川越style「四万温泉 温泉マルシェin川越昭和の街」蓮馨寺 昭和の街に四万温泉がやって来た | 「川越style」

「川越style」

「川越」伝え人・石川真。川越styleは、川越のお店や人、イベント、行事、風景、文化、川越を伝える情報サイトです。丁寧な取材に基づく記事、川越を深く伝え尽くす。川越の様々なまちづくり活動に従事・協力しています。川越内に川越styleネットワークを構築


テーマ:

花の湯の町なかのじょう
群馬県中之条町は群馬県北西部にある山あいの町。花の駅美野原・花楽の里といった自然体験施設がある一方で、神秘的な野反湖やカヌー体験ができる四万湖などダイナミックな自然を体験することもできます。色とりどりの花が咲く中之条。

 

川越と中之条町・四万温泉は古くから関わりがあり、かつて湯治文化が盛んだった頃、川越周辺の農家の人々は農閑期に体を休めるため四万温泉を訪れていました。今でもその名残が川越と四万温泉を結ぶ『関越交通 冬の直通バス』として残っています。

そうなんです、川越市民で知らない人も多いと思いますが、実は、川越と四万温泉はバス一本で行ける街であり、川越にとってアクセスしやすい身近な街であります。

関越交通株式会社の川越駅西口~伊香保温泉・四万温泉行きの高速乗合バスは、一年の半分、温泉が特に恋しくなる秋・冬の季節に運行されており、平成29年11月1日~平成30年5月6日の間、行き来していました。(2018年6月時点は運行期間外)

「関越交通株式会社 川越駅西口~伊香保温泉・四万温泉行き」

http://kan-etsu.net/publics/index/53/&anchor_link=page53#page53
川越から行きやすい、に留まらず、四万温泉の方から川越にやって来た画期的な試みが行われました。

川越の中の「川越昭和の街」と「四万温泉」は昭和レトロという共通点があり、コラボする事でより多くの人に四万温泉の魅力を伝えたい!そんな思いから開催されたのが、「四万温泉 温泉マルシェin川越昭和の街」。


「四万温泉 温泉マルシェ in 川越昭和の街」
日時:2018年5月26日(土) 11:00~16:00
会場:蓮馨寺(川越市連雀町7‐1)
◆四万温泉&川越昭和の街 特産物販売とグルメ屋台
普段は四万温泉に行かないと味わえないグルメ・特産品が登場!
・四万温泉出店

ロカーレ・ジェラート/ジェラート各種
モアザン/中之条シュッキー など
わしの屋酒店/四万温泉エール
JAあがつま/農産物販売

・川越昭和の街出店
◆四万温泉の足湯(無料)※タオルは有料¥50となります
四万温泉のフレッシュな源泉を体験していただけます!
◆温泉射的に挑戦!(1回100円)
的を落とした方には四万温泉グッズをプレゼント♪
◆ガラポン抽選会(先着700名)
イベント当日のお買いもの1回あたり500円以上(合算不可)で
1回抽選ができます。空くじ無し!
宿泊補助券、温泉まんじゅう、農産物などが当たります。

『「食べて」「体験して」「見て」四万温泉&中之条町の魅力を感じることができるイベントです♪』
主催:中之条町/中之条観光協会/四万温泉協会
共催:川越中央通り「昭和の街」を楽しく賑やかなまちにする会

「中之条町公式サイト」
http://www.town.nakanojo.gunma.jp/
「(一社)中之条町観光協会」

  http://www.nakanojo-kanko.jp/
「旅なかのじょう」サイト 

http://tabinakanojo.com/

 

中之条町・四万温泉を川越に居て楽しめるイベントで、中でもイベントの目玉は、群馬県中之条町の名湯「四万温泉」を蓮馨寺境内に運び込み、足湯を楽しんでもらおうというもの。かつてないチャレンジが行われました。

四万(しま)温泉は、四万川の上流に三方を山に囲まれて広がる四万温泉は、草津・伊香保とともに「上毛三名湯」に数えられ、四万(よんまん)の病に効く伝説の湯として、鎌倉時代からその名を知られていました。

昭和29年(1954年)には優れた環境が認められ、国民保養温泉地第1号に指定されました。落ち着いた木造建築の旅館、近代的なホテル、歴史と新しさが調和している温泉郷です。

湯量は豊富で、泉質は塩化物硫酸塩泉、温度は40~80度の高温が特徴です。効能はリューマチ・神経痛・皮膚病のほか胃腸病にも良く効きます。飲泉としても適しています。


川越市に名湯を直接運び込むという前代未聞の試みが実現。
昭和の街と中之条町・四万温泉が繋がったきっかけは何だったのか振り返ると、共に昭和風情が遺る街という共通点があり、連携しやすかった側面と、この一曲から全てが始まったと言えるかもしれない。
それが、中之条町公式イメージソング「なかのじょうのうた」。
https://www.youtube.com/watch?v=m5-XMEHM_b4&list=PLdtXNr5Fcn73EUaK3RnScSptMON1Nh87J
作詞・作曲:割田康彦 
歌:Ryu Miho(中之条町観光大使)
なかのじょうのうたを歌うのが、歌手で中之条観光大使も務めるリュウミホさん。

