楽しみな空間へ。。。

成田山川越別院から、川越日高県道を連雀町方面へ歩いて行く。

 

通称、喜多院不動通りと呼ばれる通りを歩いて行くと、古い看板建築の建物が立ち並んでいる風景に引き込まれる。

ゆったりとした時間に浸りながら歩いていると、ある場所で足が止まる。

うん?なんだろう、この素敵な空間。

新しいお店・・・?いや、違う。普段はこのような営業はしていないはず。

古い物たちに目を奪われ、なにより、美味しそうな焼き菓子と珈琲に惹かれて、足を踏み入れていた。

まるで、カフェ。

奥にはテーブルと椅子が配され、既に珈琲で寛いでいる人がいた。

まるで、カフェ、そう思ったって不思議でないこの場所が、実は建築家の事務所だと知ったら、驚く人が多いのではないかと思います。いやむしろ、ああ、なるほど!としっくりくるかも?

ここは、水谷勉さんの水谷意匠一級建築士事務所。

通りにある他の建物と同じくらい歴史がある古い建物をリノベーションし、住居兼事務所にした空間は、普段は設計事務所として仕事をしながら、毎月28日の蚤の市に合わせて姿を変え、

秩父で焙煎所とカフェを構える「WAPLUS COFFEE」さんが特別出張出店しているのでした。

 

 

 

 

(蚤の市の時は、土間の他に、板の間部分もカフェスペースとして開放している)

喜多院不動通りがさらに面白くなる、というか、建築家がこのような発想することが面白い。

場所は、くらづくり本舗久保町本店さんの二軒隣になります。

「水谷意匠一級建築士事務所」

建築・インテリア・プロダクト・まちづくりなどの企画・設計・監理
〒350-0055
埼玉県川越市久保町5-7 県道沿い
TEL:049-227-6602
FAX:049-227-6603

http://mizutaniisyou.jp/
 

水谷勉一級建築士
(免許登録番号:339330号)
1977年 埼玉県川越市生まれ
2000年 東京電機大学工学部建築学科卒業
2003年 ICS college of arts 卒業
2003~2009年 life+shelter associates
2013年 水谷意匠一級建築士事務所 設立
『都心より少し離れた埼玉県川越市を拠点に活動する建築設計事務所です。
川越市は歴史的な街並みが多く残る場所です。
そこで生まれ育ち日々過ごす中で、昔の記憶を受け継ぐことはとても大切なことだと自然に思うようになりました。
そのため、古い民家を改修した場所を事務所として、個人住宅の設計や店舗インテリアデザイン、まちづくりの支援など、多彩な活動を展開しています。
時を刻み世代を超えて受け継がれるものを提案するために一番大切にしていることは、クライアントとのコミュニケーションです。
対話を重ねる中で感じ取った想いを環境や時間とともにひも解くことで、新しい日常を提案することができればすごく嬉しいことだと思っています。
昔から伝わる歴史や文化、技術などを今の時代の良いものと共に受け継ぎ育てていく。
建築という分野を通じて川越より発信していきたいと思っています。』
これまでの設計の一例・・・

(東秩父村和紙の里バスターミナル http://mizutaniisyou.jp/portfolio/2016_chichibu/

 

(多摩市の店舗併用住宅 http://mizutaniisyou.jp/portfolio/2015_tama/

 

また、地元川越では、大正浪漫夢通りの店蔵の復元プロジェクトにも携わっています。

通り沿いで工事していたあの建物、完成はもう間近です。

(大正浪漫夢通りの蔵の改修工事)


そして・・・川越では、喜多院不動通りにある築40年になる建物の改修にも取り組んだ。
25年前まで荒物屋を営みながら住居として使用されていた平屋、

建物の雰囲気が面白いと感じ、ここを拠点にしようと、

なんとそこを、自宅兼自身の設計事務所にした。

改修後、ここに事務所を移したのが2016年11月、住み始めたのが2017年年明けのことでした。

 

 

 

 

 

 


「改修前は土間から奥へ板間・和室・台所という間取りから、
各部屋の仕切りをなくし広々としたレイアウトとしました。
ワークスペースとしてだけではなく様々な使い方ができるよう、あえてキッチン作業スペースを中心に配置しています」。
水谷さんの友人でイラストレーターのイシイサヤニーさんに事務所の襖絵を描いてもらい、
銀色の背景に年輪をイメージしたカラフルなイラストが事務所に不思議な雰囲気を出しています。既存の設計事務所とは一線を画するような雰囲気に。
また、県道に面する土間スペースは定期的にイベントを催し、街とのつながりの場として活用していきたいと話していました。
そんな発想をする建築家がいることが面白く、こういう建築家が川越にはたくさんいることがまた面白い。
喜多院不動通りに新事務所オープンと共に、早速水谷さんが仕掛けたのが、
毎月28日の蚤の市に合わせて土間部分を使ったイベントを開催すること。
水谷さんの友人夫婦が、珈琲&スコーンと古物のお店を出張出店していました。

