「川越Farmer’s Market」開催まであと10日です♪ | 「川越STYLE」

「川越STYLE」

「川越」伝え人・石川真。
川越styleは、川越のお店や人、イベント、行事、風景、
文化、川越を伝える情報サイトです。
丁寧な取材に基づく記事、川越を深く伝え尽くす。
川越内情報インフラを構築。
川越の様々なまちづくり活動に従事しています。


テーマ:

川越Farmer’s Market、7月12日に向けて、みんなで絶賛準備中です。

このマーケットは、今までにないFarmer’s Marketにしたいという思いから、

様々な取り組みをしていきます。

その1つが、スタート前に開催する朝yoga。

マーケット自体は11時~16時ですが、午前中10時からの30分間は、
蓮馨寺境内の樹々の下で朝Yogaタイムとなります。

お寺でYoga、しかも朝の気持ちいい時間、さらに場所が蓮馨寺、という

めったにできない体験となります。
この朝Yogaは、これからのFarmer’s Marketの定番となっていく予感。
Yogaの講師を務めていただくのは、蓮馨寺向かいにある古本カフェ「Agosto」の緑さん。

(古本カフェAgosto http://ameblo.jp/korokoro0105/entry-12012484930.html

10時に樹々の下に集まって頂ければ参加費無料で体験できます。

特に持ち物は必要なく、その場ですぐできるyogaを実施するとのこと。

yogaインストラクターとしても知られる緑さんは、

川越水上公園近くの最明寺でもYoga講師を始めています。
お寺でYogaから、Yogaがもっと生活に身近なものとして広まっていきそう。

ちなみに、最明寺の7月10日の朝yogaも募集中です。

「最明寺 http://saimyouzi.com/info/2015/06/yoga-1.html


そして11時から第一回川越Farmer’s Marketスタート。
旬の夏野菜がたくさん境内に並びます。

出店Farmerの吉野さんの畑では、7月12日に向けて、着々とお野菜が育っているところ。
蓮馨寺には、にんじん、小松菜、とうもろこし、
水菜、いんげん、枝豆、かぼちゃ、ズッキーニ、きゅうり、などを出品予定。
ちょうど実ったとうもろこしを齧ると、自然の甘さが口いっぱいに広がり感動的。
このとうもろこしはぜひ食べてもらいたいもので、

それから、にんじんも、あとはきゅうりも・・・と

どれもこれもが美味しい吉野さんのお野菜は全部がお薦め。



ちなみに、絶品野菜を作り出す吉野さんは、トークセッションに登場しますので

その野菜作りの秘訣、気持ちの話しを楽しみにしていてください♪
予定しているトークセッションは、全部で3つ。
・12:30~川越のブランド豚肉「小江戸黒豚」の魅力を辻の吉野屋さんが語る!
・13:00~吉野さんに伺う川越の野菜作り
・13:30~野々山さんが語る川越の自然と蜂蜜のこと


そして、・13:00~と13:30~の回のトークMCを努めて頂くのが、
自然教育プログラム「森のムッレ教室」を主宰している飯島希さんです。

どんなトークになるか楽しみにしていてください♪

「森のムッレ教室」の様子
http://ameblo.jp/korokoro0105/entry-11952431482.html


・13:30~の会は、野々山さんが語る川越の自然と蜂蜜のこと。

これらのトークは、野菜農家の方がプロデュースしていて台本を作っているのですが、

野々山さんの回もかなり面白いお話しになりそうです、とのこと。
お話しをする農家さんが主役でありつつも、

裏方として実際に蜂箱に訪ねて行ってお話し聞いたり、

地域の農産物の現場を知ってもらおうとする熱意が凄いです。

野々山さんのセッションは、今回は養蜂というよりもハチミツの疑問を中心に流れを考えているそうです。


農産物を手に入れるだけでなく、境内でゆっくり過ごすことも楽しいFarmer’s Market。

フード部門に出店するおにぎり屋みれっとさんから、出品する美味しいモノの情報届きました。
当日は蓮馨寺にキッチンカーを乗り入れ、玄米使用の「One コインバーガー」を提供してくれるとのこと。