リュウさんの透明度高く澄み渡る歌声に惹き込まれる。中之条町の風景に自然と溶け合うようです。
実はリュウミホさんは、2016年8月に昭和の街にある和菓子店「彩乃菓」さん二階でLIVE『「Call me」ツアーat彩乃菓』を開催したことがあり、川越の人たちもリュウさんの歌声にうっとりと惹き込まれた。

「リュウミホのちょっと一息」

Call meツアー第1日目。川越 彩乃菓

https://ameblo.jp/ryu-miho/entry-12187953712.html

リュウさんの歌う「なかのじょうのうた」を知る彩乃菓の小島さんと中之条町が直接繋がり、意気投合し、中之条町・四万温泉のPRを川越で、昭和の街で行おうという展開になっていったのでした。

今回の仕掛け人は彩乃菓の小島さん。仕掛け人であり昭和の街と中之条町との橋渡し役でありイベントの調整役でありました。新しい時代の和菓子店像を提案し続ける彩乃菓さんは、また、行動する和菓子店として積極的に体を動かす人で、川越の縁の下の力持ちと言える存在。

ちなみに、2018年1月ウェスタ川越・ウニクス川越で開催した「くらしをいろどるFarmer’s Market」において、ウニクス川越広場の「小江戸お菓子マルシェ」は、彩乃菓の小島さんが主催しているものでした。

(川越style「くらしをいろどるFarmer'sMarket 後編」17,200人の来場で賑わう

https://ameblo.jp/korokoro0105/entry-12347024460.html

源流を辿ると、この曲がなかったらきっと両街は繋がることはなかっただろうし、川越市に四万温泉がやって来ることもなかっただろう。

川越-中之条町の繋がりの伏流を探そうとすれば実はあちこちにあり、中之条町から四万温泉 温泉マルシェに出店した「モアザン」さんは、上里町で「夢みるぱさり」も運営しており、以前はウニクス川越のにぎわいマルシェにもよく出ていました。にぎわいマルシェには彩乃菓さんも以前出店していて夢みるぱさりさんと顔を合わせていた縁がある。

川越市と群馬県中之条町は姉妹・友好都市というわけではなく、言ってみれば今回は、商店街連合の川越昭和の街と中之条町との連携という特異な形であり、商店街が他町のPRにここまで全力を注ぐというところが特異中の特異。ここまで展開できる商店街は、川越市内のみならず、全国的にもなかなかないのでは。

それにしても、一つのきっかけからとんとん拍子で大きく展開していくのがなんとも昭和の街らしい。

昭和の街と言えば、主催として4月29日の「昭和の日」にコッペパンデーを開催したばかりです。

川越style「コッペパンデー 川越昭和の街」4月29日は昭和の日 昭和スタイルでおもてなし
https://ameblo.jp/korokoro0105/entry-12374633020.html
あれから一ヶ月も経たないうちに、四万温泉とのコラボを形にするという昭和の街の疾風怒濤の実行力。

5月26日の本イベント「四万温泉 温泉マルシェin川越昭和の街」の前に、一週間にわたるイベントを開催して街の機運を高めていたのも特色で、一週間前の19日から「川越昭和の街・四万ウィーク」として昭和の街の協力店8店舗にて四万温泉周辺の地元食材を使ったスペシャルメニューを提供。これはこの期間だけの限定商品です。

本イベントの一週間前からプレイベントを始めてウィークリー仕立てにするという仕掛けは、2017年11月に開催した『プレイベント「川越昭和の街にビートルズのチカラ!がやって来る!」』が先例としてあります。あの時は、一週間にわたって昭和の街の参加店が東北の食材を使ったスペシャルメニューを提供。先例というかあの時が川越昭和の街として初のウィークリーイベントであり、今回の「四万温泉 温泉マルシェin川越昭和の街」についても、一週間の四万ウィークで本イベントを盛り上げようとしました。
「川越昭和の街・四万ウィーク」
期間:2018年5月19日(土)~5月26日


参加店舗
★ワインスタンドPON!
田村ファームのカマンベールチーズ/四万温泉エール各種
★大黒屋食堂
四万温泉 山の幸定食/日本酒「温泉壱号」など
★トシノコーヒー
四万温泉イチゴスムージー
★川越Hotsandラフォア―
上州麦豚使用スペシャルホットサンド
四万のストロベリースカッシュ&ストロベリーミルク
★フクフクスタンド
期間限定米粉ワッフル「花まめ」/なめ味噌おむすび
★和菓子 彩乃菓
特製いちごまるごと氷(よしだ農園いちご+ロカーレジェラート)
★スナックれん
四万の山の幸を使ったお惣菜各種
★うどんとお酒 土麦(つむぎ)
そして昭和の街のお隣、蔵の街一番街からも参加店が!
★オーストリア料理 Mie Coco(ミー・ココ)
四万温泉エール各種など