それが、秩父で焙煎所とカフェを構える「WAPLUS COFFEE(ワプラス コーヒー)」さん。

「WAPLUS COFFEE」

http://waplus-coffee.com/

水谷さんの繋がりから、秩父の人気店が川越までやって来ていたのでした。

 

 

 

 

 


WAPLUS COFFEEさんの出店は、2017年1月28日の蚤の市から始まり、この2月28日で二回目の開催。

蚤の市目当てに通りを歩く人は多く、戸が開け放たれ、開いているだけでも目を引き、土間の雰囲気に惹かれてふらりと立ち寄る人は引きも切らず、終始賑わっていました。

蚤の市が朝早くから開催していることもあって、午前中から、まずは珈琲を一杯、と寄っていく人の姿がある。

今後も28日の蚤の市には、土間部分にWAPLUS COFFEEさんは出店予定となっていて、また、他にもいろんな展開を思案していて、お不動様からの行き帰りにこの場に立ち寄るのも定番コースになっていきそう。

また、水谷さんは、土間部分を蚤の市の時のみならず、貸しスペースとしても考えていて、ミニイベントやギャラリー、ワークショップなど利用の幅は広がっていく。

なぜ、建築家が自身の事務所をここまで開放するのか、発信拠点にまでしようとするのか、

そこが今の時代らしい動きで、街の中に溶け込みながら変えていこうとする発想が、川越の、というだけでなく、今の建築家の自然体の考え方なのかもしれない。

川越で建築家からの今までとは違う切り口のまちづくりの発想、行動は最近特に目立つようになっていて、今後も伝えることになりますが、今年の川越の動きの中で特に注目している。

古い建物が保存、維持されている川越だからこそ、裏で活躍する建築家がいて、彼らが積極的に街に関わり、今、自身それぞれが発信を始めようとしている。その最初の最初、胎動が伝わってきます。

場の雰囲気に浸っていると、どこかに似ているなと思ったら、すぐにピンときた。

そうだ、Banonさんに似ているんだ。

入口に土間、その先に木の空間があってテーブルや椅子で寛ぐ人がいる。あの場所。

 


(「BANON」喫茶とあれこれ

http://ameblo.jp/korokoro0105/entry-11997590488.html

Banonさんも水谷さんの事務所も、かつては店舗があった場所、

新しい感性と息吹が流れ込み、新たな魅力になって生まれ変わっている。

 

水谷さんは、事務所があるこの通りを、骨董通りにしたいと話していた。

骨董通り。

それは骨董店が増えることを意図した呼び名ではなく、昔から営むお店が通りに軒を連ね、古いものを大切にする文化が根付いている地域であるから、その姿をよりくっきりと際立たせて街の個性にしていきたい、と。

成田山川越別院の蚤の市・骨董市がこれだけ浸透し、毎回熱気に溢れるその波を周辺に伝えるために、骨董という名を取り、骨董通り。

近隣には、蔵造りの町並みの一番街はもちろんのこと、大正浪漫夢通り、昭和の街、と古いものを残した魅力ある地域が歩いてすぐ近くにあります。川越日高県道からそれぞれアクセスしやすい。

喜多院不動通りはこれまで、まちづくりとしての積極的な発信はあまり見られませんでしたが、歴史を振り返れば川越として喜多院や成田山川越別院の存在感は圧倒的。

歴史的寺院に昔から続く商店街と看板建築、街としての潜在力は半端ない。

この地域に光が当てられていくと、川越としての魅力もさらに高まっていくはずです。

喜多院入口から松江町交差点付近まで続く喜多院不動通り商店街には、

骨董、古美術店、和菓子店、寿司店、書店、お茶店、昔から続くお店が多い通りで、看板建築に象徴される建物にも注目が集まる地域。

 

 

 

 

通りにある、手打ちそば鎌倉」さんや「和カフェ 夢宇」さんのことは以前記事にしました。

 

 

(「手打ちそば鎌倉」シンプルなものだからこそ手間をかける

http://ameblo.jp/korokoro0105/entry-12119153590.html

 

 

 

(「和カフェ 夢宇」喜多院、成田山、川越散策の途中に和のやさしさでホッと一息

http://ameblo.jp/korokoro0105/entry-12042563076.html

 