キッチンカーの中で、ごはんと具を焼いて販売するというもので、

あとはオーガニック飲料も提供するそうです。
みれっとさんといえば、川越のシンボル、時の鐘近くにあるおにぎり屋さんで、

素材へのとてつもないこだわりは川越随一。
お米はコシヒカリ・・・の原種米を使用。
みれっとさんが川越のイベントに出店する機会は非常に稀なので、

体が喜ぶ特製玄米バーガーをぜひ味わってみてください。

写真は先週お店で提供していた玄米バーガーです。

みれっとさんのことは、改めてじっくり記事にします。


さらに、フード部門に出店して頂くパンの「ブーランジェリュネット」さんとは、

このFarmer’s Market立ち上げの時から関わってもらっています。
川越でこういうFarmer’s Marketをやれたらいいよね、という話が出た時に、

リュネットさんは即答で「やりたいですね!」と応えてくれて、いち早く決まった出店だったんです。


(2015年5月栗原造園オープンガーデン出店時より 

http://ameblo.jp/korokoro0105/entry-12028474630.html

リュネットさんはもともと地域の農産物をパンに使うことに意欲的。

川越で注目を集める人気店がそういう発信をしてくれていることが、なにより街を変えていくと思うし、
川越Farmer’s Marketの出店者の農産物が、

そうしてどんどん地域のお店で使われ出していることに街の変化を感じる。

Farmer’s Marketでは、リュネットさんはパンはもちろんのこと、かき氷も提供します。

かき氷にかけるのは・・・リュネットさんらしいこだわりの味になると思います。


また、フード部門に出店する「デイリースタンドコポリ」さんも気合十分です。
川越の大人気店の出店を、楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。
いよいよコポリさんの出品メニューも固まってきました。
そのメニューに、きっとみなさん驚くかもしれませんが、
コポリさんは今回今までにない試みをします。
それが、松山商店さんとのコラボレーション。


松山商店さんは蓮馨寺境内にあるお団子屋さんで、

昔から親しまれている醤油団子は香ばしく、どこか懐かしい味。

あのお団子を食べた事ある方も多いと思います。

実は以前から二つのお店は、「いつかコラボしたいね」と温めていたそうで、

その初の試みの場に川越Farmer’s Marketを選んで頂きました♪
コラボメニューとは、松山さんの素焼きの団子に、コ

ポリさんの夏野菜をふんだんに使用したトマトソースを合わせるというもの。
まさに和とイタリアンの融合。どんな味になるのでしょう。

コポリさんはドリンクとしてワインも提供します。

ちなみに、川越Farmer’s Marketのフード、

コポリさん、リュネットさん、3552食堂さん、ルアンジュさんのブースは、

yogaと同じく樹々の下にテントを張った出店になります。

テーブルや椅子も置きますので、気持ちよい雰囲気の中で、お料理を味わってください。


フード部門でメザンジュさんが提供する梅ジュースと梅干は、
山口農園さんで育てられた梅を使用するそうです。

今年は農作で、美味しい梅がたくさん実っています。
暑い夏にさっぱりとした梅ジュースはぴったり。

メザンジュさんは他にも、
「メディカルハーブ」
・ハーブティー(シングル)
・ハーブティー(オリジナルのブレンド)3種類

「ワークショップ」
・ブーケガルニ作り
・ハーブオイル作り

(ブーケガルニ作りの例)

「物販」
さいたま市のハーバルMOMOさんの
・バジルペースト
・ディルペースト
・トマトとハーブのジャム
どれもバケットに付けると美味しく、試食も用意します、とのこと。
もちろんバケットはブーランジェリュネットさんのもの。

食に関するものがたくさん詰められたブースになりそうです。

メザンジュさんは、4月に行われた「ジョシカツ」にも出店していました。

「春のジョシカツ2015 http://ameblo.jp/korokoro0105/entry-12013899178.html

焼き菓子を出品するkomugiさんから、
Farmer’s Marketに向けた焼き菓子の情報届きましたのでお知らせします。
komugiさんは、川越のイベントではソコノワさんの3周年イベント「輪市」に参加したり、


(ソコノワ3周年イベント輪市よりkomugiさん http://ameblo.jp/korokoro0105/entry-11957078008.html

また、一番街のサニーサイドテラスさん、MIMI DINERさん、はるりKINUMOさんによる

合同イベントにも焼き菓子を出品していて大好評でした。
そしてあのkomugiさんの焼き菓子が、蓮馨寺にもやって来る♪

スコーンを中心に出品する予定で、

川越Farmer’s Marketのために、なんと新作を多数考え投入してくれるそうです。

・定番スコーンを5種くらいに➕新作2種
・グラノーラは定番2種に➕新作2種
・バター不使用マフィンは定番3種に➕新作1種

komugiさんの焼き菓子は、素材は北海道産小麦、乳製品も北海道産です。フルーツやナッツはなるべくオーガニックのものを使用して小さいお子さんにも安心して食べていだけるように心がけているもの。



1 有機アールグレイのスコーン
2 有機バナナとクリームチーズのバター不使用マフィン
3 有機バナナと有機プルーンのスコーン
4 有機ほうれん草とバナナのグリーングラノーラ(スムージーに載せたバージョンです)
5 パイナップルとココナッツチップのスコーン

