久しぶりのブログ。

9月から始まった小4後期も最終局面。
いや、12月6日の組分けテストで、
小4の組分けはラスト。

次の1月の組分けは小5の組分けになる。

正直、後期は、
受験、辞めようか という会議から、
スタート。

本人のやる気も感じられられず、
やる気を感じられないどころか、
やる気がない。

しかし、はる本人は、
勉強したくないけど、受験を辞めると言う、
決断には至らないんだ。辞めるとなると、
何か心にひっかかるんだ。
と言う。

とりあえず、惰性続けることにした9月。

後期第1回目の組分けを終えた頃、
何かのスイッチが入り、
さらに、中学校の学校説明会を色々とオンラインで見始めたところ、切り替わった。

ハハ的に男子校がいいとか、
こんな学校がいいとか進めて、
そこに乗っかってはいたけれど、
それが全部なくなり、
はるが、行きたい学校を決めてきた。

これが、はるが変わったタイミングで、
アクセルを入れた感じとなった。

男子校ではなく共学校。
文化祭にも足を運び、絶対に行くっ!と言って、
自ら学校のオリジナルグッズを購入していた。

そんなスイッチの入ったはる。

スイッチはいった状態の組分けテストで、
初めてクラスを落としてしまった。

しかし、はるは、気にしてなかった。
なぜなら、原因が国語の大暴落だったから(笑)

算数や理科は9割を越えていたことが、
はるにとっての自信になっていた。
その支えと、ちょっぴりの悔しさが、
勉強する姿勢をさらにバージョンアップさせた。

勉強に関して、ハハの出番は、
ほぼなくなった。

放置状態で迎えた最後の組分けテスト。
S1に復活していた。

何かを乗り越えてた4年後期。
はる 自身が取捨選択をして、自分の勉強ペースや勉強方法を見出している。

成長しているだなぁと
改めて思う。

その反面、片付け、整理整頓がな…。
まあ、それも取"捨"選択しているだろうね。