また、以前、一帯の久保町のディープな魅力を掘り起こした「小江戸のらり蔵り」さんの散策ツアーも開催されたことがありました。

 

 

 

(「小江戸川越のらり蔵り」知られざる久保町をのらり蔵り

http://ameblo.jp/korokoro0105/entry-12044256034.html

 

川越の着物熱は年々高まっていて、着物姿で出かける場所として蚤の市は最適。

これから益々蚤の市の活気は高まっていくでしょう。

そして。

周辺地域のまちづくりも面白くなってきました。境内から、周辺へ。蚤の市の楽しみが広がっていきます。

 

「川越不動蚤の市 」

毎月28日
川越市久保町9-2 成田山川越別院境内
電話 049-222-0173
時間 5:00~16:00 ※雨天決行

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

あけましておめでとうございます♪

今年もよろしくお願い致します!


大晦日のしんみりした気持ちから一転、

新年は晴れやかな気持ちになりますね~ヾ(@°▽°@)ノ


今年も

たくさんの事にチャレンジして

明るく穏やかに過ごしたいと思います。

みなさんも健やかに過ごせますように。。。


早速だけど、

新年一発目の初チャレンジ

してきましたよ~!

そう!


「除夜の鐘を鳴らそう大作戦!」


生まれて初めて

除夜の鐘を鳴らして来ました。(笑)


今回初めて知ったけど、

川越市内では

あちこちで除夜の鐘鳴らせるみたいですね。


蓮馨寺や時の鐘でも

やってたみたい。!


時の鐘も気になったけど、

僕が今回行ったのは

成田山川越別院です。(-^□^-)


『成田山で除夜の鐘つけるよ~』って

教えてもらったのが行くきっかけだから、

そういう縁を大切に、ですね。♪


23時頃に行けば

充分間に合うという事だったけど・・・


23時に到着したら。。。


え!Σ(゚д゚;)


川越style
激混みです!・°・(ノД`)・°・


並んだの結構後ろの方だわ。。。

間に合ってよかったよ。(笑)

鐘つきたい人って

たくさんいるんだね。


川越style
あのはしごを登った所にあるのが

除夜の鐘!


こんな感じで寒空の下

1時間待ちましたよ。w

でもワクワクしてたから

あっという間に時間過ぎた感じです。


それに

出汁茶漬け食べて

体ポカポカしてたしね♪


宣言してた通り、

中市本店さんで

ねこまんま出汁茶漬け食べたんです。(-^□^-)

それから成田山へ来た感じ。


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*


「中市本店」さん。
川越style


川越style

僕が行ったのが

22時半くらいだったけど、

お客さんたくさんいたよ~。


作ってる人にも

お客さんにも知り合いがいて、

寒かったけど温かい気持ちになりました。!


一番街の天使?もいたしね(笑)


天使が作ってる所をこっそり。。。w
川越style
モツ煮を作ってた小春さん。♪

今年はこのブログに

ちょこちょこ登場するかもです。w

ふふふ。( ̄▽+ ̄*)


彼は川越で活躍する

竹竿師なんですよ。

おっと、詳しい話はまだまだこれからにしよ。(笑)


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*


と、

腹ごしらえしてたので

寒さ乗り越えられました。

それからヒートテックのおかげかな。♪

(持ってるだけで着てないタイツまではいてしまったw)


さあ、除夜の鐘

鳴らす時がきましたよ~!

先頭の人が登り始めます。。。
川越style


一回一回ゆっくりつくのかと思ったけど、

結構速めにつくんですね。

どんどん前に進みますよ。


川越style
↑直前の模様。(*^▽^*)

普通はこの辺で

写真撮るのやめますよね。w


でもね、

僕はこっからが本領発揮。!

自分の体験を

自分だけで終わらせるじゃなく、

みんなと共有したいと思って

いつもこんなに撮ってるわけなんです。(-^□^-)


だったら

最後の最後

これを収めないとね。!


という事で

ここまでご覧になったみなさん!


一緒に鐘つきましょう~ヾ(@°▽°@)ノ


それでは

いきますよ・・・


川越style
ゴ~~~ン!!


65番目の

ひときわ大きな鐘の音

街中に響き渡りましたね!w


成田山の鐘って

凄い大きくビックリ。

時の鐘よりこちらの方が迫力あるね。


生まれて初めての経験だったけど、

なんだか

鐘つくのが毎年の恒例に

なりそうな予感。。。(笑)


除夜の鐘の事

教えてくれてありがとー!