などを出品します。komugiさんの焼き菓子を食べつつ、

ドリンク部門に出店するトシノコーヒーさんのアイスコーヒーを頂いたら、

これはもう川越Farmer’s Marketでしかできない幸せ体験です。

「komugi」インスタグラムアカウント
https://instagram.com/enkomugi/


生活を豊かにするワークショップをいろいろ用意している川越Farmer’s Marketですが、
講堂内では、講師LUOMUさんによるアロマスプレー作りのワークショップがあります。

【植物の香りのワークショップ~アロマスプレー作り~】

アロマテラピーは自然療法の一つです。

植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)は、身体や心を健やかにしてくれます。

今回はその精油を使って、人にも自然にも優しいアロマスプレー作りをします。

〇虫よけスプレー
〇クールダウンスプレー
〇リラックススプレー
当日、3つの中からお好きなものを選んでくださいね。

2015年7月12日(日)
◆時間 ①11:00~ ・ ②11:30~ ・ ③14:15~ 
(所要時間は20分程度です)

◆費用 1,000円 (50mlスプレー容器、材料費込) 
追加で作りたい方は +800円/本となります。

◆場所 蓮馨寺講堂内

◆事前予約の方を優先とさせていただきます。
参加希望の方は『お名前』と『ご連絡先(メールアドレス)』、『希望の本数』、『希望の時間 ①or②or③』を明記の上、
hw@luomu.info  までご連絡ください♪
Herbal works LUOMU(http://luomu.info


嬉しいニュースが届きました。

川越Farmer’s Marketで12時半から予定している「お味噌作り教室」ですが、

音楽部門に出演して頂くシュガーブレッシングさんが、お味噌作りのスタート前に、なんと、
『手前みそのうた』を演奏してくれることになりました。

これは講堂内にて、教室参加者ためだけのミニLIVEになります。

「みそ みそ みそ 手前みそ♪
うちで作ろう うちの味♪」
一度聴いたら忘れられないメロディー、
可愛らしいキャラクターデザイン、
YouTubeで既に6万回再生されているこの手前みその歌が生まれる発端となったのが、

山梨県にある五味醤油の五味さん兄妹。
https://www.youtube.com/watch?v=wG-yslfgw6I


発酵食品である手前みその魅力を伝えようと、歌を作り、のみならずダンスまで考え、

しかも自分たちで各地のイベントで披露もしているという兄妹。

今では幼稚園で子どもたちがみんなで踊るくらいにまでなっています。
山梨県には、「やまなし発酵マルシェ」というイベントがあったり、

パーマカルチャーデザイナーの四井さんがいたり、

「心の酢」の戸塚醸造店があったり、クラクラするほど羨ましい。
でも、川越でだってできるはず。

ちなみに、パーマカルチャーデザイナーの四井さんは、

2015年5月川越氷川神社ご縁市にも出店していました。

(第5回川越氷川神社ご縁市より http://ameblo.jp/korokoro0105/entry-12030898480.html

川越Farmer'sMarketは、「地域の食」を大きなテーマに、
その中に、地域の農産物、地域の農産物を積極的にお料理などに使うお店、

地域の発酵食品、を広めたいと考えています。
今改めて街を見渡すと、
昔ながらの川越の松本醤油だけでなく、笛木醤油に弓削多醤油もあり、

埼玉県の名だたる醤油店が川越に集まっている状況は、

実は本当に恵まれていることではないかと思うんです。
そして、今回Farmer'sMarketで開催する味噌作り教室は、

同じく生活に欠かすことのできない発酵食品の味噌を、自分たちでワイワイ作ってもらおうというもの。
(講師のpomierみやさんは川越の枝豆農家のお嫁さんでもある)



(一番街にあるサニーサイドテラスさんで行われた味噌作り教室の様子)

味噌作りに使用する大豆は、

新富町にある「KOME山田屋」さん厳選の川越産大豆という、川越のスペシャルお味噌作り教室。
ちなみにこの大豆は、山田屋さんにてきな粉としても販売されている人気の大豆です。


手前みそは、作ってすぐに使えるものではなく、じっくりと時間をかけて出来上がります。

味噌の日々の変化も見もので、それは生き物であることをきっと実感するはず。
例えば、小さいお子さんがいる方なら、

自分で作った手前みそを子どもたちと日々観察するという体験はいかがでしょうか。
そのお味噌がお味噌汁になって出されたなら、子どもはお味噌汁を好んでくれるかもしれない、

