☆おいしい カラダを手に入れる方法…首編… | ~京都発 美人は頭蓋骨から~ 頭蓋骨(ずがいこつ)の歪みを調整して、小顔健康美人になれる3つの法則

~京都発 美人は頭蓋骨から~ 頭蓋骨(ずがいこつ)の歪みを調整して、小顔健康美人になれる3つの法則

頭蓋骨の歪みを整えると、顔の歪みが整い小顔になります。姿勢も良くなり、美しさと健康が手に入ります。
「健康で、なおかつ美しくありたい」
美容矯正サロンオーナーセラピスト、JPN美容矯正セラピスト協会代表理事の山口勝美が、そんな女性の願いを叶えます。


テーマ:
前回に引続き…


『おいしい カラダ』になるためには「女性らしいふんわりとした柔らかい質感」が条件だと申しましたが…



それらにになるにあたって
首と鎖骨と肩甲骨をスッキリさせなければのらないとお話ししましたが…



先ずはクビから!



首には『舌骨筋』という筋肉があります。

その周りには様々な筋肉があるんですが…

{DEED1A8D-638A-4A1B-B176-A0E0DB739F4C:01}





『舌骨筋』舌骨を支える筋肉でフェイスラインからデコルテにかけて絡みあうように存在しています。



美しい首を作る為にはフェイスラインからデコルテ(鎖骨周辺)の肉をスッキリさせ綺麗なスッキリとしたラインに仕上げる事が大切です
ビックリマーク


その為に舌骨筋を鍛えるのです!


これからは舌をだすポーズが多くなりますから…

{CE6B6D5A-3CC5-4724-8534-A213D4534273:01}


あまりにもリアルなので (笑)



ワタクシの手書き(ヘタクソですが…)(-。-;で示します!



※そこのアナタ…笑わない(-。-;


これから行う動作は全て顔は天井方向に向けて行います!

① 顔を天井方向にむけて
舌も天井に突き出します。
それと同時に両肩は床方向に下げます。(舌と肩はお互いに引っ張り合う感覚が大事です)

※同時にエーと声を出すと効果が上がります!
(目の玉も上向きで!)それによってオマケに眼輪筋も鍛えられますよ(^O^)/

{A7D4CF3A-BEB8-44E9-A0D2-4CD359FE6BE4:01}



② 肩は床方向に下げたまま
舌も床方向に!
(舌と肩はお互いに引っ張り合う感覚が大事です)

この時目の玉は天井方向に!
※この時もエーと声を!


{687935F0-3365-4A2D-B74A-11D09032A7DA:01}



③ 次は舌は左に天井方向に出して右肩を床方向に!
あくまでも(舌と肩はお互いに引っ張り合う感覚が大事です)
声はエーと出しますよ!
{CB548E1F-1552-4D86-9FB2-6813D4716516:01}




④ そして舌は右に天井方向に出して左肩は床方向に!
あとは同じ事をします。
{289154EC-CEAA-4A33-AB10-4617CB2FD9DA:01}




⑤ ラストは左に舌を床方向に出してその時も両肩は床方向です。

あくまでも(舌と肩はお互いに引っ張り合う感覚が大事です)

※この時は目の玉は舌と対角線状の方向に向けます。
{B1F6035A-30DA-498D-AE7B-0809DD386E90:01}



⑥ 右に舌を床方向の時も両肩は床方向に向けます。

※この時は目の玉は舌と対角線状の方向に向けます。
{7AC9FEB8-E5D2-4C38-9D92-5F8EB886E9B1:01}



いかがでしたか?

次回は肩甲骨編です

京都 頭蓋骨から健康美を伝える専門家 山口勝美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント