2014年10月12日

新たなチャレンジを続ける

テーマ:個人的な考え
 
以前、このメルマガで、
銭湯の経営に関する話を
数回のシリーズで書いていました。

 ⇛ 銭湯経営



街の小さな銭湯のように、
衰退業種と思われている存在であっても、
多くの人に喜んでもらえるよう、
いろいろ工夫をすれば、
いくらでも収益を上げることができる、
という事が伝わるように、
このようなシリーズを続けていました。


私の周りには銭湯経営に関わっている人は
一人もおりませんし、
もちろん、私自身も銭湯経営とは
まったく関わりのない人間なのですが、
この記事の内容に関しては
大きな自信があったりします。


この記事の内容をきちんと理解して
本気で実践をされたのなら、
結果が出ないはずがないと、
本気で思っているんですよね。


もっとも、表面的な部分だけを真似て、
「何のためにそれをやるのか」という
根本にある考え方などが理解できていなければ
中途半端な結果で終わりそうですが。


もちろん、銭湯以外の業種でも、
根本的な考え方などの部分は
いくらでも応用できると思います。


ただ、実際に自分の仕事に
活かしている人がどれだけいるのかが
ちょっと微妙なのですが・・・(汗)






実は、少し前に開催したオフ会には、
実際に銭湯を経営されている方が
来られました。


当然のように、この銭湯シリーズの話に
なったのですが、このアイデアのいくつかを
実際に取り入れているみたいです。


そして、業績も好調とのこと。


やはり、銭湯業界全体としては、
厳しい状況が続いているみたいですが、
新たなチャレンジを積極的に行い、
さまざまな工夫をしている所は
きちんと結果につながっているのでしょう。






これは銭湯業界に限った話ではないのですが、
衰退している業種の多くは、
顧客が何を求めているのかを考えず、
いつまでも昔と同じことを
続けていることが原因ではないでしょうか。


老舗と呼ばれている企業やお店でも、
顧客のニーズに対応できるように
柔軟に対応し続ける所は生き残り、
ただ頭が固いだけの所は衰退します。


オフ会に来られた銭湯経営者の方は
2代目か3代目で、まだ若い方でしたが、
同業の多くは高齢世代のようです。


組合として話し合うこともあるようですが、
なかなか新たなチャレンジをしようという
状況にはならないみたいですね。


また、自身が経営されている銭湯でも、
先代は頭が固い人のようで、
さまざまなアイデアを話すのですが、
なかなか理解してもらえないとか。


まあ、
これは仕方がないことかもしれませんね。


このように頭の固い人に対しては、
無理に説得しようとするのではなく、
結果で納得させるしかないでしょう。


どんどん新たなチャレンジをし続け、
客数や売り上げが大きく増加してきたり、
お客さんからの評判が
目に見えて良くなってくれば、
どんなに頭の固い高齢世代の人でも、
わかってくれるはずですから。(笑)





この方は、これからも新たなチャレンジを
どんどん続けてゆくと話されていたので、
素晴らしい結果が出ることを期待しています♪


近い将来、銭湯業界の革命児と呼ばれるくらい
大きな改革を成し遂げてほしいものです。(笑)





P.S

今までと同じことをやり続けるほうが、
新たなチャレンジをするよりもラクなのでしょう。

もちろん、今までと同じことをやり続けることで
多くのお客さんが満足しているのであれば
それでも良いのでしょうが、
どんどん衰退している状況にもかかわらず、
いつまでも同じことをやり続けるのは問題ですよね。




(※注:この記事は、過去のメルマガに掲載していた内容です)

  >> 最新情報はメルマガで配信しています♪




 
>>> サラリーマンが収入を増やすには

>>> 真面目に株式投資

>>> ローリスクでハイリターンの投資!?

>>> 麻雀必勝法!?

>>> 成功者の考え方

>>> 飲食店を経営するなら



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ミスターF(株式投資)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。