いまの新卒採用っておかしくないですか? | これだけでも株で稼げる!
2012年07月11日

いまの新卒採用っておかしくないですか?

テーマ:新卒採用・中途採用
企業の新卒採用に関して
いろいろ疑問に思うことがあります。



ハッキリ言って、現在大企業が行っているような
新卒採用のやり方はおかしくありませんか?



採用する側の企業にとっても、
就職活動する側の学生にとっても、
デメリットが多いように感じます。




例えば、多くの企業では何度も面接を重ねたり、
エントリーシートや筆記試験、適性検査など、
かなりの時間とコストをかけて
優秀な学生を入社させようとしています。



しかし、そこまでして選び抜いた精鋭ぞろいのはずですが、
入社した後、会社の発展に大きく貢献できる人材は
どれだけいるのでしょうか?




ある調査によると、新卒で入社した社員の3割は、
入社後3年以内に退職してしまうようです。



しかも、残りの7割に関しても、
退職せず会社に残っているというだけで、
ほとんど会社の利益に貢献出来ていない人間や
好きでもない仕事をいやいやしている状態
という人間は多数存在していることでしょう。



おそらく、毎日情熱を持って仕事に打ち込み、
戦力として会社の利益に大きく貢献している人間は
1割もいないのではないでしょうか。




大企業が時間とコストをかけて選び抜いた精鋭ですら
このような結果となっているのです。



これまで多くの企業が行っていたような採用活動では、
その会社で活躍できる人間を見抜くことなどできない
ということが証明されたようなものですよね。




こんな事なら、これほどの時間やコストをかけて
大掛かりな採用活動をするなど馬鹿らしいと思えませんか?




おそらく、先着順とかで採用を決めたとしても、
同じくらいの割合で活躍する人材は出てくるでしょうし、
あまり結果は変わらないことでしょう。





そのそも、短時間を面接を数回行ったところで、
その人が仕事で活躍できるかどうか判断するなど
ほとんど不可能のように思えます。



しかも、面接を受けている学生自身が、
どんな仕事をするのかよく分かっていないケースも
多いでしょうし。





そのため、企業にとっても学生にとっても、
いまの採用活動のやり方にはデメリットが多いと思います。





こんなやり方よりも、はるかに優れたやり方が
いくつか思い浮かぶのですが、
ちょっと長くなってしまったので、
続きは次回にしたいと思います。







(※注:この記事は、過去のメルマガに掲載していた内容です)

  >> 最新情報はメルマガで配信しています♪






 

ミスターF(株式投資)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス