今日はロシア滞在中の移動手段について。
Uberがあまりにも安く便利で、女子一人旅だと確かに怖いけど、2〜3人とかだったらすごい使えるよ、という話
 
 

アエロエクスプレスや地下鉄も良いのだけれど…

 
モスクワでは電車メインで、空港から市内へはアエロエクスプレス+地下鉄で。
モスクワ市内での移動もトロイカカードを購入して地下鉄を利用していました。
 
観光で市内のみの移動であれば、地下鉄で問題なし。
ですが、
 

問題はスーツケースを持っての空港がらみの移動。

 
アエロエクスプレスは快適だったんですが、モスクワの地下鉄、市内中心部でもまだまだ階段メインでエスカレーターが少ない。そして、出口の方向とか、何番出口とか、あんまはっきりと書いてなくて、親切じゃない。スーツケース運びながらの階段の登り降りは死ぬか思いました滝汗
 
 
アエロエクスプレスは一度は乗ってみたかったので、モスクワ入りしたときのこれはこれで良し、なのでしたが、市内中心部までは入り込んでないので、アエロエクスプレスの駅までは地下鉄に乗らざるを得ない。
もう一度となると、またあの階段の登り降りはもう嫌であります。
 
 
楽しいモスクワの日々を終え、ヘルシンキへ飛ぶ日が来た時、さて、シェレメチェボ空港へはどうするか、
 
ものは試しでタクシーアプリ(UberとYandex.Taxi)を開いてみたところ、
 
 

Uberのが安いポーンポーン

 
 

メトロポールホテル→シェレメチェボ空港

 
(日本時間になってしまっているので、以後、乗車時間は、マイナス6時間してください。この場合ロシア時間では17:09に乗車したということです。)
 
驚きのRUB850(約1500円)
アエロエクスプレスが1人RUB500なので、2人でアエロエクスプレスに乗る料金RUB1000をすでに下回っておりますww
 
2人分のでっかいスーツケースの収納も問題なく。
 
 
 
ここからロシアUber紀行が始まったわけです。
 
これ以後、サンクトペテルブルクに戻ってきてからの徒歩とオプショナルツアー以外での以外での移動はすべてUberとなりましたww

 

 

フィンランド駅→ペトロパレスホテル

ヘルシンキよりアレグロで国境越え、サンクトペテルブルク到着してからホテルまで。

 

スーツケースを持った2人で乗車しました。

 

 

 

ペトロパレスホテルデミヤノーヴァ・ウハー

 

3人での乗車。

ディナーに訪れたこのお店、サンクトペテルブルク中心からは離れ気味、かつ、地下鉄の駅からも離れていたので助かりました。

 

 

行き

 

かえり

 

 3人で往復500円は安すぎです。

 

 

 
 

ペトロパレスホテル→プルコヴォ空港

 

 

このノリで帰りの空港までもUberで。

2人で1000円は素晴らしすぎますよ。

 

 

 

こんな感じで、ロシアでUberがフル稼働できるなんて、思ってもみませんでした❗️(゚∀゚)

 


 

 

以上、とっても便利でおトクなUberでしたが、最後にいくつか補足事項を。

 


Uberにはどうやって接続したの?


基本的に海外旅行の際はWi-Fiルーターではなく、プリペイドSIMカードを利用します。

まず、Uberの初期認証じたいはすみません、どこの国ですませたやら(^◇^;)
一番最初にUberを本格稼働したのがマレーシアはクアラルンプールで、マレーシアのSIMカードで接続したときにはもう、初期認証が済んでおり、クレジットカード含めて使用OKな状態でしたので、おそらく日本で済んでいたと思われます。
(ちなみにその後、Uberはクアラルンプールから撤退しています)

この時はロシアだけでなくフィンランド、エストニアと周遊いたしましたのと、ロシアはLINEへのアクセスがブロックされており、ロシアのSIMはLINEが使えなくなってしまうので、香港の携帯会社のヨーロッパ周遊プリペイドSIMカードを日本にいるうちにあらかじめamazon.co.jpで購入し、現地でローミングする形をとりました。


ゆえに、発行されたのは香港の番号であり、ロシアの番号は1度も発行いたしておりません。
私と、同行の友人も同じSIMカードを利用しましたが、いずれの国でも全く問題なく利用できました。

実際に利用したSIMカードにつきましての詳細はこちらをご参照ください。
⇨ ★まとめ★ 海外各国のプリペイドSIMカード事情




女性のUber利用…安全性には気をつけて!

 

Uberがらみの犯罪はゼロではありません。特に女性が夜遅くに乗り、性犯罪に巻き込まれるケースはちらほらあるようです。

 

我々も夜遅く、暗くなってからのUber利用は避けてます(注: ①上で表示されている時間は日本時間であり、現地時間は-6時間です。②5月GWのサンクトペテルブルクは21過ぎまで明るい)

 

あと、1人旅だったらなおさら、お昼にしか使わないかもです。 

我々の旅行は女性3人でしたが、実は1人だけ、先に帰国した子がいました。彼女はサンクトペテルブルク20時発の便で、17:00ホテル発、外はまだ明るい時間だったのですが、夕方以後、1人でUberやタクシーに乗るのは怖いからと、ホテルのリムジンをコンシェルジュで頼みました。

 

RUB1500(日本円にすると3000円近く)と、決してお安くはありませんが、安全をお金で買えるのならば、安いものかな、と思いますし。

もちろん、ホテルの車でも、また全く間違いがない、とは言い切れないのですけれども、こういったケースで少しでも確実性を高めるための4.5つ星ホテル宿泊であり、そこのコンシェルジュを通したものでしたので、民間のタクシーよりは信頼できるかなと。私が彼女の立場であっても、そうした、と思います。皆さま、自分を守れるのは自分しかおりません。くれぐれもお気をつけて利用されてくださいね!



それでは皆さま、良い旅を!