知らない事たくさんあるし、

いろんな話を聞かせてくれたら嬉しいです♪


成田山の帰りに

御嶽神社へ。
川越style


川越style
ぎんなん頂きました。

ありがとうございます!


ああ・・・

あの鐘つくの

もっと上手くできたかもなあ。

もっと大きく響かせたい。(笑)

って、

全然煩悩消し去れてないね。。。w


今年も

煩悩満載のSHINになると思いますが、

よろしくお願いしますです。!(*^.^*)


読者登録してね

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「成田山川越別院」の火渡り祭。

今年初めて見てきましたよ♪


火渡り祭・・・

前から気になってたんだけど、

なかなか来る機会がなくてね。。。(。>0<。)


初めて見るものは

いつもワクワクしますね♪

川越style
ここは初詣ででも来る場所です。

喜多院に初詣行って、

帰りにここにも寄るっていう

禁断の?初詣のはしごしてます。(笑)

ハッピーそうな所には

引き寄せられちゃう。w


火渡り祭っていうのは

「屋外で結界を巡らし

薪を積んで桧葉で覆い、

祈願を込めて火を点じてその上を歩く修行。

この護摩によって心の迷いを焼き尽くし、

所願成就を願う」


なるほど!


そして燃やすのはこれですかヽ(゚◇゚ )ノ
川越style
あの・・・燃やす量、結構ありますね。。。(@ ̄Д ̄@;)


火はどのくらいの大きさになるんだろう~。

想像つかないわ。

とりあえず、

よく見えるように最前列に陣取りました。w


おっと!

街を練り歩いてきた山伏の方が

戻ってきましたよ!
川越style
この祭では街中だけど、

本来は山を駆け巡ってきて

この修行をするみたいですね。


あ、ちなみに

この火渡りは一般の人

参加できますからね。!


自分の中の悩みや迷いを

焼き尽くすのに

参加するのいいかもよ♪ヽ(゚◇゚ )ノ


↓今回の様子を見て考えてみてね。(*^.^*)


えっと、俺は・・・

初めて見るものだし・・・

火がどのくらいの火なのか分からないし・・・

今回は遠慮しました。w


いよいよ点火です。
川越style

この日は寒くて、雨も降ってたし体凍えててね。


大きな火が近くにあれば

温まるかなあ、なんて事を

この時は考えてました。。。(●´ω`●)ゞ

早く点火してよ~って感じで。w


川越style
でも点火しても煙ばっかりで。。。

うう、煙めっちゃ目に染みる。

全然温まらないんですよ。w(;^_^A


と、

そんなノンキな事考えてたら・・・


煙が収まり・・・


火が一気に立ち上りました。。。


ハッ!Σ(゚д゚;)

ヤバい!


川越style
この熱さ尋常じゃない!・°・(ノД`)・°・

濡れた服が

一瞬で乾きましたよ。

乾くなんてものじゃなく

ダウンジャケットが溶けそう。!

ファスナー熱すぎて触れないし。w


顔が熱くて正面見れないです。(x_x;)


風向きで火がすぐ目の前に来て

逃げたくなったよ。w


火渡り祭り、恐るべし!

こういう事を

川越でやってたなんてビックリです。


あの、すいません・・・

山伏の方・・・
川越style
その水もっとかけてもらえませんか??

って言いそうになった。(笑)


川越style
あまりの熱さに後ろに下がる人いる中、

俺はずっと最前列です!w

必死に我慢。

煩悩よ~焼き尽くされてしまえ~!


どうですか??

火渡り、参加してみますか??(-^□^-)

一般の人参加できるんですよ?w

もちろん素足ですよ。(笑)


といってもね

歩くのは

火がだいぶ収まってからだし、

中央に歩く道作って

火傷しないようになってるはず。


川越style

それでも熱そうだけど。。。w(ノ◇≦。)


このお祭りは

毎年11月23日の恒例行事なようで、

初めて見れてよかったです♪


一般の人も

結構歩いてましたよ~。

来年歩こうかな。

歩いた感じ伝えたい。(笑)


でもなあ

見てるだけで

煩悩焼き尽くされたはずだしなあ。w

うん、煩悩ないない。

火渡り必要ないでしょ~。


火を見てたら・・・
川越style
これで焼き芋作ったら

トロットロの焼き芋になるだろうな。。。

↑煩悩全然焼き尽くされてない。w


やっぱり歩かないと??


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*


あの

そこって

手を清めるところですよね・・・
川越style
足を冷やす方が殺到してましたヽ(*'0'*)ツ

やっぱり熱いんだね。。。


読者登録してね

いいね!した人  |  リブログ(0)