中に入った川越野菜だって食べてくれるかもしれない、
そういう願いも私たちは込めています。

みやさんのお味噌作り教室、まだ募集しています♪


「みんなでワイワイ楽しくお味噌作り教室」
⚫︎7月12日蓮馨寺講堂内
⚫︎時間:12時30分~1時間半程度
⚫︎費用:1800円 (1キロ分材料 費、容器代込み)
⚫︎持ち物:エプロン
事前予約制になっていますのて、参加希望の方は
お名前と連絡先(メールアドレス)を明記の上、
kawagoefm@gmail.com
までご連絡よろしくお願いします。


お味噌を作る工程は、豆を煮る→潰す→麹と豆を混ぜる→団子にする→容器に詰める、

という流れで進みます。
今回は講師のみやさんが豆を煮るところまでやってくれるそうなので、

豆を潰す工程から始まります。
みんなで一緒に潰して、混ぜて、200gの団子にする、

和気あいあいとした雰囲気で楽しくなりそうです。


出店Farmer自身によるワークショップは、

みずほ農園さんのベジブーケもあります。

ブースは11時からはお野菜やお米の販売で、午後1時からベジブーケへ。先着10名様で開催。 

材料費と野菜込みで1500円、境内のお野菜を購入して持ち込むこともOK、
その場合は、ラップと篭の代金1000円のみです。


2014年の夏、小江戸蔵里で行われた「川越水かけまつり」は、

子どもから大人までみんなで容赦なく水浸しになって楽しんだイベントで、

今でも「楽しかった!」と語り草になっています。


(2014年8月川越水かけまつりより)
そして2015年1月には同じく蔵里で「小江戸蔵里餅つき大会」を開催。

この、川越最大の餅つきイベントには700人の来場者があり、

市民ボランティア30人によってつきたて餅を振る舞いました♪
川越で旋風を巻き起こしているこの二つのイベントを企画している実行委員長が、

なんと川越Farmer’s Market参戦決定。
きっと誰も思いもしなかったアイディアが出てくるだろう、と期待していましたが、
「お野菜である物を作り、記念写真を撮ってもらおう」と画策している模様。
一体どんなものが出来上がるのでしょうか。みんなが笑顔になる楽しいものになるはずなので、

ぜひ楽しみにしていてください。


ちなみに実行委員長は、この前記事にしましたが、

阿里耶さんのワンポイントジャパニーズレッスンの動画番組にも出演していました。

(「阿里耶ワンポイントジャパニーズレッスン」×「川越水かけまつり」

http://ameblo.jp/korokoro0105/entry-12041263037.html

今年の夏の川越水かけまつりは8月30日に開催予定です。


雑貨部門に出店して頂く「おすし雑貨研究所」さんは、

ただいまお店の方ではお野菜モチーフの雑貨が続々と入荷しているそうです。


川越Farmer’s Marketのための雑貨を考えてくれたおすし雑貨研究所さん、

そして、対応してくれた作家さん、ありがとうございました!

農産物モチーフの雑貨が生活に身近なものとして浸透していったら、きっと楽しい毎日になるはず。

よくよく見てみると、お野菜やフルーツのモチーフって、どうしてこんなに癒されるのだろう??

子どもから大人までぜひ生活に取り入れて欲しいです。
もちろん7月12日にもお野菜の雑貨は出品するそうです。

「おすし雑貨研究所紹介記事 http://ameblo.jp/korokoro0105/entry-12037825031.html


つい先日、しろつめ雑貨店さんに集まった、出店者やスタッフ。
しろつめ雑貨店さんは現在所沢に店舗を構えていて、
あの世界観は今も変わらずそこにあります。
川越Farmer’s Marketのロゴデザインやフライヤーデザインは

しろつめ雑貨店のそらいろ絵本さんによるもので、
これまで本当に多くの方に、「このフライヤー素敵」と言って頂いているのは、

もう全てそらさんのおかげ。

この日集まったのは、Farmer’s Marketで販売するオリジナルバックにロゴを手作業で印刷しようと

しろつめ雑貨店にやって来たのでした。
印刷する人、ドライヤーで乾かす人、アイロンがけをする人、

それぞれ分担してたくさんのオリジナルバックを作りました♪




こういうのは外注すればすぐなのかもしれませんが、
私たちは自分達の手で作りたいと考えていました。
この出来栄え、いかがでしょうか??
気に入って頂けたらぜひ、普段使いして欲しいです。スタッフももちろん日常的に使います♪
多くの人の元に届くことを願っています。

オリジナルバックは、1つ350円、3つまとめてだと1000円にて販売します。
また、このままシンプルな形でもいいですし、スタンプをいくつか用意するので、

好きなように押してもらっても構いません。


開催まで準備も最終コーナーを回りつつあります。

みんなで楽しいマーケットにしますので、ぜひお越しください♪


「川越Farmer’s Market」

https://www.facebook.com/kawagoefm



読者登録してね

「川越style」編集人SHINさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります