ウチのゴールデン・ウィークは・・・

 

 

三女 V3、文字通りの10連休。でも、この方、時間給なので今度の給料(正しくは工賃ですが)は、その分少なくなります。

 

次女 2号、某自動車関連部品メーカー勤務につき、例年通りの9連休。土曜日に始まって翌週日曜日まで、というのがお約束です。でもって月給なので収入も変わらず。羨ましい。

 

長女 1号、3日休んで3日働いて4日休み。この春入社ってことで、報酬については一体どうなるんだか、本人もよく解ってないらしい。

 

母 Mommy、休・出・休・出・休・休・出・出・出・休。お弁当屋さんとパン屋さんでのパートなんで、まあ、その、「・・・ですよね」って感じです。こちら、普通に時給、働いた分だけ実入りとなります。働かなければ、もちろんゼロ。

 

父 Daddy、8連休。例年9連休なんだけれども、今年は連休明けの準備があって、9日目にちょびっとだけ働きました。歩合給なので、まあ、これくらいの休みが丁度いいかなあと思ってます。

 

 

・・・という5人なので、世間では御代替わりだ改元だと盛り上がっているというのに、ほぼ我関せず、至って地味〜に過ごしました。

 

 

例えば、定番の家族カラオケ(2号除く)とか。

 

こちら、Mommy に「合唱曲いってみようよ」と唆され♪『絆』を歌ったのは良いんだけれども、自分の唄で感極まり泣いてしまうという不思議ちゃん V3 の図。マジ泣きでした。

 

 

 

例えば、ネット番組視聴とか。

 

こちら、SixTONES ライブのネット生配信見ながらスティック振る1号。こういう女子が現実にいるんだよ。驚いたよ。

 

 

 

例えば、Mommy & Daddy、V3 の3人で、唐突に竹島(蒲郡市、ウチから決して遠いわけではない)へ行ったりとか。

 

連休中盤を過ぎた頃「このままじゃホントに何処へも行かずに終わってしまう」と、おもむろに言い出し「何処行きたいのさ」と問えば「潮風浴びたい」とか脈絡不明な Mommy。どした?

 

で、こういう謎のオブジェを発見すると、

 

 

 

もう、やらせずにはいられない Daddy とか。

 

 

 

長さ387メートルの橋で陸地と結ばれて、国の天然記念物に指定されている蒲郡のシンボル「竹島」。島の中央部には、日本七弁財天のひとつである「八百富神社」があります。

 

*蒲郡市:蒲郡竹島

http://www.gamagori.jp/look/detail_4_0_1_0_0.html

 

 

あ、あと、完全夜行性になってしまって、他の4人と没交渉の2号とか。

 

 

まあね、そのような「ホントに10連休なんて人、一体どれくらいいるのよ? 5人に1人ってことで2割かい?」という、ウチの10日間でした。

 

 

えっとその間、庭へ直植えしてみたスミレが、またちょっと咲きました。

 

 

このまま夏も冬も越えて、来春咲いたりしないかしら。

 

いや、そう願うなら、まずは周りの三つ葉だかドクダミだかを、せっせとむしってちょうだいな、という神様の声が聞こえる気がするよ。

 

 

ちなみに、V3 が自分で歌いながら感極まった曲がこちら。

 

 

中学の合唱コンクールで歌ったんだそうです。涙の理由はその辺にあるのかな?

 

 

ウィリアムズ症候群の世界へTouch and Go!

にほんブログ村 病気ブログ ウィリアムズ症候群へ

 

染色体異常にも色々ありまして・・・

にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ

 

育児の悩み、障碍も定型もありません。

 

 

思い出したように(実際、ふと思い出したんだけど)お知らせ。

 

MAY IS WILLIAMS SYNDROME AWARENESS MONTH!

(5月はウィリアムズ症候群啓発月間)

 

です。

 

米国の Williams Syndrome Association(ウィリアムズ症候群協会)が提唱しているもので、様々なイベントがあります。特に「Walk for Williams 〇〇」という、そうね、バディウォーク的なものが米国内各地であるようです。

 

*williams syndrome association:williams-syndrome-awareness-events

https://williams-syndrome.org/williams-syndrome-awareness-events

 

 

まあ、あちらの人々は、良くも悪くも開けっぴろげと言うかオープンと言うか、だからこそですね。

 

 

ちなみに、日本では、ほぼ何もありません。いや、それ以前に、日本には全国規模の組織自体ありません。

 

そういうの、在った方が良いとは思うのだけれども、ウィリアムズ症候群の場合、そこまで切実に困っている人がいないからだと言えなくもないんで、別に無くても良いかな、とも思ったりしてます(地域ごとに家族会のようなものはあります。ウチ近辺だと「エルフィン中部」ということになりますね)。