☆期間中、ラフォアーにて中之条町の写真展を開催

(大黒屋食堂さんの「四万温泉 山の幸定食」。大きな花豆(はなまめ)に目を見張ります。大黒屋食堂さんでは、日本酒「温泉壱号」、地ビール「四万温泉エール」もありました)


一週間の「川越昭和の街・四万ウィーク」で日に日に四万温泉の期待感が高まっていき、いよいよ迎えた5月26日(土)の本イベント、「四万温泉 温泉マルシェ in 川越昭和の街」。

会場となった蓮馨寺には、中之条町・四万温泉からこの日朝早く出発した出店者&川越昭和の街の出店がずらりと並んでいました。イベント運営の段取りなどは昭和の街の有志が担当しました。

境内にはこのイベントにふさわしいBGMが、これしかないだろうという選択で、リュウミホさんの「なかのじょうのうた」が流されていた。
開催に先立ち、蓮馨寺粂原住職と中之条町観光協会事務局長と中之条町担当職員が、「川越の人に中之条町の良さを知って頂けたらと思います」jと挨拶。

◆四万温泉&川越昭和の街 特産物販売とグルメ屋台
普段は四万温泉に行かないと味わえないグルメ・特産品が登場。

中之条町から川越にやって来た人気の5店。
・モアザン(シュッキー、シュークリーム、プリン)
https://www.morethan2005.com/
・JAあがつま 沢田の味(漬物、レアチーズケーキ、花豆缶詰、野菜)
https://www.sawadanoaji.com/index.html
・ロカーレジェラート(ジェラート各種)
http://tsu-mu-ji.com/…/locale%e3%83%bbgelato%e3%83%ad%e3%82…
・はこけん(焼きまんじゅう、田舎まんじゅう)
http://hakoken.crayonsite.com/
・わしの屋酒店(四万温泉エール 地ビール)
http://shimaonsen.com/store/washinoya_sake


「四万温泉 温泉マルシェ in 川越昭和の街」は、どこかで味わったことのある雰囲気だと思ったら、そうです、毎年9月に同じく蓮馨寺で開催されている昭和の街主催の「昭和の街の感謝祭」。

昭和時代感に、まったりとした空気が漂うのはどちらも同じで、やはり昭和というキーワードで繋がる両街だからこそ。
川越で温泉街の雰囲気が味わえるなんて、なんという機会なんでしょう。

昭和の街の感謝祭と同じく、「四万温泉 温泉マルシェではCOEDOの販売があり、それに中之条町の「四万温泉エール」が出店。川越と中之条町の地ビールの競演が見られるのも話題となり、足湯と共に、両地ビールを飲み比べる光景も広がりました。


◆四万温泉の足湯(無料)※タオルは有料¥50となります
四万温泉のフレッシュな源泉を体験していただけます!
温泉は四万温泉協会のもと、イベント当日朝現地でトラックのタンクに目一杯汲んで、そのまま蓮馨寺に直行して来ました。境内に特設足湯場を設営し、タンクからかけ流しで足湯を楽しんでもらいました。
こんな試みは川越史上初であろうし、昭和の街と連携したからこその展開力。
イベントスタートから足湯は大盛況で、子どもから大人までこれを目当てにした人が多数見られました。

足湯に浸かると目の前には中之条町の風景が広がり・・・まるで本当に四万温泉にやって来たかのような心持ちに。



◆温泉射的に挑戦!(1回100円)
的を落とした方には四万温泉グッズをプレゼント♪
温泉に行くと、なぜかやりたくなる、射的。
温泉の開放感に、子どもはもちろん、大人も童心に返ってついついやってしまうのが、射的。



◆ガラポン抽選会(先着700名)
イベント当日のお買いもの1回あたり500円以上(合算不可)で
1回抽選ができます。空くじ無し!
宿泊補助券、温泉まんじゅう、農産物などが当たります。


 

中之条町・四万温泉ブースと共に並ぶ、川越昭和の街ブース。

二つの街の出店が合わさっていた会場ですが、きっと言われてみて気付く人も多かったでしょう。

そのくらい両者は融合していて全く違和感が生じなかった。昭和風情というキーワードで繋がっていましたが、実際にコラボしてみると、こんなにすんなり溶け合う街同士だったのかという驚きがありました。

そしてまた、足湯に使って、「なかのじょうのうた」を聴き、まったりと過ごすのでした。

中之条町・四万温泉と川越昭和の街が初めてタッグを組んだイベントは、大盛況のうちに幕を閉じました。

今後も両街は連携を継続、深めていき、さらなる展開を見せていくことでしょう。

花の湯の町なかのじょう。また、川越の名湯がやって来て、しばし温泉街になる。

 

「中之条町公式サイト」
http://www.town.nakanojo.gunma.jp/
「(一社)中之条町観光協会」

  http://www.nakanojo-kanko.jp/
「旅なかのじょう」サイト 

http://tabinakanojo.com/

 

「川越中央通り「昭和の街」を楽しく賑やかなまちにする会」
https://www.facebook.com/showatown/

 

「川越style」編集人SHINさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります