*・゜゜・*:.。. 。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜*・゜゜・*:.。. 。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜*・゜゜・*:.。. 。.:*・゜゜・*:.。.

 

 

毎日放送社長、亮の大嘘を放送について「事実じゃないことを放送したのは遺憾」

 

◎毎日放送の三村景一社長(64)が24日、大阪市内の同局で社長会見を行い、ワイドショーをにぎわす一連の吉本興業の闇営業問題について言及した。

 雨上がり決死隊の宮迫博之(49)らが20日に行った涙の謝罪会見で、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)は「吉本側から『在阪在京のテレビ5社は株主だから大丈夫』と言われた」と発言。

 これに対し、「何を言われてるのか、よく分からなかった」と首をかしげた三村社長は、22日の吉本興業・岡本昭彦社長(52)の釈明会見でも「弁護士さんが説明なさってたけど、何をおっしゃっているのかなぁと。イマイチよく分からない。何をもって『大丈夫』と言われてるのか。どういうことなんや」と戸惑いの表情を浮かべた。

 また、9日未明に放送されたMBSラジオ「オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~」に出演した亮が、共演のお笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(50)に問題となっている5年前の忘年会の状況を説明し、「ノーギャラで警戒してなかったし、すみません」と謝罪。しかし、20日の会見では謹慎に入った8日の段階でギャラを受け取ったことを認め、会社に報告済みだったことを明かしていた。

 「大嘘を放送したことになるのでは」との一般紙からの質問に三村社長は「事実じゃないことを放送したのは遺憾」とし、リスナーに対しては「次回の放送で考える」と、局としての見解を表明することを検討。

 なんらかの形で吉本に抗議するかについて、同席したMBSメディアホールディングスの梅本史郎社長(66)は「先日の会見で初めて分かったこと。社内で議論を深めていきたい」と話した。

 

 

 

*・゜゜・*:.。. 。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜*・゜゜・*:.。. 。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜*・゜゜・*:.。. 。.:*・゜゜・*:.。. .

 

 

※もともと・・・亮さんは、宮迫さんの「記憶にない」と言ったところの自己管理のなさから、「嘘」をつくことになったんですよねぇ?

 

亮さんが宮迫さんと同等、または先輩にあたるのであれば・・・亮さんはハッキリ宮迫さんに意見が言えたでしょう。

 

 

でも、お笑いの世界って・・・先輩は先輩。先輩には絶対に逆らえません。これは、どんなことがあっても・・・先輩に従い、先輩の言うとおりにするという「おかしな法則」があるんです。

 

 

亮さんは、宮迫さんの「もらってない」・・・に従うしかなかったんですよ。バカ正直というか、不器用というか・・・。ま、関西風に言うなら・・・アホなんだと思います。

 

物事の善し悪しの判断が出来ず、宮迫さんの言いなりになってしまい・・・嘘を貫くことになって自分が苦しむ羽目になったのですから―――。

 

 

 

 

結局、嘘のせいで・・・信用を失うことになってしまった―――。

 

吉本の社長の問題以前に、宮迫さんの自己管理の甘さと・・・・物事を軽視した愚かさが招いた事態なのだから、亮さんは一方で問題を起こした側でもあるし、また被害者の一面も持ち合わせている気がします。

 

結局、会見にも道連れのように立たされ・・・。情けない姿を見せる羽目になったのですから―――。

 

 

宮迫さんは用意周到で・・・自分の派閥の先輩に口利きをするように松ちゃんに助けを求めています。

 

でも、そこには淳さんが言うような「後輩の心配」より「自分のこと」がメインだったように思います。

 

 

本当に物事を重く受け止めるなら・・・宮迫さんは、最初から吉本幹部に言うべきでした。

 

「後輩・若手たちは罪はない。自分も反社会勢力とは知らなかったが、会社を通さずに人と会ったのは事実。また、金をもらっていた記憶もないが、もらっていたと入江や亮から聞いた。全責任を自分が負うので、後輩たちの仕事と生活費だけは補償してやってほしい」

 

もしくは、後輩芸人たちは・・・謹慎なんてしたら生活していけない人もいますから・・・宮迫さんが肩代わりしてあげるくらいの責任があるのではないかと。

 

宮迫さんのような有名人が出るパーティーであれば、後輩たちは「宮迫さんがいるんだし、大丈夫」と思うはずです。

 

逆に、宮迫さんが闇営業をしているからこそ・・・後輩たちも「兄さんについていこう」って思ったのではないでしょうか。その場にいた一番上の人間は宮迫さん。

 

やはり、宮迫さんの罪って・・・・すごく重いと思うんです。

 

なのに、最初に記憶のせいにして・・・会社にもいい加減な説明をしてしまって―――。

 

 

で。

 

今は何の関係もない加藤さんが会社とぶつかってる―――。

 

なんでなん?

 

加藤さん。相方の昔のことがあって、会社を快く思っていない部分もあって・・・それが今回のことで爆発しただけじゃ・・・?

 

これに関して、テレビで「おぎやはぎ」の矢作兼さんがこう言っていました。

 

「(加藤は)吉本の若手を背負っている感じになっているけど、全然そんなつもりはないですよ。ただの“狂犬”ですから。若手を引き連れていこうなんて気持ちはさらさらない。一人でキレてるだけだから」

 

 

そうそう。

極楽とんぼ・・・って。

二人とも、笑いの取り方自体がとっても普通じゃなかったものなぁ・・・。

 

で。

 

結局、宮迫さんも亮さんも、加藤さんも・・・みんな・・・どうなるのかなぁ。