朝雪掻きをしてから、囲炉裏の間は寒いので囲炉裏の火を焚き、ストーブも二台で餅切りを9時頃から始めた。

 

等間隔に筋をつけて桑切包丁で切り分けて‥

 

餅切り機の出番

 

切り分けは11時頃完了。

左が豆餅、白餅、右が蓬餅。

 

餅切り機や囲炉裏の周りを片付けてから、二回目の雪かきを始めた。

 

11時45分でも-2,5℃。

 

12時半頃からお昼を食べてから、午後1時半頃から小一時間、繭玉造りに行っていた従姉の家に、軽トラで除雪機を積んで雪かきに行ってきた。

 

除雪中の写真は撮らなかったが、降ろした後の写真。

 

三回目の雪かきをしてから、餅花を飾るために竹を取りに行くと、カモシカなのか日本鹿なのか分からないが、竹の葉が食われている。

 

先だけを食べている

 

竹の葉をハサミで落とし、餅花の餅を刺して餅花を作り、二つの神棚に飾る。

 

庭飾りの餅花

 

お正月の庭松を立てた、焚物の土台を再利用。

 

昔、我が家ではホンダルという木に繭玉を刺したが、今はビンカという木を使う

 

洗って片付けた餅切り機をまた出してきて、鏡餅を開いた

 

餅花用の餅が少し残ったが、まだ柔らかくモチモチ。

 

油で揚げて少し塩を振って食べると美味い。